プロフィール

kazu@食べる!

東京都

プロフィール詳細

saltwater anglers minimumhorizon オレノスタイル Fisherman's cafe

カレンダー

<< 2018/10 >>

1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:31
  • 昨日のアクセス:52
  • 総アクセス数:192085

検索

:

黒幕と傀儡

  • カテゴリー:日記/一般
  • (読書)
池井戸潤『果つる底なき』読了。
融資先の企業が倒産した。その企業を担当していた同期が不審死をする。その仕事を引き継ぐと、怪しい資金の流れが明らかになり…
東野圭吾もそうだけど、人気作家って、デビュー作からすごいんだなと。
ラスト一箇所だけ早急な感が否めない部分がありましたが、存分に楽しませてもらいまし…

続きを読む

間違いだらけの釣り英語 Part 4 サミング?フェザリング?バックラッシュ?(リールワーク)

(1)サミング、フェザリング
日本の釣り用語において、サミングとフェザリングといえば、そのどちらも、リールからラインが放出される勢いと量をコントロールする手法を指すと思うのですが、では、両者の違いは何でしょうか。
私がこれまで見聞きした範囲では、ベイトリールのラインの放出を親指(thumb)でコントロール…

続きを読む

心に刻む旅

  • カテゴリー:日記/一般
  • (読書)
天童荒太『悼む人』読了。
死者が、誰を愛し、誰に愛され、どんなことで感謝されたことがあったか。それらを心に刻む旅を続ける「悼む人」。
彼の言葉、彼の行動が、彼の周りの人々の心を打ち、共鳴します。
心が穏やかになる作品でした。世間的には極めて評価が高い作品ですが、ボクがひねくれているのかなぁ、物語が理想…

続きを読む

自分のこと以上に嬉しいこと

8月中旬、親戚と一緒に三重県は鳥羽に旅行に出かけました。基本的には、ちびっ子達に海水浴と釣りをさせる旅。でも、実は、「大人だけの釣り」を楽しむことを画策していました。
義従兄のまさと君に初めてのシーバスを釣ってもらうことが、今回のボクに課されたミッション。
今年の3月にまさと君が東京に来てくれた時に…

続きを読む

初めてのシイラ

8月上旬、ソル友のakiさんが、伊豆でのショアジギングに誘ってくれた。夜中の0時に東京を出発して、3時に現地駐車場に到着した。
夜明け前からポイントにエントリーして、マズメを待つ。その間に、akiさんが何度も何度も通い詰めた結果に見出したポイントの説明をしてくれた。
他の場所に潮目がなくなったり、ベイトが…

続きを読む

間違いだらけの釣り英語 Part 3.2 ロッドワーク(スイープにアワセる??)

ルアーフィッシングを始めてから最も気持ち悪かった用語の一つが、「スイープにアワセる」です。正直なところ、なんじゃそりゃ?という印象でした。
バチ抜けのシーズンになると、必ずと言っていいほど「スイープにアワセる」という言葉を聞きます。バチ抜けパターンの時のアワセ方は、バイト後に鋭く即アワセするのではな…

続きを読む

大!どんでん返し!

  • カテゴリー:日記/一般
  • (読書)
雫井脩介『栄光一途』読了。
オリンピックの柔道代表選手選考を前にして、81キロ級の男子強化選手のドーピングを告発する怪文書が全柔連に届く。
秘密裏に調査を命じられたのは、女子強化部のコーチ、望月篠子。所属する大学院の同僚や後輩とともに調査を進めるにつれ、浮き上がってきた衝撃の事実とは…
まさに、大! どん…

続きを読む

The roads will cross?

角田光代『対岸の彼女』読了。
「なんのために私たちは歳を重ねるんだろう。」
気が合い、仲良くなり、価値観を共有していると思っていた人が、実は同じサイドにいなかったことに気付く。そんな経験、あなたにもありませんか?
違うサイドにいると思っていた人と再び道が交わるという経験はありませんか?
本書は、同世代…

続きを読む

信頼と感傷

  • カテゴリー:日記/一般
  • (読書)
今野敏『隠蔽捜査 7 棲月』読了。
キャリア警察官僚・竜崎伸也シリーズ七作目。スピンオフを入れると九作目。
痺れました!
メンツとか縄張りなどに頓着せず、事件を早期に解決するために最も合理的な方法を考え、そのためには、階級に関係なく優秀な捜査員の意見に真摯に耳を傾け、管理職の心得として責任を取る覚悟で職…

続きを読む

間違いだらけの釣り英語 Part 3.1.2 ワインドは日本発祥?!

スイープほどではありませんが、一般的な意味との乖離ゆえに違和感を禁じ得なかったのがワインドです。
メーカーの説明や周囲の釣り人の会話をを見聞きする限り、日本においては、「ロッドをジャーク(又はトゥイッチ)することにより、ルアーを横っ飛び(ダート)させて魚を誘う釣法」のことを「ワインド」と呼ぶのが通説…

続きを読む

1 2 3 4 5 6 7 8 次へ


【fimo釣りログアプリ iPhone用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ

【fimo釣りログアプリ android用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ


【フィールドレポーター】全国各地の釣りの状況をお届け!