プロフィール

kazu@食べる!

東京都

プロフィール詳細

saltwater anglers minimumhorizon オレノスタイル Fisherman's cafe

カレンダー

<< 2018/8 >>

1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:21
  • 昨日のアクセス:43
  • 総アクセス数:185336

検索

:

信頼と感傷

  • カテゴリー:日記/一般
  • (読書)
今野敏『隠蔽捜査 7 棲月』読了。
キャリア警察官僚・竜崎伸也シリーズ七作目。スピンオフを入れると九作目。
痺れました!
メンツとか縄張りなどに頓着せず、事件を早期に解決するために最も合理的な方法を考え、そのためには、階級に関係なく優秀な捜査員の意見に真摯に耳を傾け、管理職の心得として責任を取る覚悟で職…

続きを読む

間違いだらけの釣り英語 Part 3.1.2 ワインドは日本発祥?!

スイープほどではありませんが、一般的な意味との乖離ゆえに違和感を禁じ得なかったのがワインドです。
メーカーの説明や周囲の釣り人の会話をを見聞きする限り、日本においては、「ロッドをジャーク(又はトゥイッチ)することにより、ルアーを横っ飛び(ダート)させて魚を誘う釣法」のことを「ワインド」と呼ぶのが通説…

続きを読む

釣り人の特権〜釣魚を釣り場で食す〜

釣り人の特権の一つは、市場に出回りにくい釣魚を新鮮なまま食べられることだと思う。
先日、妻と2人でシロギスとアナゴを釣りに行った。明るい時間帯にシロギス、夕マズメからはアナゴのリレーの予定だった。
ところが渋いのなんの。妻に釣れるのは、ホシササノハベラ、ウミタナゴ、クサフグ…  ボクにはアタリはあっても…

続きを読む

科学と現場

  • カテゴリー:日記/一般
  • (読書)
北林一光『ファントム・ピークス』読了。
徐々に背筋が寒くなってくる前半で整然と伏線が仕込まれ、中盤から終盤にかけてファントムの正体が判明し、尋常ならざる被害がもたらされる様が描かれます。
圧倒的なリアリティとスピード感。息をすることを忘れてしまうほどの圧迫感。乃南アサの『凍える牙』を彷彿とさせます。

続きを読む

ボクの楽しみは「魚」釣り

ボクの楽しみは「魚」釣り。特定の魚だけにこだわっているわけではない。
先日、暑くなる前に、近所の河川で少し朝練。
常連さんに挨拶をしてから状況を聞くと、このところ好調とのこと。
ベイトも寄ってきて、水の色もささ濁り、流れもしっかり効いている。状況は良さそうだ。
しばらくすると、常連さんが80㎝ジャストの…

続きを読む

フルメンテナンス LOVE ♡

リールのメンテナンスかと思われた方、申し訳ありません。靴のフルメンテナンスについてのログです。
リールはダイワ製を使っていますが、分解するには特殊な工具が必要なので、セルフメンテは諦めて、水洗いと陰干ししかしていません。
さて、本題。
ボクは革靴が大好きで、最も長いもので27年履き続けています。良いも…

続きを読む

分身(ダブル)

  • カテゴリー:日記/一般
  • (読書)
貴志祐介『雀蜂』読了。
冬の別荘に雀蜂の巣が仕込まれた。過去に一度雀蜂に刺されたことのある主人公は、もう一度刺されると命に関わる。これは妻の策略なのか。
一応ホラーということになっているので、それなりの「心構え」をしていました。
しかし、ラストのどんでん返しは思ったほど「衝撃的」ではなく、伏線と思われ…

続きを読む

流麗と骨太

  • カテゴリー:日記/一般
  • (読書)
東野圭吾『放課後』再読了。
長く愛される作家のデビュー作って、なるほど頭角を現すだけのことがあるんだなと改めて認識しました。
放課後、女子高、アーチェリー部の3つの要素を軸にして、物語が流麗に構成されているだけでなく、最後まで読者に安易な推理を許さない骨太さを兼ね備えた秀作です。
総合評価 ★★★★★

続きを読む

間違いだらけの釣り英語 Part 3.1.1 ロッドワーク(トゥイッチ、ジャーク)

今回は、ロッドワークのうち、トゥイッチとジャークの意味について検討してみたいと思います。
ルアーフィッシングを始めてから、トゥイッチ(twitch)とジャーク(jerk)というロッドワークがあることを知りました。
周囲の人の使い方を聞いていると、概ね、小刻みにロッドを動かすことをトゥイッチ、より大きくしゃくる…

続きを読む

恋とは、落ちるもの

  • カテゴリー:日記/一般
  • (読書)
姫野カオルコ『ツ、イ、ラ、ク』読了。
「恋とは、するものではない。恋とは、落ちるものだ」
第二次性徴期前後の少年少女の、純粋で、多感で、それ故に残酷な恋愛物語。別れた二人の20年ぶりの再会と、その想いとは…
確かに引き込まれます。本から目を離せませんでした。ただ、あの頃のボクには想像もつかない衝撃的な…

続きを読む

1 2 3 4 5 6 7 8 次へ


【fimo釣りログアプリ iPhone用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ

【fimo釣りログアプリ android用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ


【フィールドレポーター】全国各地の釣りの状況をお届け!