「X-80サスペンド」でランカー捕獲

  • カテゴリー:釣行記
家の掃除、皿洗い、片付け担当
家ではエプロン必須のシーラシーバスです。

前回、この日もソラリア100Fで
ワンバイトあったけど
その後エイに掛かり見事出鼻を挫かれる。

ルアーもロストし
新しくアマゾンでルアー購入。

・ソラリア100F、85F
・X-80 trickdirt(メガバス)

このルアー3つです。

カラー 
ハッピーレモン
チャートクリア系

X-80は多種ある中のサスペンドモデル。

水深2mの中層レンジ狙い。

ミディアムリトリーブで
先行レンジ1m前後を
通してくるイメージ。

上げ潮で流れがトロトロなんで
フローティングミノーだと
ゆっくり巻いても不自然に泳ぎすぎる。

おそらく魚がルアーを見切る。

ボイルがあると話は違うんだけど。

ガルバ87S使いたいけど
それで、サスペンドなんだ。

水の比重の関係と水温の
変化でスローにシンキング
またはスローに浮く。

水温高い
→スローフローティング

水温低い
→スローシンキング

これで正解かな。

間違ってたらごめんちゃい(笑)

この認識はどちらでもいい。

実際、水に浸けるとゆっくり沈んだ。

ってことは、
足元は川の水で低水温。

こんな判断もできるね。

X-80で場を冷ましながら攻める。

巻き抵抗もあって、別のハクパータンで
使うK-太77に引き感が似ている。

アクションはK-太に比べてキビキビ泳ぐかな。

シルエット真ん丸でなく、より魚に近い。

さぁやってみよう!!

潮位も上がり
時合のタイミング。

明暗の境目。

緩やかなドリフト。

微妙なトゥイッチを入れ誘う。

U字が膨らんだ
橋脚の目の前で

「コン!!」

うん?!

でも鈍い感触。

ロッドが止まる。

重い。

上流へ走り出す。

ここにいるかをアピールするような
一発豪快なエラ洗い。

魚に引き連られ
上流へ上がる。

橋脚真下。
闇の中数分格闘。

あ、タモ向こうだ。

タモ下流だ。

奴の体力を奪って下流へ
引っ張り込む。

しかし、ラストスパートで
激しい抵抗。

こっちも負けられない。

全身を使ってランディング。

いや~首の力強い。

パワーに圧巻だ。







親指~薬指まで20㎝。
目測で81㎝。

ランカーシーバス捕獲。



写真の上から
・ごっつぁんミノー89F
・ソラリア85F
・X-80 trickdirt

流れが緩い=サスペンドが使える

項を奏しました。

コメントを見る