長い道程の果てにたどり着いた90オーバー

  • カテゴリー:釣行記
シーバスを真面にやり始めて4年。



ようやくこのサイズへたどり着いた・・・。




徳島シーバス大会セクション2が始まり、開始当日の早朝に情報が出回ってるイワシで賑わうポイントを避け、調査で某突堤へエントリーする・・・。





貸し切り(笑)




結果は案の定



ku29wi2xtsydyva7h9g5_480_480-305b34c9.jpg

コイツのみ・・・。




まだこっちは本格的に始まってはいない。




翌日。




潮回りを確認し、最近見付けたドブのピンへ。







そして



奇跡が起こった・・・









潮位は予想より低い。




これは一発勝負。


タックルはRock Sweeper Kizihata SP、ジリオンTW1016SV-XXHL。




通常はプラグで広範囲に攻めてからピンを狙うが、潮位が低過ぎピンを狙うタイミングを逃してしまう。




始めから最終兵器投入。





R32の4インチに20gの静ヘッド。





ピンの奥5mにキャストしボトムスレスレを狙う。




この時の水深は約70cm。




そのピンは自分のほぼ真下。



ロッドをコントロールしピンへ向かってのボトムスレスレをトレースする。そしてピンに入る直前にゆっくりと浮上させた瞬間。




ロッドに衝撃が走る!




次の瞬間激しいエラ洗い!!




で、デカイ!!





しかしここのポイント、非常にごちゃごちゃしてる。





走らせたら最後、絶対にこのサイズは捕れない。




こんなサイズを掛けたらテンパると思っていたが想像以上に冷静だった。






顔を水中に戻さないよう必死で耐える。






ファイトタイムは1秒。




ランディングに5分位の格闘。




何とかネットへ魚体がおさまる。





重すぎるウエイト・・・




rmb38938uvdmdvob48wc_480_480-5bf2fbb3.jpg

ヤバい・・・


遂にやってもた・・・



zvmi72rcxbxhgsucks82_480_480-db8b16fe.jpg






ようやくたどり着いた90オーバー。





素直に嬉しかった。





自分の足で開拓し.その後通って釣れるタイミングをはめ込む事が出来たポイント。




水深70cmで20gのジグヘッドを使った自分らしい釣り方で捕れた事。




絶対モンスタークラスが入って来ると信じたポイント。




そこで捕れたという事実。





満足感に満たされる。








しかし





本当の所はもっとコイツとファイトしてみたかった。








ファイトに勝って釣り上げたかった・・・。









それは次に持ち越しとしよう。









一歩一歩、少しずつ前に進んで行こうと思った夜となった。









5zf2d8svaxfwhs6ku2g2_480_480-72524b5e.jpg






さて、次は・・・。




コメントを見る