プロフィール

某ちゃん

広島県

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2022/6 >>

1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

検索

:

タグ

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:13
  • 昨日のアクセス:61
  • 総アクセス数:358806

QRコード

  • ジャンル:日記/一般
いつもの川の年券を買って谷へ。

今回は本当に通行止めだったけど、

誰がこじ開けて侵入した形跡、か?








無理せず別の川へ。


まずは【歩きやすい釣り場から。】


すぐにアマゴが出てきましたが、沈黙の区間が長く、
歩いた距離の割には貧果。









当日どういった所に潜んでいるか傾向が分ったのは大きな収穫。











それから【歩きにくい釣り場へ移動。】




エントリー前に谷底の深さを知るために上から大きい石を蹴り落し落下音で確認、、、

、、、、

、、、、


、、、、パーーーン



と遥か遠くで、砕け散る音が僅かに聞こえるくらい、高い、深い。
(帰りは酷い目に遭った。)




降りてからは、急流や淵をかわしながら谷を右へ左へ

時々立ちはだかる高い岩盤を越え、

腕の力や全身を使って登っていく。




ここまでくると魚の放流は無く、野生のありがたい魚が釣れる。










平均サイズは小さいけど、

25㎝を超えるアマゴ、ゴギ(中国山地のイワナ)が釣れた時の感動は大きい。





歩いた分だけ価値が高まる感じ。。。












どんどんガシガシ進んで行き、
気づけば谷から上がる方向が分からなくなり焦る。



この辺から、登っ、、、たら帰れるだろうと思い進むとすぐにエグい急斜面に。



折れない木を掴みながら、
崩れない足場を確かめながら
一歩一歩時間をかけて上がっていくと帰れるルートに出れた。



残りほぼ体力ゼロで息が切れて暫くうごけんかった。。。




その時はもう二度とここへは来たくないと思ったけど、時間の経過とともにジワジワ再挑戦したい気持ちが湧いてます。




十分作戦を練ってからじゃな。






おし
まい





〈本日の装備〉
竿、リール、ネット
ルアー10個くらい
熊避け鈴、爆竹
板チョコ
お茶1.5ℓ


コメントを見る