【ご予約商品】トランスセンデンス エンピナード91S+(TRANSCENDENCE Empinado91S+)

  • カテゴリー:釣り具インプレ
s9bwmhiw7g2v8e69s28t-e5c89e1b.jpg

Empinado91S+(エンピナード)はTRANSCENDENCEの技術を集結して作られた「対磯ヒラスズキ」用専用ロッドです。磯ヒラゲームのシチュエーションに応じて10.8ftのレングスを専用設計とし、9.1ftにレングスが可変する2in1システムを採用。
95c5vwmr2gmm9fzpgocc-c0df79ac.jpg
ヒラスズキゲームを楽しむために必要とされたのがロッドの携行性です。マルチピースロッドにすることによってロッドをバッグや体に装着することができ、両手を空けた状態で釣り場へエントリーすることができます。これは沖磯へのアクセスへも両手で泳いでエントリーが可能であるため、圧倒的な遊泳力と安全マージンが広がります。 磯ヒラゲームは、アクセスの容易ではないフィールドが多く、山道や崖、藪を経由して釣り場に行くことが当たり前の釣り。その際、両手を空けた状態で歩くことが何よりも安全。さらに、こういった道をあるく際、ロッドへのダメージはかなり大きいと言えます。 ​ エンピナードは防水バッグや簡易的なロッドケースや専用のロッドケースなどに収納することによってロッドへのダメージを極限まで削減することができます。 ヒラスズキゲームに必要な基本性能をしっかりとマルチピースロッドに詰め込み、これからヒラスズキを始めるアングラーから玄人まで納得出来る1本がEmpinado91S|108Sです。 Empindado91S+は、磯ヒラスズキゲームに特化して開発されたロッドです。そのため、ヒラスズキ釣りに必要ないものは徹底的に排除しました。その結果、圧倒的なバランスの良さを実現し、携行性だけではなく、飛距離、ピンポイントキャスト性能、バラシ率の激減など非常に使いやすい最高のヒラスズキロッドが誕生しました。 ​ 開発時、青物や根魚でのテストを行っていますが、これらを視野にいれるとまた違った設計思想になるため、Empinado91S+はあくまでも磯でヒラスズキを釣るために作られたロッドに仕上げました。 Empinado91S+2は、2in1システムを採用しており、1セットで2種類の長さに可変することができるロングロッドです。もちろんヒラスズキ専用設計のEmpinado91S+は磯が主戦場であるため、10.8ftをメイン設計にしました。 ​ 10.8ftという長さは、風速10m/sの状況でもしっかりと振り切ることができれるレングス。そして、マルチピースロッドとして最高のバランスであったためです。また、主にテストを行った伊豆半島を中心に、房総半島、紀伊半島、大隅半島、薩摩半島において、11ft後半や12ftのレングスを必要とする場面が少なかったためです。 Empinado108はキャストフィールを大切にしてマルチピースとは思わせない張りを実現しました。 ​ 9.1ftは近年人気になっている大型のルアーを用いたシーバスゲームに最適です。秋のコノシロパターンやボラパターンに使う15cm35g以上の重たいルアーをしっかりとキャストすることができます。また、シーバスロッドとしてはパワーがあるので一気に魚を引き寄せることができます。9ft後半のロッドは35g以上の重さになってくると投げるのが非常に大変になり、シーバスゲームのようなキープキャストが必要な場合、疲労感が溜まってしまいます。エンピナードは、グリップエンドがシーバスロッドに比べ長いため、9.1ftという長さでありながら、8ft後半のロッドのフィーリングでルアーを投げることができます。今までのシーバスロッドにはなかなかないパワフルな9ftロッドがEmpinado91Sです。

コメントを見る

登録ライター

用語説明ページへ

5/0フックは小さい??
1 時間前
ケンスケさん

転ばぬ先のスパイク
2 時間前
rattleheadさん

サーフヒラメで釣れないときに…
17 時間前
BlueTrainさん

プリスポーンから
1 日前
平田孝仁さん

裂波奮闘記
2 日前
こいのぼりさん

干潟アフター
5 日前
タケさん

固い水とスナップ
6 日前
有頂天@さん

色落ちしたキャップを染めてみた
9 日前
ワカメマニアさん

一覧へ