プロフィール

kentarow

徳島県

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2024/3 >>

1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

検索

:

ジャンル

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:10
  • 昨日のアクセス:44
  • 総アクセス数:120784

QRコード

今年1本目のアカメ。

相変わらず四国中を走り回ってるケンタローです。
どの釣りも相変わらず頑固に頑なにやってます。



2月に雨が続き、強い南風が1発入ると、どうも頭をよぎる。
俺の悪い虫が動き始めた。。。
『今年もまた出会えるのだろうか.....。
そんな事を思い始めると、それにばっかり意識が行ってしまう。今はどうなんだろう?どうなんだって。


次の潮なら、、、

あの月周りだったら、、、

冬場は釣りばかりも出来ず、仕事と睡魔と妄想とトライ&エラーが続く。
するとついついタラレバ男になってしまいがち。今だからわかるし、言えるけど睡眠不足が1番足りて無い時が1番のめり込んでるしゾーンに入ってる様な気がする。
でも、結局は現場でしかわからない事がそこにわあって、現場に立たない事には出会えない事も重々わかってるし、ハイシーズンの場所取り争奪戦や揉め事の種の中で大好きなあの釣りをしたくない。

だから合間を見つけては、俺は舵を切った。

今日は出会えるだろうか。。。


そこへ行った時には、場所取りでは無いけど早い目早い目に目星のポイントには入る様にしている。

狙いの地合いだろう時間より遥か前に入る事を心がけている。

この日もそうだった。

狙いの潮位はXXXセンチ。
まだまだ時間はある。そんな事思っていたがフィールドがフィールドだけにアングラーらしき人が引っ切りなしに入れ替わり見に来る。

狙いの潮位とはまだ程遠い。

だか、思っていたより潮が動き始めた。

『ドフッ⁉︎』

アレらしい波紋がワラワラと動き始めた。
ん?もしかしたら1チャンあるかもしれないぞ今日わ。。。

そんな事を思わせる夜だった。

色々と立ち位置を変え、流れ。風。ベイトの位置、動き。を観察するようになった。

投げ込む事なくフィールドを睨みつけていると、今日の状況が段々とわかって来る。
手前はハクボイル。
時折り走る潮でスイッチが入る。

風と潮がマッチした。

そろそろかな?と思い、ポイントに入り数時間後やっとキャストを開始した。

うん。なんか今日は釣れる?いや、かかりそう。かかってくれ。

そんな事まで思い始めたのは、今でも覚えている。

手前から探っていく。
色々なコースを舐め回す。思い描くコース全て。

ここに投げてここで食わす!
そんなイメージで線でなく点で探りを入れて行く。

んぅ〜やっぱり中々かからない。。。

次はルアーローテ。奥の方も探る。
まだイメージは点の釣りで探りを入れた。

潮が緩み、少し間を開け様子を伺っていた。

すると、数分後...

『ブゥワァン...』

アイツの位置が分かった。今日は、いる。
次はレンジ。アイツはレンジにうっさいイメージがあるし、そこは俺もかなり意識している。

距離と流れを考えて、シンペンの28gをセレクト。

ルアーを変えた次の一投目の事だった。
点の釣りから線の釣りへ移行した時だった。

グッグンッ⁈

ん?何かおかしい。少し遅れてフッキングを入れた。

グワワワワワァーンググググーッ‼︎

ビーストブロウルがフルベントって言うか、見た事がない曲がり方をした。おかしい。すぐにわかった。

ダメなヤツ。かけたらいかんヤツ。完全に想定範囲外。かけた先で一部の水が大きく動いたのが分かった。

それは優雅に泳ぎ始める。コチラは1ミリも何も出来ない。ヤバい。久々に心臓がバックバクした。むしろし始めた。いやいやヤバいだろ⁈どうなってる⁈これはヤバい。焦り始めるとpe2号に60lbに不安を抱き始める。障害物に触ると1発だ。障害物が点在し、それを交わしたくて立ち位置を移動した。その先でオープンベールして、障害物を交わす。そう。オープンベールでどうにかファイトし直せる。そういつもの段取り通り。これは俺の想定範囲内。
少しづつ移動し、パンパンに張ったPEに突風が当たりカン高い音を鳴らした。
『キィーーーン‼︎』

ゾクゾクした。

ジワジワと移動した先でオープンベール。イメージ通りだ。ゆっくり移動しベールを返した瞬間だった。。。














パーーーンッ?€%:〒*=々\$⁉︎


頭が真っ白になった。
スプールにめり込んだPE。ベールは返っている。
えっ⁈どぅいう事⁈訳わからなくなった。
聞いていた話と違う。まさに想定範囲外。
違う違う違う違う。これは聞いてない。
恐らくファーストランでスプールのPEがめり込み、ロックしていたのと糸がパンパンの状態でベールを返してしまい切れた。兎に角切れた事を理解した。
次の日の仕事が頭をよぎった。

今日わもぉ帰ろう。時計の針は2時を指していた。次の日も朝は7時起き。もぉ時間も限界。今日は出直そう。


フラフラになりながら、次の日は仕事へ行った。
正直仕事にならなかった。眠たいどころかモヤモヤして集中出来ない。
何をしていても、あの時の事が頭から離れない。
今日行けばまたあるかもしれない。
そんな事を四六時中考える様になった。
あのタイミングで、あの潮位で、あの立ち位置で、あの場所。
ルアーは釣りたい物を何個かセレクトした。


数日後もぉ気がつけばそこには立っていた。

その時は時間に余裕があった。
2日半。。。
自分の狙いの潮位は、夜中の2時。

時計の針は22時を刺していた。
いつもの様にフィールドを眺めていた。
狙いの潮位とは程遠いけど、前回の事もあり何故かこの時は妙に落ち付いていた。
まずはいつも通り点で探っていく。点々と探りを入れて行く。
今思えば、ゾーンに入っていたと思う。
ゾーンに入るとキャストが決まる。思っている所へ、ピシャでルアーが入った。歯車が合い始めた。
小さな変化などを敏感に感じれていたと思う。


ブワァンッ。水の一部が動いた。あっ‼︎今日もいる。すぐにわかった。
そこへゆっくりとルアーを持って行った。

ガッ‼︎ガガガッ‼︎
軽く合わせを入れた。

見守って居てくれてた先輩方が...
『アカメや‼︎アカメやろ⁉︎』
と声を溢した。

アタリとファーストランでアイツだとすぐにわかった。でも心の中で、やめてくれ!
アイツの名前だけは、口には出さないでくれ‼︎とまで思った。緊張とドッキドキのファイトは、もぉしたくない。

サイズが小さく、すんなりコッチを向いてくれて寄ってきた。よしよし。くれぐらいなら...大丈夫。

ギィギギギ〜‼︎浅くなると、やはり一筋縄では行かない。ドラグをかなり緩めて対処した。一瞬弱ったかな?と、思った瞬間に浅瀬にズリ上げ直ぐ様フィッシュグリップを口に入れた。

よっしゃぁぁあ‼︎‼︎‼︎

npzdyozn35g3r2hvrvet_480_361-74aab3a7.jpg

掴んだ瞬間にホッとした。
今回はロッドもスタウトに変更して来たし、ドラグ設定を3.5キロとやや弱めにセットした。

先輩方が駆け付けてくれて写真を撮ってくれた。
m4mahcsztk5psvmtuvgo_480_361-3a205bb8.jpg

サッと撮ってサッとリリースした。

自分にとってアカメは特にサイズは全く関係無く、狙いの潮や時間、タイミング、エリアが絞って行く過程や釣りの濃い要素が詰まった『アカメ釣り』が大好きです。近道的なアカメ釣りもあるけど、ブラインドで釣るこの子が俺はいっちゃん好き。
とりあえず今年1本目‼︎
今年こそ地元でも拝みたいな〜と切り替えと脳内沸騰中です。

本日徳島県は大雨です。
さっ‼︎恵みの雨になってるのか⁉︎
見て来たいと思います笑 終。


ロッド : APIA stoutheart 90mh
リール : STELLA 4000XG
ライン : SUNLINE キャリアハイ6 2号
リーダー : SUNLINE system shock leader NYLON 60lb
ルアー : アピア ラムタラ130 ガマカツspmh#3 ×3

コメントを見る