プロフィール

joker

静岡県

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2021/6 >>

1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:165
  • 昨日のアクセス:347
  • 総アクセス数:1204477

タグ

アーカイブ

ハーフオープンベアリング装着と自作JH2021Ver

昨日は一日ダラダラ過ごす。

 

 

昼過ぎに自作JHを作るべく百均でエポキシ接着剤とIGのI野店へガン玉を購入してきた。

2021年バージョンの大きな変更点は接着剤を瞬間をやめエポキシ接着剤へ変更した点。

 

 

FBでSMITH契約アングラーでありGo-Pishの武田栄氏が豆アジ用JHを自作する際に使用していたのを参考にしてみた。

 

 

エポキシ接着剤なら硬化前にフックの向きを微調整できるし、硬化したら強度も出る、多少肉盛り出来る優位性があるための採用です。

 

 

取り敢えずは0.2gと0.25gのガン玉にTIEMCO フライフック TMC5262の#16で試作してみた。

形は不格好だけどフックが上向きになるよう硬化前に微調整し、今朝使用可能範囲になった。

 

 

なにせローガンなので数作るには時間がかかるんでゆっくり作り、フック補充も間違いないお店で買うか土肥富のサイトからフライフックやらジグフックを取り寄せなきゃならないんで来週からの仕事を頑張らないとね

 

 

テストは・・・・来週末かな? 昨年のデータだと数釣れる時期が来週辺りなんで期待はしているけど、まだアソコには「シェードの黒い悪魔」やら橋下にはボイルする「銀色の暴れん坊将軍」がいるんで

 

 

そろそろワタリガニやクルマエビが流れてくるんだけど・・・・それも楽しみでございます(笑)

 

 

 


 

 

 

ハーフオープン化したベアリングも1170ZZ・1370ZZ・850ZZをメインで作成し、残り少ないパーツクリーナーで洗浄を繰り返し乾燥させておいた。

二台分はとりあえず製作してみたが、ベアリングチェッカーにセットして回すとざらついたり、回転終了時に若干逆転するものは廃棄するようにしている。

 

 

ハーフオープンの利点はシールド性を極端に損なわず、オープン化したため回転性能がシールドタイプと比較して良好になり、OH時のメンテナンス性がアップ、オイル・グリスともに充填が楽になるメリットがあります。

 

 

まずは手始めにVanquish C2000SSSに投入してみる。

ハーフオープンベアリングにBORED ALPHAを入れて組んでみたら・・・・ハンドルが重いっ

 

 

再度バラしてハンドル部1370ZZと1170ZZはIOS-02PROとし、ピニオンギヤ前後端の1370ZZと850ZZはグリスとし組み立ててチェックすると・・・・おおおおおっ回転が軽いし、ベアリングノイズも気にならなくなった

ふぅ・・・・セットアップだけで1時間半かかっちまったぃ っていうか・・・・オイラの19'Vanquishの魔改造化がとどまらないっ

 

 

シマノさんすみませんっ

9bk6ywubh8syya3839fs_480_480-6a195c82.jpg

次は18'STELLAのバリアギヤ搭載が控えてます(笑)
 

 

コメントを見る

登録ライター

用語説明ページへ

【釣りと文章】ブログを育てる…
10 時間前
平田孝仁さん

スターダストメモリーズ。ヒラ…
16 時間前
BlueTrainさん

バチ糸を求めて
2 日前
rattleheadさん

ベイト初心者によるベイト初心…
15 日前
ねこヒゲさん

理想的なウェーダーとシューズ
17 日前
ワカメマニアさん

ルアーへの反応の偏り
17 日前
渡邉 雄太さん

身近になったスモールマウス
18 日前
登石 直路(nao)さん

一覧へ