プロフィール

joker

静岡県

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2021/4 >>

1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:116
  • 昨日のアクセス:320
  • 総アクセス数:1184701

タグ

アーカイブ

チューニングリール・・・・その深淵

リールチューニングを自分で始めて何台も壊した。

 

 

その都度「止めよう」と思うこともあってVanquishを二台購入したが、いかんせん本体内部からの異音が気になり結局弄ることになった。

 

 

我が家は現在寝たきりの親父がいる・・・・時折叫んだり暴れたりしてオイラの集中力がダウンするときがあり、そこで重大なミスを冒しメーカーに出してしまうが、日曜に来たSMITHとBOREDのグリスで遂に内部のグリスの使い分けを構築できた・・・・と、思う(笑)

 

 

内容としては

マスターギヤ、ピニオンギヤ、クロスギヤ、中間ギヤにはSMITHリールグリス。

 

ウォームシャフトのみBORED ALPHA

 

ベアリングは基本的にIOS-01PROだが、外気があたりがちのハンドルベアリング1170と1370にはIOS-02PRO

が基本パターンとなった。

 

IOSギヤグリスが入手可能な状態になればそっちがメインなるが・・・・

オイルも補充用に買っておかなければ( ̄▽ ̄;)

 

 

ハンドルのクリアランス調整を月曜に行い、弐号機と同じく0.03mmのステンシムを入れ、火曜日に再度殻割りして内部のチェックをして、ウォームシャフトのみALPHAを塗っておいたが、ハンドルのクリアランスは良くなったが、イマイチ感覚がおかしいんで昨夜殻割りをせずウォームシャフトを取り出しALPHAを少し多めに塗り組み付けて軽く回してから一晩放置・・・・朝は変化がなかったけど、本日初の2時間残業をしてから帰宅後回すと・・・・

 

 

グリスがギヤとうまく馴染んだのかノーマルよりもヌメヌメ、音も皆無に近くなった。

 

 

やっとオイラのやりたいチューニングの形が出来上がったかもしれない・・・・

 

 

頻繁に殻割りせず、グリスがギヤに馴染むまで放置しておくのが良い方向に向く可能性もある。

 

 

仕事中でもチューニングの事ばかり考えているんだからマジでリールチューニングの深淵にハマりこんでしまった

 

 

残るは如何にネジ関連を傷めず綺麗に仕上げるか・・・・?が課題となる。

 

 

年内にはVANFORD系、ツインパ、アルテグラを完璧にチューニング出来るようになりたいと思ってる。

 

 

ベアリングも山ほど買わなくてはならないし、シムも、ケミカルも状況とリールの個体に合わせて用意するのが大切かと・・・・

来月末の給料でBORED製品をある程度揃えようっと

 

コメントを見る

登録ライター