2013mon_ba01.jpg
anime01.gif
anime03.gif

プロフィール

KAGE

広島県

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2020/11 >>

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

検索

:

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:28
  • 昨日のアクセス:39
  • 総アクセス数:429285

QRコード

タコ八郎

  • カテゴリー:釣行記
  • (チヌ)
新月、大潮、マイナス潮位!
潮も大きい事だし、久々にチヌでも釣りに行ってみるかぁ…と、いう事で某ポイントへ。ここは夜間周囲に外灯もなく真っ暗なオープンエリア。新月の夜に浸かるとなると少し勇気がいる場所なのである。













ポイント到着。
相変わらず人気もなく真っ暗だ。

時刻は深夜2時…。草木も眠る丑三つ時である。辺りが静寂に包まれるそのシチュエーションにビビりながら入水…。不安な気持ちが心を支配しようとしていたが、ここはポジティブシンキングで行こう。この静寂の中、誰に邪魔される事もなくひとり闇夜の河川に身を置いて釣りをするというのもオツなものではないか…。さ…さぁ…!楽しむぞ…( ;´Д`)













まずはチヌマウスS7g+バンザイ太郎の定番コンビで様子をみてみる。しかしアオサが多く発生し、どこへ投げてもアオサしか釣れない状況。ヤバイ…。

ここでルアーをチヌマウスS5gに変え、できるだけアオサを拾わない様にやってみる。

うむ!これだとアオサが掛からない!しかし、飛距離がイマイチの為、ブレイクの向こう側へ落ちていると思われるチヌまでルアーが届いていない様だ…。魚すら相手にしてくれず、本当に闇夜の河川に独りぼっちになった気分だ…(汗)( ;´Д`)

しばらく釣りを続けていると、静寂を切り裂きけたたましく鳴り響く消防車のサイレン音…。やたら騒がしいので後ろを振り向くと…












2pgedhcamfbrdtdf8bt7_920_731-6e2d7f3f.jpg
完全に火事やがな…。
遠く見える火柱…。あちらこちらで鳴り響くサイレンの音…。コレ…大丈夫なんかの…?

ふたたび不安な気持ちが顔を覗かせてきたその時、背後からなにやら黒い人影が近づいてきている事に気づいた…。













ザッザッザッザッ…













えぇっ⁉︎この時間にこんな所に⁉︎((((;゚Д゚)))))))

高鳴る鼓動、高まる緊張感…!こいつは普通の人間じゃあないぞ…!(まぁ今考えると自分も同じ立場なのだが(笑))













ザッザッザッザッ…













距離にして10mくらいか?黒い影はこちらに近づいてきたかと思うと距離を保ったまま後ろを素通りし、そのままザブザブと入水!

(ホッ…釣り人か…。しかしこんな時間にモノ好きもいるもんだな…。)

人影は水面にライトを照らしまくり、何かを探している様だ。しまいにゃ〜徐々にその距離を詰め、こちらの足元にまで御構い無しにライトを照らしてきやがる。釣竿も持っていないし、一体何をやってるんだ?

不安は次第に少しばかりのイラだちと好奇心へ変わり、人影に話掛けて見る事にした。













K「こんばんは…。あの〜…何か探し物ですか…?」

人影が顔を上げた。よく見ると正体は年配のオッサン。オッサンは無愛想にこう言った。

オ「あぁっ⁉︎今ぁタコを探しよるんよの…チヌなら今は沖の方に出とるけぇココにはおらんど!」

K(知っとるわい!じゃけぇわざわざこのクソ寒い中、川の中まで入って釣りしとんじゃろ〜が!)

少しばかりイラっとしたのでガツンと言ってやった。心の中で。

K「あ〜そうですか〜…頑張ってつかぁさい!」

…と、言葉を交わしその場を離れる事に。
無愛想なオッさんだぜ…。しかし、このポイントでタコが獲れるなんて初耳である。

オッサンから離れて釣りを続けていると、またしてもアオサが引っ掛かってきた。今度のアオサはデカイ。手応え充分な重量だ!

ウンザリしながらも、よっこらせ〜のどっこいしょ〜でアオサを寄せていると、重くなったり軽くなったりと何やら違和感を感じる…。ん?なんかおかしい?手前まで寄せてようやく姿を見せたソレの正体は…












7yn3zg6xzzcwexduprhe_920_518-9f086a57.jpg
早速でた〜!ウワサのタコ〜!!ピューピュー水吹いとる(笑)

いつか墨でも吐くんじゃないかとキャッチできずにいたが、そんな様子もないので陸にずり上げ〜!!












zbxgsjdioybrm5zdy8hj_518_920-9314dcef.jpg

ecgc9xyiartrcci24y9o_920_518-d42fe1c7.jpg

irtyzowkt9jx972rg5gc_518_920-1d487343.jpg

9hoe9p66tzge7oyy4jb9_920_518-6eec2e7d.jpg
うわ〜…こうやってまじまじと見てみるとエイリアンにしか見えんな…。食ったら旨いのに…。

気持ち悪いがあまり、写真を撮りまくる(笑)













さて、問題はこのタコをどうするかという事になる。

せっかく獲れたタコをみすみすリリースしてしまうのはもったいない。かといってキープする手段も無いし、さっきのオッサンにやるのもしゃくだし…。

辺りを見渡すと、これまた少し離れたところに今度は別のライトの明かり発見(笑)他にもおったんかい(笑)

よし決めた!あの明かりのヌシへこのタコをプレゼントしよう!早速、地面に置いたタコを持ち上げて移動しようとするが…












eeo3gign6wdyyanbib55_518_920-1b635eb0.jpg
地面に潜っとる(笑)
タコが壺の中に入るのは知っているが、穴を掘って潜るのは初めて知ったぞ!体半分を地中に埋めたタコと綱引きをしてみたが、なかなか出てこない。しかたなく土を掘り返し、まるで芋掘りのごとく引きずりあげた(笑)

その後、明かりのヌシへ(どうやらワカメを採りに来ていたらしい)タコを差し出すと大変喜ばれたのであった(^^)めでたしめでたし!

一体何をしに行ったのかわからない釣行であったが、確かにタコが獲れる事はわかった。今度は専門に狙ってみるのも面白そうだなぁなんて考えながら帰路につくのであった…。













…チヌ?そんなもん知らん(笑)

 

コメントを見る

KAGEさんのあわせて読みたい関連釣りログ