プロフィール

BlueBlue

千葉県

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2024/2 >>

1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29

検索

:

アーカイブ

2022年 9月 (1)

2022年 8月 (1)

2022年 6月 (1)

2022年 5月 (1)

2022年 4月 (1)

2022年 3月 (2)

2022年 2月 (1)

2022年 1月 (5)

2021年12月 (5)

2021年11月 (1)

2021年 9月 (4)

2021年 8月 (4)

2021年 7月 (1)

2021年 6月 (2)

2021年 5月 (1)

2021年 4月 (2)

2021年 3月 (2)

2021年 2月 (2)

2021年 1月 (2)

2020年12月 (3)

2020年11月 (2)

2020年10月 (7)

2020年 9月 (7)

2020年 8月 (6)

2020年 7月 (9)

2020年 6月 (12)

2020年 5月 (8)

2020年 4月 (5)

2020年 3月 (3)

2020年 2月 (3)

2020年 1月 (5)

2019年12月 (7)

2019年11月 (6)

2019年10月 (7)

2019年 9月 (1)

2019年 8月 (4)

2019年 7月 (8)

2019年 6月 (4)

2019年 5月 (12)

2019年 4月 (10)

2019年 3月 (7)

2019年 2月 (7)

2019年 1月 (5)

2018年12月 (13)

2018年11月 (9)

2018年10月 (13)

2018年 9月 (13)

2018年 8月 (16)

2018年 7月 (14)

2018年 6月 (14)

2018年 5月 (17)

2018年 4月 (13)

2018年 3月 (13)

2018年 2月 (13)

2018年 1月 (13)

2017年12月 (8)

2017年11月 (14)

2017年10月 (16)

2017年 9月 (10)

2017年 8月 (7)

2017年 7月 (10)

2017年 6月 (10)

2017年 5月 (14)

2017年 4月 (19)

2017年 3月 (21)

2017年 2月 (9)

2017年 1月 (15)

2016年12月 (14)

2016年11月 (12)

2016年10月 (17)

2016年 9月 (13)

2016年 8月 (9)

2016年 7月 (8)

2016年 6月 (10)

2016年 5月 (7)

2016年 4月 (8)

2016年 3月 (11)

2016年 2月 (10)

2016年 1月 (14)

2015年12月 (12)

2015年11月 (11)

2015年10月 (14)

2015年 9月 (10)

2015年 8月 (9)

2015年 7月 (11)

2015年 6月 (17)

2015年 5月 (16)

2015年 4月 (10)

2015年 3月 (10)

2015年 2月 (15)

2015年 1月 (11)

2014年12月 (13)

2014年11月 (9)

2014年10月 (16)

2014年 9月 (12)

2014年 8月 (11)

2014年 7月 (13)

2014年 6月 (13)

2014年 5月 (13)

2014年 4月 (13)

2014年 3月 (14)

2014年 2月 (8)

2014年 1月 (13)

2013年12月 (12)

2013年11月 (16)

2013年10月 (11)

2013年 9月 (10)

2013年 8月 (11)

2013年 7月 (12)

2013年 6月 (13)

2013年 5月 (15)

2013年 4月 (12)

2013年 3月 (13)

2013年 2月 (11)

2013年 1月 (10)

2012年12月 (7)

2012年11月 (7)

2012年10月 (3)

2012年 9月 (4)

2012年 8月 (4)

2012年 7月 (7)

2012年 6月 (4)

2012年 5月 (4)

2012年 4月 (5)

2012年 3月 (5)

2012年 2月 (1)

2012年 1月 (6)

2011年12月 (5)

2011年11月 (1)

2011年 9月 (1)

2000年 1月 (3)

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:512
  • 昨日のアクセス:787
  • 総アクセス数:5854490

【フック交換】shalldus(シャルダス)20

f3cub4mfoxseys73z9es-c23c69a1.jpg
 
今春発売以降、ご好評頂いております、表層をゆっくりと攻める事が出来るブレードベイト、shalldus20(シャルダス)。





f2gmnjmvbcdubxck73ec_480_480-a24c0a05.jpg

シーバスはもちろんのこと





b52x6zztpa686pw7p7r7_480_480-56f33a03.jpg
チヌ





wcxwctovddmwucfd7wbo_480_480-a288db7b.jpg
メバル






そして。。。。

eeykhzawkaasg7m2frwy_480_480-fa524591.jpg
イトウまで。。


様々なターゲットに効果を発揮してきました。



そんな中、テールのダブルフックの交換の仕方を教えて欲しいとのご質問をいただきましたので、紹介させて頂きます。


9axm8hwsjy6jyva9aztj_480_480-b34f1bcb.jpg

Shalldus20 
標準仕様
フロントフック #6 ダブルフック#6(オリジナルフック)
リング#2 スイベル&ブレードはオリジナルの物を使っています。



フック交換


①スイベルとダブルフックを固定しているシリコンチューブをテールアイ(管)に引っぱって移動させます。
vtgcntnpcrhtj429wyyy_480_480-6384fd98.jpg



②アイとゴムの隙間を通しフックを外します。
u39da7p78ibuy97namkr_480_480-d3144f9e.jpg


③フックの取り付け

w9kyoiptvxhs8voa8pvb_480_480-9d63c3c2.jpg

フックの向きに気をつけながら新しい物へ交換
フックポイントが下に向くよう取り付ける場合はこの状態(上)から奥側の針からアイに通していくとフックポイントが下向きになります。

38f5gj5arm7otsc2ga43_480_480-fa20c76c.jpg

フックポイントを下向きにする場合は必ずスプリットリングよりも下側にフックを通してください。
(上向きにするときは上側を通します。)

④シリコンチューブのセット
89ifdncthforf7fjo5zk_480_480-85d21822.jpg

シリコンチューブは必ずスイベルの回転軸よりも手前で止めてください。
回転軸まで固定しますとブレードがうまく回らず、本来のアクションとは異なります。




※ブレード&スイベルの交換について
ブレードとスイベルを固定するスプリットリングは『はんだ』にて溶接しております。
外れる事等はなかなか無いでしょう。
使用後はしっかりと真水で洗い、錆びて来た場合は回転軸にオイルを垂らして頂ければと思います。

市販品で変更する場合のオススメとしてはシャフトの長さを補う分、
溶接リングにスプリットリングを継ぎ足して長さを補い、ブレードの干渉を減らすと良いです。

似たような物としまして、NTスイベル2リング付きボールベアリングスイベル#1
http://nt-swivel.co.jp/swivel_snap_bearing.html#2ring_bbpower


もしくはカハラジャパン KJ BBスイベル(スプリットリング X スプリットリング)#1がございます。
http://www.kahara-japan.com/products/fishing_tool/snap-splitring.html



今後は、交換用のブレード&スイベルセットも販売の検討をしていきます。



※ダブルフックは魚の強さに合わせて多少大きくしても問題ございません。様々な組み合わせをお試しください。

コメントを見る