プロフィール

fimo本部

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2022/12 >>

1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

アーカイブ

2021年11月 (5)

2021年10月 (13)

2021年 9月 (10)

2021年 8月 (9)

2021年 7月 (7)

2021年 6月 (5)

2021年 5月 (10)

2021年 4月 (7)

2021年 3月 (3)

2021年 2月 (6)

2021年 1月 (9)

2020年12月 (17)

2020年11月 (11)

2020年10月 (8)

2020年 9月 (7)

2020年 8月 (15)

2020年 7月 (17)

2020年 6月 (6)

2020年 5月 (8)

2020年 4月 (13)

2020年 3月 (8)

2020年 2月 (7)

2020年 1月 (11)

2019年12月 (19)

2019年11月 (10)

2019年10月 (7)

2019年 9月 (5)

2019年 8月 (10)

2019年 7月 (11)

2019年 6月 (3)

2019年 5月 (5)

2019年 4月 (6)

2019年 3月 (9)

2019年 2月 (10)

2019年 1月 (19)

2018年12月 (16)

2018年11月 (10)

2018年10月 (12)

2018年 9月 (12)

2018年 8月 (14)

2018年 7月 (8)

2018年 6月 (9)

2018年 5月 (9)

2018年 4月 (6)

2018年 3月 (10)

2018年 2月 (9)

2018年 1月 (11)

2017年12月 (15)

2017年11月 (7)

2017年10月 (10)

2017年 9月 (15)

2017年 8月 (4)

2017年 7月 (3)

2017年 6月 (7)

2017年 5月 (10)

2017年 4月 (9)

2017年 3月 (10)

2017年 2月 (4)

2017年 1月 (4)

2016年12月 (9)

2016年11月 (7)

2016年10月 (37)

2016年 9月 (38)

2016年 8月 (31)

2016年 7月 (33)

2016年 6月 (34)

2016年 5月 (35)

2016年 4月 (33)

2016年 3月 (38)

2016年 2月 (30)

2016年 1月 (28)

2015年12月 (42)

2015年11月 (37)

2015年10月 (41)

2015年 9月 (36)

2015年 8月 (40)

2015年 7月 (47)

2015年 6月 (50)

2015年 5月 (46)

2015年 4月 (41)

2015年 3月 (34)

2015年 2月 (30)

2015年 1月 (31)

2014年12月 (35)

2014年11月 (39)

2014年10月 (41)

2014年 9月 (39)

2014年 8月 (36)

2014年 7月 (31)

2014年 6月 (38)

2014年 5月 (28)

2014年 4月 (33)

2014年 3月 (34)

2014年 2月 (31)

2014年 1月 (23)

2013年12月 (45)

2013年11月 (37)

2013年10月 (51)

2013年 9月 (48)

2013年 8月 (54)

2013年 7月 (36)

2013年 6月 (43)

2013年 5月 (42)

2013年 4月 (61)

2013年 3月 (55)

2013年 2月 (79)

2013年 1月 (57)

2012年12月 (65)

2012年11月 (51)

2012年10月 (73)

2012年 9月 (59)

2012年 8月 (90)

2012年 7月 (57)

2012年 6月 (54)

2012年 5月 (45)

2012年 4月 (54)

2012年 3月 (73)

2012年 2月 (65)

2012年 1月 (57)

2011年12月 (48)

2011年11月 (46)

2011年10月 (52)

2011年 9月 (54)

2011年 8月 (53)

2011年 7月 (72)

2011年 6月 (51)

2011年 5月 (68)

2011年 4月 (59)

2011年 3月 (40)

2011年 2月 (53)

2011年 1月 (16)

2010年12月 (7)

2010年11月 (10)

2010年10月 (3)

2010年 9月 (6)

2010年 8月 (5)

2010年 7月 (19)

2010年 6月 (18)

2010年 5月 (1)

2000年 1月 (1)

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:18
  • 昨日のアクセス:1401
  • 総アクセス数:6140009

タグ

検索

:

【fimoショップ】 fimoランディングシャフト500 再発売!!

 

陸っぱりアングラーの必需品の一つ、ランディングネット。
都市部、堤防、海釣り公園など柵があったり高い場所のフィールドには必須アイテムです。



いよいよ、fimoオリジナルのランディングシャフト500の登場です。




■特長その1:軽量

軽いです。5mの長さに対して約482gで軽量クラスに入るかと思います。業界最軽量まではいきませんが、持ったら軽いと感じてくれると思います。

 


ランガンの釣りに軽さは武器だと思います。
強度を担保しつつ、ギリギリまで軽さを追求しました。
長さも汎用的に使える5mに設定しました。






■特長その2:99%の含有率

素材は高弾性カーボンで99%の含有率です。既に市販されているハイエンドクラスのランディングシャフトと同レベルです。


大潮の日に東京に流れている隅田川でサンプルが届く度に何回もテストをしました。
かなり流れが効いたタイミングで水中にネットを入れましたが、シャフト自体に張りがしっかり残り、




結果、ランディング中に反発が弱い、いわゆる「グニャグニャ」したシャフトではありません。



全て伸ばしきった5mの状態です。

 


&nbsp;
片方でロッドを操作しながら、もう片方でシャフトも操作しなければならない状況下でシャフトがグニャグニャするのはストレスとキャッチ率も下がるのと、慣れないと破損の原因にもなります。



仕舞い寸法は60cm。
陸っぱりアングラーには持ち運ぶ人、背中に背負う人、ウェストバッグに刺す人、それぞれですので、携帯性に優れた長さにしました。継数は10本です。


 



 
■特長その3:白に塗装

アングラー目線のデザインを今回も採用しています。
先端を白に塗装しました。市販されているシャフトのほとんどが黒です。
それが普通なので違和感無いかと思いますが、個人的にもっと視認できればいいなっと感じたので、思い切って白に塗装しました。


結果、夜の釣行時に光が乏しい場所でも黒より格段に視認しやすく、魚までの距離感を少しでも感じ取る事が出来ます。

 

 

黄色も用意して比較しましたが、夜だと白が視認しやすかったです。
 






 
■特長その4:グリップ力
&nbsp;
グリップ部分はどこを握っても「握った感」を感じ取れるラバーグリップのデザインにしました。

 


魚をランディングする際にどうしてもアタフタしちゃう時ありませんか?

そのアタフタ感を少しでも払拭するのは、冷静になれる安心感だと思い、滑り止めのラバーを全体に巻き付けて、脇に挟んでも、手で握っても「握った感」を感じるようデザインしました。






■特長その5:親指一本で出せる

ネット部分を繋ぐ先端のラバーも、親指一本でも押しやすいオリジナルのラバーにしました。

 


すぐ押し出せる為、軽い力で伸ばす事ができます。

 


 
各継ぎの接合部分に塩による固着を防ぐ溝を設けてます。


※塩分濃度が高い場所での使用後は真水で海水を洗い流して日陰で乾燥させて下さい。

 


標準装備のベルトもよくあるナイロン製ではなく、オリジナルのネオプレーン製で少しでも肩などの負担軽減を考えたものにこだわりました。

 


 
最大の特徴は「脱着」出来る事です。
脱着出来るので、背中に背負うアングラーさんには取り出す際に何かと便利ではないでしょうか。
※ベルト単体の販売ありません。

 



 
先端のねじ穴の外径は12.6mm(W1/2)なので、多くのアングラーさんがお持ちの昌栄さんのフレックスアームも装着可能です。
 



フレックスアームも装着可能。
 
■特長その6:お得価格

高弾性カーボン99%のランディングシャフトで2万円を切る

19,000円(税込)

販路を限定しているのでこの価格で販売出来ます。

 



■仕様

全長:5m
重量:約482g
仕舞寸法:60cm
継数:10ピース
先径:12.6mm
材料:カーボン繊維99%、ガラス繊維1%
組立:中国
材料:日本





 

コメントを見る