プロフィール

O.S.P SALT

東京都

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2022/8 >>

1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

検索

:

タグ

タグは未登録です。

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:4
  • 昨日のアクセス:29
  • 総アクセス数:12624

QRコード

ドライブシャッドSW

  • ジャンル:日記/一般
北海道O.S.P SALT フィールドスタッフの石澤卓です。

北海道もいよいよ!アイナメのハイシーズンを迎える。4月まではボトムなどの甲殻類を捕食していたアイナメも気温や水温が上昇するとベイトフィッシュを意識し始めオープンエリアを泳ぎ回るようになります。そうなると岸壁際のドライブシャッドSWを使ったアイナメゲームが面白くなる。

今回は、ドライブシャッドSWについてご紹介します。

まずはタックルですが、私は6フィート11インチのミディアムヘビーアクションのバスロッドにベイトリールは手返しと感度を求めたハイギアをセレクト。ラインはフロロカーボン12〜14lb。ジグヘッドは14〜18gのやや重めを水深や潮の速さに合わせて多用する。

私がドライブシャッドSWを使うシュチュエーションは壁際、オープンエリアのスイミングがメインとなります。

壁際に居付くアイナメを狙う場合には、際ギリギリを縦にフリーフォールで落とし込み、フォールバイトがなければラインをフリーにして少し横に歩き、ロッドティップを下げて斜めにスローリトリーブさせて横の動きでねらう。活性が高い時はフォール中にバイトしてくることが多い。サイドキャストでアプローチする時は、カーブフォールでバイトを確認しながらボトム着底後は同じくスローリトリーブでねらう。

オープンエリアのアイナメを狙う場合には、ロングキャストしてからフリーフォール、もしくはカーブフォールでボトムまで着底させて海藻、捨て石などのストラクチャーの上をかすめるようにスローリトリーブする。その時、ロッドはやや縦ぎみでラインスラックを回収するイメージで張らず緩めず巻いてくるのがベスト!!

水質によるカラーセレクトも重要で水がクリアなら「カタクチイワシTW202」「アカキンTW170」などのラメ入りのナチャラル系。濁りが強い場合には「鱗キスTW206」「白身グローTW208」などのシルエットがそれなりにでるカラーがベスト。その日のフィールドや光量によっても違ってくるが、釣果に悩んだときはこれら4色をベースとしてローテーションで考えてみて頂きたい。

ナイトロックでのクロソイねらいには「ライムチャートSW W067」「ピンクバックグローTW110」「オレンジゴールドラッシュTW201」がオススメです!!

自分にあったカラーセレクトでロックフィッシュゲームをより楽しんでみてはいかがでしょうか♫




コメントを見る

登録ライター