プロフィール

上宮則幸

鹿児島県

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2018/10 >>

1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

検索

:

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:67
  • 昨日のアクセス:961
  • 総アクセス数:2704095

QRコード

宮崎 超上流山鱸 5

感動

何かに深い感銘を受け心を動かされる事なんだが、強烈に心が動かされたなら、その後の行いにも変化が生じるものだ。
ただ釣った!嬉しかった!そんだけでもいいだろう。
だがその後の釣りが、いや人生が動かされるような魚釣りを求めて竿を振り続けたいもんだとおれは思う。

w3c3zswukxzhdk3e4xwc_920_707-9629933c.jpg





宮崎遠征最後のポイントに入る。
タイムリミットは近い。
残りの1投1投を大切に…いや、おれは今回の釣行、超上流域では気の入らないキャストはただの1投も撃ってはいない。
気の入らないキャストは結果を生まない。
いや、釣れたとしてもその釣果は感動は生まない。
おれの「釣りたい」思いと、カメラを構える川端君の「釣らせたい」思いが、安易な一投を許さない。

bv3s2p3535joehp78wx4_920_661-2227b3a0.jpg

ルアーはガボッツ。
リプラウトは、小型プラグではティップはしっかり曲がるがベリーに立ちが入る。
竿全体をしならせると言うより、ベリーで溜めてティップで弾き出すイメージでピン撃つ。

瀬絡みのポイントは取り分けシビアに吟味した位置に撃ち込んでトレースする必要がある。
ルアーを落とす位置からどのように流すかをしっかり考慮する。
ワンキャストで3~4のスポットをいっぺんに流せるコース取りをすれば、無駄なキャストを減らせるから。
ただし、撃ち残しも無いよう注意深く攻め上がる。

カメラを構え絶好のショットを待ち受ける川端君には悪いが、アングルや光りの当たり具合を気にしながら釣りをする余裕はとうに失っていた。

たがいつしか、遂に彼等山鱸フリークの仲間内で、過去にシーバスが出た最上流スポットに到達してしまった。
もちろん、これより上流のエリアにも可能性が無いわけではない。
サラリと表層だけ攻めて居ないと判断して釣り上がる選択肢ももちろんあるが、おれが選んだのは、このピンで粘ること。
理由は簡単だ。
小滝状の落ち込みの下は深さが他のポイントに比べてあり、表層だけでなくちょっと下のレンジにも可能性があるに違い無いからだ。

ガボッツで先攻。
落ち込みにピタリとジャストで入れ込みナチュラルに流すこと2投。
山鱸は餌を食い漁るために川を昇るって説をおれは信じている。
故に活性が高い事が多く、レンジも朝の間詰めならアッパーな事がほとんど。
キャストをミスしなければ一撃!の釣りの筈。
次に着水と同時に軽くポッピングでアピールを入れる。
出ない…
今回、撮影を買って出てくれた川端君が、構えていたカメラを下ろした。

ルアーをスネコン90S→ブローウィン80Sとレンジを徐々に入れて行くが…
緊張の糸が切れたらしく、川端君はスマホに目をやり始めた。
竿を握るおれは無心。
落ち込みの下のレンジに、重りを貼りウエイトアップしたブローウィンをなんとか入れ込もうとはするが、思いの他レンジは落ちない。
更に重りを貼ればいけるかもしれないが、手持ちが無い。
ルアーをタックルハウス・ビットストリームFMD95にチェンジ。
小滝に落ち込む流れの中にまず撃ち込み、落ち込みに入れて巻いてみた。

本来ストリームのトラウト用であるこのミノーは抜群のスタビリティーで力強く流れの中を泳ぐ事に定評があり、上流域のシーバス攻略にもその実力を遺憾なく発揮する名作だ。
泳ぎのみならず、磁着タングステンの重心移動を内蔵しているとは思えないほど、素直に真っ直ぐにピンに入る。
そして、その磁着タングステンは僅かな姿勢変化でもしっかり素早く定位置に帰り、巻き始めに流れを掴みそびれる事などあろう筈が無い。
非の打ち所の無いストリームミノー。

2投目、再び吸い込まれるように狙いの流れにビットが飛び込み、落ち込みの湧きに馴染んだ。
今度はジャーク。
素早く巻きなからトントン、ドン!

ヒット!!

合わせを叩き込みファイトを開始する。
飛沫を上げ銀鱗が宙を舞う。
晴天下、降り注ぐ陽光に魚と水が煌めきを織り成す。
小型プラグのためにロードラグ設定にしたジリオンSV TW のスプールが逆転し、魚が下流に突っ走ろうとする。
相手のサイズはそれほど大型ではないが流れに揉まれた魚らしく、サイズ以上のファイトをする。
リプラウトがしなり、バット前半でそれを余裕で受け止める。
おれの立ち位置は、膝まで浸かった状態で中州付近の岩の上に乗っていたので非常に不安定だ。
岸で掛けたならば多少は動いてのファイトも可能だが、今はそれが不可能。
一気に浮かして勝負を決めてしまう。
焦るな!相手はそう大きくはない!

背中越しに川端君のカメラのシャッター音と何か叫んでいる声が聞こえる。
ボガを撃ち込む。
30ldボガが大袈裟に感じるが、気にせずに撃つ。




ppge558vy97hodh8acmm_920_673-c485999d.jpg

捕った!
皆さんはエッ?と思うかもしれない。
上宮がこのサイズで喜ぶ?と訝るかもしれない。

いや!嬉しい!
感動の一本だ。

川端君が捕らせたかった、その魚だ。
宮崎大淀川の山鱸。




9g5s8hpoyfrb86ifo2ee_920_716-8ae7aa09.jpg

喉の奥から鮎、エビ、蟹が溢れんばかりに飛び出す。
極めて雑食!
何たる逞しさか!
河口から何十キロも遡上してきたこの尊い野性に暫く二人で魅せられる。
魚を水に浸けながら手早く撮影を済ませる。
撮影は今釣行の目的のひとつ。
川端君の撮影欲を満たしてもらう。



リリース。

本当に貴重な魚を釣る事が出来た喜びはもちろんだが川端君の「この魚を見せたい!」と言う思いに応えられた喜びも計り知れなく大きい。


きっと彼等山鱸フリークはこの魚よりも更に上流の魚をこれからも追い掛けるんだろう。
それが捕れたらまた更に上に…
それが可能なこの素晴らしいフィールドに羨望の感情を抱いた。

驚き、喜び、感動、羨望…様々な感情に溢れた遠征になったが、今後の釣りに生かせる教訓も獲た。

『一投に魂を籠める』

ルアーマンなら誰だって当たり前と思うだろう。
でも、実を言うとおれ自身はひょっとしたら忘れかけていた事かもしれないと思った。
日々限界を超えようと研鑽を積む一人の釣り師の思いと、一本のミノーに籠められた創り手の魂と、険しい自然の中本能に従い健気に生きる生命に触れて、尚更その当たり前の大切さを痛感した釣行となった。


8ysir7itvo8bj3uws9er_920_690-d560aaa4.jpg








『当たり前』は本当はもっと深いんだ



8y5wx8kdv85g5wd7yvtg_920_694-509e2083.jpg




宮崎 超上流山鱸
おしまい





Android携帯からの投稿

コメントを見る



【fimo釣りログアプリ iPhone用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ

【fimo釣りログアプリ android用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ


【フィールドレポーター】全国各地の釣りの状況をお届け!