ソルトでのトップウォーター

  • カテゴリー:釣り具インプレ
ソルトではトップウォーターはなかなか使用頻度の少ないルアーかと思います。
理由は、水面が荒れると動かしにくい、当然フローティングのため飛距離が出しにくいなどなど・・・色々だと思いますが、トップウォーターにしかないメリットもあります。
まずはルアーのボディ半分しか水中に入っておらず、ラインも全てが水面もしくは空中にあります。当然、魚はルアーを見切る要素が少なくなります。
もう一つは魚が必ずルアーを見上げなければいけないということ。ス面付近は光が反射しやすく、より魚はルアーなどの存在に気付きにくくなります。
使用状況は限られるものの、トップウォーターにしかない機能を備えているルアーだと思います。

そこでnada.では今夏にかけて2タイプのトップウォーターをラインナップ予定です。まだ数種類しか製品のないnada.ですが、それくらいトップウォーターは必要なルアーです。

まず一つ目は様々なターゲット、状況、タックル、ロケーションで使うことのできるペンシルタイプ。スポットで丁寧に動かすこともできるし、大遠投で広く探ることもできる、一つタックルボックスに忍ばせておけば、水面でルアーを使いたいと思った時に迷わず選択できるオールマイティなルアーに仕上げています。

二つ目はターゲットをチヌ(キビレ、クロダイ)に絞り、今までのどのトップウォーターよりも最も簡単にチヌを誘い出すことのできるスイッシャー。

題名の通り、なかなかバイブレーションやミノーに比べ細分化されていないソルトでのトップウォーターだからこそベーシックに、オールマイティに仕上げています。
10個も、20個もボックスに入れて持ち歩くルアーではないからこそ、nada.から提案したいルアーです。



aijza273tpexyza73h5z_480_480-a029ce81.jpg

コメントを見る



【Good game】 全国のfimoアングラーから届く釣りログの中から釣り人に役に立つ釣行記として作成されている釣りログをお届けします!

【釣具新製品情報】 各社から発売されている注目の釣具をご紹介
 
fimoが運営するニコニコチャンネル【fimo釣りチャンネル】 生放送釣り番組を観るならfimo釣りチャンネルコミュニティ

【フィールドレポーター】全国各地の釣りの状況をお届け!


【fimo釣りログアプリ iPhone用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ

【fimo釣りログアプリ android用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ