魚を騙すためのスピード

  • カテゴリー:釣行記
日に日に暑くなってきました。さすがに天気の悪い日以外は半袖で十分な気温です。
私の住んでいる中部圏(浜松)は暑くなればなるほどクロダイ、キビレの活性は高くなります。25℃を超えたあたりでシーバスの活性は一時停滞する傾向が強いですが、タイ系は水温が上がれば上がるほど元気になっていく印象です。湖奥や河川のシャローで水温30℃は彼らにとって絶好調なんじゃないかと思うくらい活性が高いです。

そんな状況ではもちろん前回お話ししたようなトップウォーターゲームがはまりやすくなりますが、必ずしもそんな状況ばかりでもありません。

そういった水面に出きらないクロダイ、キビレはミノーやバイブレーション、ジグヘッドなど様々な方法で攻略可能なのですが、特に高水温期にはある程度ルアーにスピードを持たせることで反応が増えることが非常に多く感じます。


zmju84x37tdin6z7j2tb_480_480-359a3779.jpg

ダートするようなソフトベイトを用いたロッドワークによる瞬発的な動きのリアクションも非常に効果的ですが、私の中で一番多用するのが14g以下くらいの小型メタルバイブによるリアクション。
ファーストリトリーブによるリアクションや、リフト&フォールによるリアクションです。
鉄板バイブレーション=シーバスというイメージは非常に強いのですが、是非こんな使い方も試してみてください。


 

コメントを見る



【fimo釣りログアプリ iPhone用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ

【fimo釣りログアプリ android用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ


【フィールドレポーター】全国各地の釣りの状況をお届け!