プロフィール

石川克明

神奈川県

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2019/2 >>

1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

検索

:

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:28
  • 昨日のアクセス:91
  • 総アクセス数:956440

QRコード

ATOLL

WITH

釣り助・オンラインショップ

山本釣船店

いよいよブレーディング開幕


2週間ぶりのホーム(土曜のK沖)。

ここにもたまに出向いてはいたが、なんせキャストの方は壊滅状態がやばいくらい続き、自己初の沖堤連続ホゲを叩くほどだった。

毎年、落ちの個体が入り始めるまではこうして沖の魚が薄くなる時期はあるが、今年は如何せん酷すぎた。

日の出前のテクトロならミノーでイージーに出てはいたが、それだけではどうもモチベが上がらなかった。

テクトロがメインになる釣りというのは個人的には避けたいし、壊滅前提で、少しでも条件の良い時に行こうとすればするほど、こんな状態の時というのは結果として足が遠のいてしまうものだ。

ただ、川に遡上した魚は必ず深場に落ちるので、この状況が終わるのも時間の問題と言える。



frknw6c4vn58xkaeh7n2_480_360-198410b4.jpg



この日は、フィールドに到着するとまずはX-80マグナムのテクトロから。

「80でダメならしょうがない」そんな気にすらさせてくれるここでも定番化しているミノーだ。

何だかんだ言いながらテクトロやりますから(笑)

メインとして立ち回りたくはないが、釣果底上げのためのサブならOK。

メインとサブ、微妙なメンタリティの違いなんだよね。

しかし沈黙のまま日の出を迎えた。

太陽が水平線から顔を出しきったタイミングでシャクラに交換。

マズメ時間の先発は言わずもがな、マットチャート。

鬼ジャークのS村さんがこればかり使っていると聞いたが、確かに自分の実釣からも膨張色系最強の集魚力と思っている。

暗い中でも見えるため、リトリーブしている時にルアーとの距離感が掴みやすくとても扱い易い。

発光力では体感的にパールより↑かな。

その一投目から反応があった。

沖目で一瞬摘んで離すショートバイト気味の魚信だったが、居るね。確かに。

魚信があるのに乗らない。

こんな時の答えはシャクラが持っている。

魚信のあった距離で再び、ビシィィィ!!と気持ちのよいくらいのカウンターヒットが入った。



i3934r9s3iaed8v8swey_480_360-fba8b239.jpgyiomszfwp39956umumja_480_360-4d81113c.jpg



まずは50強。

マットチャート&ゴールドブレードのマズメ最強コンビ。

シビアな場所に1本のフッキングだが、えげつない場所を貫通している。

これなら50m先のヒットでも絶対にばれるはずがない。





立て続けに、2本目も同じパターンで入った。



najyhvuhwcgrumjra5hj_480_360-b9298e65.jpg9v8vxyh93egz6pu4ewf8_480_360-988d6ba4.jpg



少しサイズアップして60。

正真正銘のスポーニングの個体だ。

今度はドンズバのタイミングでだったであろう絵。口に中でダブルフックがしっかり効いている。

これもばれるはずがない掛かり方。





そうこうしているうちに手前のブレイクにも魚が入り出したが、更にバイトは浅かった。

やっぱまだ渋めの反応なんだなあ。

魚がヒットするときはブレードを沈めてからピックアップする際に根がかりでもするようなバイトの出方。

時々魚はルアーを追うけど反転するかブレードだけを口で突く、そんな反応がつづく。

まただ・・。

着底後にピックアップしようとロッドを立てると、バイトがないまま重量感だけが伝わってくる。

今度のは首の振り幅がデカイ。

・・がロッドで溜めている時に不運にも口切れ(汗)

デカイ個体も入っているようだが、バイトが浅くキャッチするまでには至らない。

それでも何とか追加したのは同じく60。



scdsuacft8pohhzmuajc_480_360-069697f8.jpg684tf99etkg6pfxuodg6_480_360-16086b0d.jpg



フッキングした場所がまたシビアで、今日の釣りを物語っている(汗)

おそらくこいつは、ブレードだけ突いたつもりが稲妻ジャークに唇だけ持ってかれた系。





終盤になり、先端付近へ行くとソル友「岸壁ジギンガー」さんが気持ち良さそうに魚とファイト中。

ベイトが入っていたので魚の存在は感じていたが、どうやら早朝の岸ジギは渋かったらしい。

しかしこうした良いタイミングを逃さないところは流石。

ジギンガーさん曰く、「やっぱ巻き上げですね」とのこと。

ヒントをもらったので、最後の30分は何となくタラッサを落として帰ろうかなと。

水をしっかり噛ませながらミディアムリトリーブで巻き上げてくると、

「ドン!!!」

こういう明確なバイトがほしかった(汗)



z7p53cvpuigcycieohep_480_360-e019a696.jpgguirn64ycgdcww9cfe62_480_360-1bb45b76.jpg



最後に、ランディング時のパワー&見た目より思いのほか小さかった58cmをキャッチ。

横に縮めて縦に拡がったような鬼体高(笑)





キャッチした魚に共通していたのは「白いの」を出したこと。

お待ちかねの落ちの個体が入り出し、キャストはブレードのパターンが填り出した印象。

ここでのシャクラは徐々に定着しているらしく、有り難いことに、「22gの発売待ってます」など、フィールドで他のアングラーから声をかけていただく機会が増えてきた。

ブレードのジャーキングに関しては、ロッドから厳選したり、作った張本人よりかなり“うまい人”も見かけるようになってきた。

S村さんとか。

嬉しいやら悲しいやら、いや嬉しい。

立場ないですわ(笑)




 
【 TACKLE DATA 】

<キャスト>
ロッド:DAIWA morethan AGS 85MLM
リール:DAIWA morethan BRANZINO 2508SH-LBD
ライン:YGKよつあみ G-soul X8 UPGRADE 1号(22LB) 150m
リーダ:VARIVAS SEABASS SHOCK LEADER PREMIUM FLUORO CARBON 6号22LB
ルアー1:
ATOLL「JJシャクラ」 30g(マットチャート)
ルアー2:ATOLL「JJシャクラ」 30g(れもんいろ)

<岸ジギ>
ロッド:APIA Foojin‘R WALLMAGIC B70ML
リール:SHIMANO ALDEBARAN Mg 
ライン:FAMELL FLUORO BLAST 150m 12LB
ルアー1:ATOLL Gjタラッサ 30g(RH)

 

コメントを見る



【fimo釣りログアプリ iPhone用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ

【fimo釣りログアプリ android用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ


【フィールドレポーター】全国各地の釣りの状況をお届け!