プロフィール

加藤義朗@食べる!

東京都

プロフィール詳細

saltwater anglers minimumhorizon オレノスタイル Fisherman's cafe

カレンダー

<< 2020/5 >>

1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:12
  • 昨日のアクセス:113
  • 総アクセス数:230382

アーカイブ

検索

:

連載第2回 『雷鳴~長い長いトンネルの出口で見えたもの~』

  • カテゴリー:日記/一般
  • (小説)
第一章 恵美

ボクは、コーヒーの淹れ方ひとつとっても背伸びしたところがあるように、大人びた雰囲気のあるレストランやバーをいくつも知っていて、今まで色んな女の子とそういう店で食事を共にしていた。多くの女の子は、こうしたムードが好きらしく、食事の後にラブホテルに誘うのは造作もないことだった。
ボクは、そういうレストランに恵美を誘わなかった。普通の大学生が背伸びをしない範囲の店を選んだ。例えば、一品千円程度のスパゲティ店などだ。時にはファミレスを使うこともあった。ボクは、恵美と寝ることなど考えてもいなかったのだ。
食事を重ねるたび、恵美は次第に打ち解けてきて、会話の量も増えてきた。大人しすぎるという第一印象が嘘のように快活になってきた。
「私、高校からずっと女子校でしょ。男の子とは縁がなかったから、誰とも付き合ったことがないの」
ヴァージンだと言っているようなものだ。恵美は、こんなことまで打ち明けるようになっていた。
一方ボクは、なぜ特定の女性と付き合うことを避けてきたのかを、恵美に素直に話した。
「特定の女性と付き合うと、自分の生活が縛られるというか、自由度が制限されると思っているんだ。自分のやりたいことを、やりたいときに、やりたいというか。だから、君だから付き合わないとかそういうことではないんだよ」
恵美は、わずかに眉間に皺を寄せた。
「いいの。それでも構わないよ。こうして一緒に食事するだけでもとても楽しいから」
健気にボクのことを想ってくれる恵美の態度に、ボクの心は少しずつ動き始めた。
 

五度目の夕食のこと。ボクは、恵美と食事に行くようになってから、一度も他の女の子と食事にすら行ってないことを伝えた。恵美はにっこりと微笑んだ。
その日、ボクは、スヌーピーの携帯電話のストラップを恵美にプレゼントした。ボクは、ほんの些細な物でいいから、恵美に対するボクの好意を形で表現したかった。今どきの女の子には珍しく、恵美の携帯電話には何も付けられていなかった。そこで思いついたのがストラップというわけだ。
「どうしてスヌーピーが好きだって分かったの?」
「前に、スヌーピーのハンカチタオルを持っているのを見たことがあったんだよ」
「よく見てるね。ありがとう。子供っぽくてちょっと恥ずかしいけど、嬉しい。でも、私は何も用意していなくて…ごめんなさい」
「ボクがそうしたいだけなんだ。気にする必要はないよ」
恵美は早速ストラップを付けてくれ、顔をほころばせた。その後、恵美は、携帯電話の機種を変えても、そのストラップを外すことはなかった。
夕食の後、店を出てから、ボクは勇気を出して、そうっと恵美に口づけをした。恵美は少し顎を引いてためらったが、拒むことなく、少し震えながら、目を閉じて応じてくれた。重ねた唇を離した後、恵美は恥ずかしそうに顔を赤らめたが、駅までの帰り道、手を繋いできた。こんなに積極的な恵美は初めてだった。この日を境に、恵美はボクのことを苗字ではなく「勇輝」と呼ぶようになった。

第一章 4に続く

コメントを見る

登録ライター

用語説明ページへ

ブルーアンタレス -BLUE ANTAR…
1 日前
柳竿 シンゴさん

お気に入りのロッド!
2 日前
渡邉 雄太さん

飛ばないルアーは飛ばせなくて…
2 日前
ケンスケさん

癒やしのナマズ
3 日前
タケさん

誤爆反転対策・蛇足編
6 日前
rattleheadさん

初フィールドの玩具箱 〜トッ…
8 日前
平田孝仁さん

一覧へ



【fimo釣りログアプリ iPhone用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ

【fimo釣りログアプリ android用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ


【フィールドレポーター】全国各地の釣りの状況をお届け!