プロフィール

TBGトモ

兵庫県

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2022/8 >>

1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

検索

:

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:0
  • 昨日のアクセス:3
  • 総アクセス数:28443

QRコード

ドジャブリエギング釣行。

どうも、トモです。

社会人1年目ということで荒波に揉まれながらの生活にも少しずつ余裕ができはじめた今日この頃。

3歳からしている釣りへと、ようやく行ける暇ができはじめた。暇というより時間を作れるようになったと言った方が正しいのかもしれない。

さて、今回は地元兵庫県にある小さな島へお邪魔し、エギングを堪能してきた。

高校3年生の時からこの時期になると、休日がやってくる度にお小遣いを叩いてよく訪れた島だったが1年そこらで風景も変わることなく、いつも通りの雰囲気を醸し出す夜の島に懐かさを感じポイントへエントリー。

だが、この日は生憎の雨でずぶ濡れになりながらの釣行となった。

DAIWAのEMERALDAS 83MLを片手にランガンを開始。

最初にエントリーしたのは地元の漁師さんから教えてもらったドシャローサーフ。

なんでも、ここでは良型のアオリがよく上がっているそうだったのだが、イカの気配すらも感じなかったので湾内へ移動。

湾内ではイワシやアジの群れが湧いており、それをシーバス達が追いかけ回しているのを確認。

新子ということもあり、湾内で投げるエギの号数は例年通り2.5号からスタートする。

すると、イカパンチやイカがエギに着いてくるのを確認し同じ場所でネチネチ粘ってみることに。

僅かながらにできる流れを利用しエギを流しながらシャクり倒した結果、久しぶりに味わうイカ特有の重みと引きが竿を伝って手元にやってきた。

バラさないように丁寧にファイトし、浮いてきたのはコロッケサイ

アオリイカの顔を拝め、少し満足するがサイズと数を出したいという欲に狩られ再びキャスト。

同じくして、再びHITするが浮いてくるのはリリースサイズばかり。

思い切ってエギの号数を3号へサイズアップする。

今度は少し駆け上がりになっており、尚且つ明暗が効いている場所へエギを投入。

エギを底まで沈めドラグを緩めに設定し、駆け上がりを徹底的攻めてみる。

すると、強引にエギが持っていかれたので即合わせた。

ドラグを緩めに設定していた為、糸がギュンギュン出て行くので締め直して慌てずファイトする。

ようやく浮いてきたのはトンカツサイズのアオリイカ。

uxh592pk74waxjiizv3g_360_480-1a272e09.jpg

ようやくキープサイズを釣り上げ満足。

こんな感じで13杯のキープサイズをキャッチ。

osju9tmovwre533jyi9v_480_360-287f6e3d.jpg

満足のいく釣行となった。

このアオリイカ達は毎年恒例のスルメへとなり、美味しく頂いた。

u4t4r7tmruttc4imkvrs_360_480-6a04938f.jpg

以上。


~タックル~

ロッド:EMERALDAS 83ML

リール:LUVIAS 2508PE-H

ライン:super fire line 0.8

ルアー:Egi Bomber2.5号・3


コメントを見る