プロフィール

お菊

福岡県

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2024/3 >>

1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

検索

:

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:1
  • 昨日のアクセス:0
  • 総アクセス数:156276

QRコード

How To Ajing

最近アジングにハマッてます

日記には書いてませんが、ここ一ヶ月はそれこそ雨さえ降っていなければ毎晩のように出掛けていました。

その中でタックルについて自分なりに分かってきたことを書いてみます。


『専用タックル(硬い竿に極細フロロorホンテロン)は釣り方さえ間違えなければ、協力な武器になる!』


まぁ専用タックルなんだから当然っちゃ当然なんですけどね(笑)

アジングを始めた当初、専用タックルの釣り方を見せてもらった時には頭の中が?マークだらけでした。しかし、いざ自分でアジングをやってみると、その有用性がよく解りました。

具体的に言うと雑誌などにも書かれていますが、専用タックルで掛け合わせをしっかりやっていればアジの上顎にガッチリ掛ける事が出来、バラシを激減させることが出来るということです。

特に顕著に差が出るのが、フォール中の掛け合わせです。

フォール中の掛け合わせをする為にはラインに張りを持たせなければなりません。

これが専用タックル以外ではなかなか難しいんですな

アタリを取るためにテンションを張り過ぎるとフォールにしか反応しないアジに口を使わせることが出来ませんし、逆に緩めすぎるとアタリが分からない。
ラインもPEを使っていては、ジグヘッドの重さにもよりますが少しでも風があったらほぼアウト。食い上げられるとまず分かりません。

その点専用タックルは慣れれば他の追随を許さないほどに感度が上がります。

これにより掛け合わせをより効果的に行うことが出来る…と。

つまり、専用タックルはどっちかって言うとフォールに特化した釣りに向いているのではなかろうかと。

リトリーブメインの釣りならそれ程差は出ませんが、フォールの釣りをするならやはり専用タックル!ってとこですかね。



…とまぁ偉そうに語ってみました(笑)

実際まだアジングを本格的に始めたのはここ最近なんで、まだまだ勉強することがたくさんあります。

幸いなことに師匠にも恵まれてますので、ちゃっかり釣り方を覚えさせてもらいますよ~と(笑)

何にせよやっぱり釣りは楽しいですな!

※画像は今日釣った20アップのアジです。昨日まで豆アジ天国だったのに、一日で群れがまるっきり代わっててビックリしました。


コメントを見る

お菊さんのあわせて読みたい関連釣りログ