プロフィール

中島 康晴

佐賀県

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2021/1 >>

1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

検索

:

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:4
  • 昨日のアクセス:21
  • 総アクセス数:54854

QRコード

里帰りw(南の聖地遠征アカメ)前編





皆さまお疲れさまですm(_ _)m
そしてお久しぶりですどーも店長ですm(_ _)mゴメンチャイ





InstagramとFacebookばかりやってましたm(_ _)mゴメンチャイ




この時期毎年恒例の里帰りw(南の聖地遠征)から帰ってきたので久しぶりにログを書こう…イヤ、書きたくなったのでお付き合い下さいm(_ _)m(笑)





今年は事前情報で『ヤツ』が当たっていると聞いていたのであわよくば久しぶりに拝みたい…と思い帰肝(笑)





期待の朝マヅメは不発( ゚д゚)ポカーン
魚っけがない( ゚д゚)ポカーン
コノシロも居ない( ゚д゚)ポカーン







o53apzuv4t8z2h7tffi5_480_480-4992c9e8.jpg
DUEL HEAVYSHOT105
 




かろうじて釣れたこの子はあきらかに交通事故感が強い(*_*;






朝マヅメ終わるまで投げ続けるもバイトすら得られない…







そう!この時点で完全に(イヤ、80%くらいw)鱸が頭から消えた。






ここから夜の本番アタックの為の調査を開始…ちょっと浸水しながら(笑)河口出口の砂州へ渡る…






tn2hendywno9z2ziei67-5e101091.jpg
(なんとも心地良い♪)





流れの感じと夜の攻め所の候補を絞る為だ。
この時期の夜は当然地元アングラーが入ってくる。入りたいポイントに立てなければアチコチフラフラと無駄な時間を過ごすハメになるので自分の中で夜中に良いと思われるポイントをランク付けしておく必要がある。






狙いは鱸じゃないのでベイトも含めどんどん探りを入れていくと…





74bohj2vjc7nenze3kcm_480_480-45e7659f.jpg
コリャ失礼(*/∀\*)







Nextスピンでの早めのサーチにガツガツとしたバイト…中々フッキングに至らないてことは…
ルアーをチェンジしてリフト&フォールでバイトの間を作ってやれば…





cj934xbgagwsw74tv59p_480_480-9d5c4dff.jpg
BROVIS TINYDROP






良いチヌですね~♪しかも溜まってる…てことはおそらくここが…( ̄ー  ̄)ニヤリ








深夜のプランを練り上げ休憩がてら別河川へ行き満足なヒラスズキをキャッチするKY後輩…






kacc8jcateke28d5sbns_480_480-c2f46895.jpg







相変わらずKYなヤツだ( ; ゚Д゚)笑








そんなこんなで本番アタック開始!






予定通りの潮位で入水、沖の砂州へ渡ると確認出来る範囲で対岸も含め7名のアングラー…本命としたポイントは空いている…あとは信じて投げ続けるのみ…
足元には無数の山太郎蟹…
『ヤツ』が入ってくるなら絶対にココに入ってくるハズ…(弩級鱸も(笑)冒頭残りの20%(笑))






ベイトには昼間に確認したチヌ&キビレ&夜になって無数に確認出来る抱卵の山太郎蟹を意識してるはずだ。






1番ベイト反応が濃い所を通過するようにバイブでボトムを流したり巻いたり…コースを変えても『ソコ』を通るように…
それだけ『ソコ』に期待と自信があった。
広大な河口のシャローエリアに唯一と言っても良いほどのはっきりと手に感じ取れる変化に加えてベイトの反応…
昼間に鱸の反応を得られなかった事が逆に『ヤツ』のみを狙うことに集中出来たのかもしれない…






気付けばアングラーは自分たちだけになっていた…






その時を信じて投げ続ける…







そうして川の流れが緩んでいった時だった…







自分が狙っていたのは本流筋では無い為、明らかに流れが変わり、そして上げが入る…と同時にコノシロがチラホラと見え始めた!!






あまりにも狙い通りだ!コレを待っていたんだ!もしかしたら今夜のオレは持ってる?( ☆∀☆)笑






なんて思いながら強くなった向かい風に樹脂性のフィンテールバイブから鉄板系のTINYDROPへとチェンジして投げる…
ボトムで砂塵を巻い上げながらゆっくりゆっくりと巻いてくる…






そして…




ガツ…ガツ…と小さなバイト…




そして感触の違うコツっと小さなバイト…




瞬時にフッキングを入れた刹那…




ズンッ!!と、とてつもない重さにVENDAVALがバットまで入りRYOGAのドラグが唸り出す!!!





ドバン!とパン!を混ぜた様な何とも擬音化しづらいエラ洗いの音!






ロッド&ラインのテンションが抜ける様な強烈なストロークのエラ洗いに背筋がざわつく…







『ヤツ』が…ついに…来たんだ!






コメントを見る

登録ライター

用語説明ページへ

干潟アフター
3 時間前
タケさん

固い水とスナップ
1 日前
有頂天@さん

ロッド自作の反省点
1 日前
rattleheadさん

色落ちしたキャップを染めてみた
3 日前
ワカメマニアさん

スキッドスライダー95Sってど…
4 日前
登石 直路(nao)さん

グランデージc80h インプレ
4 日前
ひびき さん

釣りの本質の話
7 日前
西村さん

新年のご挨拶と去年のラスト釣果
7 日前
渡邉 雄太さん

一覧へ