プロフィール

シノビー

秋田県

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2020/2 >>

1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

検索

:

タグ

タグは未登録です。

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:1
  • 昨日のアクセス:192
  • 総アクセス数:473134

QRコード

5xjyxxwdjaom348y3chd_180_240-abfda3be.gif banner_w10.jpg

DUEL X-ワイヤー4

  • カテゴリー:釣り具インプレ
「Xーワイヤー4、Xーワイヤー8 モニターキャンペーン」
で、幸運にも選ばれました。

やっと、リールにラインを巻く事が出来ましたので、ファーストインプレッション。

今回は、「Xーワイヤー4」について。
 

「史上最強 超耐摩耗 ウルトラPE誕生」

と言ううたい文句でした。

私の勝手なイメージですが、「4本編みは、バッキバキで硬い」「糸鳴りがひどい」というマイナス要素が多く、シーバスではあまり使用しておりませんでした。

シーバスは、巻きの釣りだと思っている方が大半だとは思いますが、私はアップクロスの釣りが多い事と、ラインスラッグを多めに出し流す釣りなど、「ラインスラッグ」が出る釣り方をしており、4本編みのような硬過ぎるラインは、トラブルの原因となります。

また、巻きの釣りをするにしても、糸鳴りがうるさく、感度が失われる感じがして使っておりませんでした。

しかし、このライン、「特殊コーティング」ということで、今までのイメージを払拭出来るのでは?
と考え、このX-ワイヤー4をシーバスに投入する事にしました。

 
早速、13ステラSW 4000XGにこのラインを巻いて行きます。

 
 
 選択した太さは、「1.5号」。
カラーは「イエロー」。

ケースから出し触ってみると、ビックリしました。

今までの私がイメージしていた4本編みとは違う滑らかさ。
ツルツル感が、非常に良くとても好印象でした。

そして、リールにラインを巻いて行く時にまた驚きました。
ガイドによる糸鳴りが少ない。

これには驚きました。
正直、ここに関しては使う前から諦めていた部分でもありました。
しかし、良い意味で裏切ってくれました。
 

そして最後にノットを組みます。
このラインは、今までの私のイメージの4本編みより柔らかく、「適度なハリ」という言葉が合うラインだと感じていましたので、ノットもキッチリ組めそうだと感じておりましたが、予想通り。

キッチリ編み込みも密に巻く事が出来、綺麗にノットを組む事が出来ました。


さて、このラインを巻き、狙うのは「ビッグベイトシーバス」&「磯鱸」。

どちらも、高負荷を掛ける釣りの為、このラインをテストするには打って付けの状況だと思います。

今後の釣りに何所まで耐えられるか、今から楽しみです。
 

コメントを見る

登録ライター

用語説明ページへ

以心伝心なSTVTD
15 時間前
rattleheadさん

夜釣りで灯りを照らすと釣れな…
22 時間前
ケンスケさん

行ってきました!フィッシング…
22 時間前
ねこヒゲさん

魚を釣ることだけじゃない僕の…
1 日前
平田孝仁さん

ぶらり途中下車の横浜シーバス
1 日前
登石 直路(nao)さん

コーヒーの話をしよう。
12 日前
シノビーさん

挨拶から始める釣り
20 日前
カサゴスレイヤーさん

一覧へ



【fimo釣りログアプリ iPhone用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ

【fimo釣りログアプリ android用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ


【フィールドレポーター】全国各地の釣りの状況をお届け!