プロフィール

ピュアフィッシング

東京都

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2020/4 >>

1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

検索

:

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:27
  • 昨日のアクセス:835
  • 総アクセス数:1810418

QRコード

巻心地が進化!Revo MGX THETA

こんにちは、北海道のフィールドスタッフの武部です。
 
今シーズンの積丹は暖冬で積雪の少ない北海道ですが海の様子も今年は少し変です。
カレイの産卵期がとても早く、ホッケも安定して釣れていますが毎年3月中旬前後の釣果が1月から出ているので暖冬の影響でしょうか。
 
今回は札幌近郊の漁港を昼過ぎからランガンです。新しいリール『Revo MGX THETA』を慣らすため、港内のフラットエリアをジグヘッドのスイミングで釣り歩くも反応なし。ビフテキシンカーのテキサスリグで丁寧にボトムを探っても魚からの反応はありませんでした。
毎年雪解け水が入った晴れた日はアイナメの活性が上がって釣れるイメージでしたが、今回はどの漁港も大量排雪で港内に雪の塊が浮くほどの量が捨てられており、水温が上がりきらなかったのではと思います。冬定番のゴロタ石が積まれているエリアやケーソンの穴の中を攻めるとようやく魚に出会えました。
 aepx7kjoycjizntj83oe_480_480-04c0ec82.jpg
 
ガルプパワーホッグ3インチ 自作カラー
 
ベイトタックルで捨て石の周りを丁寧に探って釣れたクロソイの魚体はとても冷たかったので港内の中は冬だと感じました。
 
冬に魚のストックがあるケーソンエリアに移動してスピニングタックルで攻めているとようやくアイナメゲット。
e5ar6epdt67xrmtg27z7_480_480-33784377.jpg

5extw2ogj9fy87rvafcb_480_480-74664855.jpg
 
ガルプインチホッグ クリアレッド
この時期の40upは貴重です。
 
Revo MGX THETAは冬の港内のスイミングの釣りやケーソンブロック帯を攻める用に2500Sのノーマルギヤを使用しました。
巻心地が前機種より滑らかでしっとりという感覚でした。巻心地が良くなったということはリトリーブ中の魚の小さなバイトやチェイスなどの水流の変化も感じ取れるということです。
アブガルシアのスピニングの進化を感じることのできる一台です。今回はボトムやケーソンの穴の中を狙ったりと色々な場所で使いましたが私的には特にスイミングのような巻の釣りでオススメします。
 
 
タックルデータ
 
スピニングタックル
ロッド :  Rock Sweeper 692M
リール : Revo MGX θ(シータ) 2500S
ライン : バニッシュレボリューション5lb
 
ベイトタックル
ロッド : Eradicator Rock Sweeper 777H-ML
リール : Revo ALC IB7
ライン : バニッシュレボリューション12lb

 
 
 
 

コメントを見る

登録ライター



【fimo釣りログアプリ iPhone用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ

【fimo釣りログアプリ android用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ


【フィールドレポーター】全国各地の釣りの状況をお届け!