プロフィール

大森崇弘

和歌山県

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2017/8 >>

1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

検索

:

タグ

タグは未登録です。

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:17
  • 昨日のアクセス:376
  • 総アクセス数:901985

QRコード

日帰り遠征!

  • カテゴリー:釣行記
6月24日、念願のショア・ヒラマサを求めて、

島根遠征をしてきました。


ただ、泊り無しの日帰りプランなので、

かなりハードな日程です。

夜、和歌山を出発し、車で5~6時間。

そして、現地では、朝から夕方まで過ごし、

また、5~6時間掛けて、夜中に和歌山着の予定。

もちろん、この工程の中に、

数回の仮眠は含まれています。


遠征って?連休と予算が無いと無理!

そんな風に思っていたけれど、

今回、やってみて、頑張ったら行ける!って感想でした。

要は、やる気と行動力の問題でした。

ただ、こんなプランは、

私一人の力では到底叶いませんが、

タフな相方に恵まれた事に感謝する次第です。



さて、当日は、朝から、TOPオンリーの釣りを繰り返しました。

魚影の濃いエリアなので、

底物や真鯛などが、良い状況の様ですが、

限られた時間で、あれもコレも手を出すと、

どうしても釣れる釣りの占有時間が長くなり、

目的を忘れてしまいそうなので、

今回は、ヒラマサ1本勝負!

と自分に言い聞かせました。


とは言え、1本釣れたら満足な魚を

1日狙うとなると、それなりの苦労はあります。

どんな苦労か?といえば、我慢かな?


朝マズメから、ラピートF160や、ローデッドF180

を投げ倒すが、正直、かなり辛かった。


と言うのも、和歌山の様に、ウネリも無ければ、

明確な潮目や、潮波によるサラシも無い。

しかも、干満差15cm。

はっきり言って、池の様な海。

私の地元でいう撃沈パターンとなる状況でした。


でも、ココでしかできないことと思い、

ひたすらキャスト。


そんな苦労が報われたと思ったのが、8時。

何の前ぶれも無く、いきなりバシャ!と出た。


所が、そのまま足元に突進。

糸ふけを取る為、慌ててリールを巻くが、追いつかず。

足元に来て、ようやくテンションが掛かった!

と思ったら、抜けた!


次のヒットまでは、また、時間が空き、

結局、10時半。


沖でいきなりバシャ!と出て、引っ手繰る。

すかさず、フッキングを入れて、

ガチンコ勝負しようと、おりゃ~~とロッドを曲げたら、

抜けた!


午前中は、これだけ。

かなり、凹んでいます。

バラシは、しゃ~無いとして、

ヒラマサと勝負させてもらえてない所が悔しい。





昼からは、朝以上に気配の無い時間が続きました。

狙いどころが判らないから、尚更です。


昼からは、そよ風程度ではあるが、

風の当たる側を重点に攻めました。

そちらの方が、若干、波はあるし、

薄っすらと潮目もある。


すると、その潮目付近を攻めていた時に、

モワっと出た!

がヒットせず。

でも、ちょっとテンションが上がった!


そして、ひたすら投げ続ける事、1時間。


フルキャストしたラピートF160に、

ドッバ~~~ン!と出た。

テレビで見る迫力のバイトシーンが、

目の前で突然起こった!

すかさず、フッキングを入れると!

ドラグ設定がガチガチだった為、

前のめりになり、海に落ちそうになった!

が、何とか耐えれた!と思った瞬間から、

手前に向かって泳ぎだしてきたので、

ロッド高く掲げて、後ろに倒れそうになりながら、

ゴリゴリとリールを巻くも、追いつかず、

根に潜られて・・・・・・・ジ・エンド。


バイトシーンを目撃したので、

おそらく、推定で、メーター以上・10kg超えはあったんじゃないかな?

イメージトレーニングでは、力と力の戦いと思っていたが、

ショアのデカ政は、全く違った!

柔道で、でっかい体型の人が、いとも簡単にひっくり返る。

例えるならば、まさしくコレ!

上手にバランスを崩されて、力勝負する所まで至ってない。

運とかじゃない!レベル的な敗北でした。(泣)


だいぶ、凹んだよ。

食事をしたり、リーダーを組みなおしたり、

1時間位は、休憩したかな?


その後、復帰して頑張るも、再現性が感じ取れない。

気持ちが弱ってたら、ルアー釣りって成立しないよね。

だって、疑似餌なんだから。


このまま、ボーズで終わるのか?

いや!小さくても、どうしても1本釣りたい!


そんな想いは、夕方、ラピートF130を使うことで、

ようやく満たされました。(汗)

5667zi92h8rpxe4vb65p_480_480-5370d1c6.jpg

小さいと言っても、65cm位。

ちゃんとヒラマサらしい引きをしました。

そんなヤツを、意識的にハエ根の上に遊動出来たことにより、

キャッチできました。

サイズは、ともかく、最後に同じ失敗をしなかったことで、

私の精神は、安定へと導かれました。

そういう意味で、その価値は非常に大きく感じました。

y99em68m8ruatafvih99_480_480-a727280e.jpg

ラピートF130 7月上旬発売予定です。



お疲れ様でした。

また、機会を作って挑戦したいと思います。


b3bp9pc7oupttc7cebnt_480_480-63805f1c.jpg

タックルデータ

ショアスパルタン コースタル 100H
ショアスパルタン 106MH

ソルティガ ブラスト 4500
ソルティガZ 4000

剛戦ジギング8ブレイド 4号 3号

ナイロン 100LB

ラピートF130 F160
ローデッド F140 F180




 

コメントを見る



【Good game】 全国のfimoアングラーから届く釣りログの中から釣り人に役に立つ釣行記として作成されている釣りログをお届けします!

【釣具新製品情報】 各社から発売されている注目の釣具をご紹介
 
fimoが運営するニコニコチャンネル【fimo釣りチャンネル】 生放送釣り番組を観るならfimo釣りチャンネルコミュニティ

【フィールドレポーター】全国各地の釣りの状況をお届け!


【fimo釣りログアプリ iPhone用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ

【fimo釣りログアプリ android用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ