和歌山やっちゃろか連合 http://www.fimosw.com/ 釣果情報・シーバス、メバル、イカ、チヌ、青物、ヒラメ、マゴチ...ソルトアングラー支援サイト、日本最大のWEB釣り大会『凄腕』、釣り動画fimoTVなど(会員登録無料) 満月の大潮 エギング http://www.fimosw.com/u/omori/u8sgfpofwisvm2 2017-12-04T19:38:00+09:00 という訳で、
12月2日の晩は、南紀ナイトエギング。



当日は、風も少なく、波もなく凪ぎ。

これは最高の条件と思いきや……汗。

底潮が速すぎて、釣りがうまく成立せず。


エギ王Q3.5号でじっくりと底をとって
探っていたのだか、
最初の違和感をおもいっきりアワスと、
プツン!

今回の場所は、
あちこちで岩が顔を出すエリア。

カーブフォールでじっくりと待っていると、
どうしても、
PEラインが岩にこすってしまう。

でも、アタリが出るのは、
やっぱり岩の近くがいいので、
そこを狙う。

今度は、
エギ王K3.5号シャローで、
もう少し上層を!
と思ったが、

すーと持って行くアタリをアワスと、
またPE からの高切れ。汗。

これは腹立つ!

再び、エギ王Q3.5号に変えて、
キャストポイントを少しずつずらして行き、
岩にこすらないラインを探した。

で、やっと。



キロ級のアオリに一安心。

今回は、気配を感じながらも、
キャッチに至らなかったのが
悔しすぎる結果になりました。

翌朝は、気のいい二人組が乗る
エギング船に同船させて頂きました。

で、偶然ですが、朝イチの一発目に!





1.4kg!

エギ王TR3.5号 20gシンカー。

さらに、中型級も追加!

これは絶好調や。

と思ったら、時合い終了。汗。

そこから色々なポイントを
探っていただきましたが、
アオリの気配がなく、
タイムアップ。

やれるだけのことはやったと思うし、
船長もいつも以上に頑張ってくれた
と思うのですが、
考えてみれば、
大潮の典型的なパターンかもね。
朝イチ時合集中型。
実績どおりですね。(笑)

今回は、ちょっと疲れましたが、
充実したエギング釣行でした。

]]>
大森崇弘
また、南紀リレー釣行。 http://www.fimosw.com/u/omori/u8sgfpo96ao9z4 2017-11-15T18:50:00+09:00
たくさんあるよね。



今回もまた、そんな感じ。(笑)






13日の夕方、南紀に到着。

当日は、晴天無風のべた凪日和。



とりあえず、15時より青物狙い。



ラピートやポップクイーンといったTOP系から攻めるが、

鏡の様な海面。

何も無し。

しかし、16時半頃から、潮目らしきものが現れ、

さらに、遠くにベイトらしきザワツキも現れた。


が、やっぱり青物の気配は無い。


17時半!

あまりの気配の無さに、しびれを切らして、

エギ投入!


ん?という違和感を2回感じた後、

再度、同じところへ投入して、

大きく速く鋭いシャクリを数回したら!

ティップを引っ手繰るアタリ。



差し込む夕日でいい写真が撮れなかったが、

キロ行ったか?行ってないやろ~な~?

そんなグッドサイズ。


このあとも、手のひらぐらいのんを、もう1杯追加。



日没を迎えると、ほんとに気配が無くなった。

闇夜まわりのエギングは、これで終了。




次は、コンビニで食事を済ませたあと、

大きく移動をして、灯りの付いた漁港でアジング。




釣れる時は、最初から釣れるアジングも、

この日は、全く気配が無く、

ヘッドランプを照らしても、

その気配を目撃することは出来なかった。



だから、少しずつカウントダウンして行くと!


20カウントでアタリが出た。


その20カウントを集中攻め!




20あるなしの小鯵にしては、ええサイズ。



そこから、バタバタと、

と、言いたいが次のヒットまでは時間がかかった。



しかしながら、アタリの出る場所とレンジが判って来た。

そこに投げて、20カウント!

これが、今回の最大のヒットパターン。


これが判れば、コンスタントにアタリを出すことが出来た。



スレて来れば、ワームの色を変え、形を変え、

そうすることで、再びアタリが長続きする。



ポロポロ釣れるので、やめるタイミングが判らず、

正直、楽しくてやめられない。


結局、3時間、みっちりとアジングを楽しんでしまった。








少し仮眠した後、朝マズメは?



天気予報では、翌日も最高の天気だった。

べた凪は、青物はちょっと厳しいかな?

の判断で、エギングに決定。





次は、平磯のエギングのつもりで、

夜明け前より、ポイントに向かったのですが、・・・・・

波が乗り上げていて、近づけない。


もうしばらくすれば、潮位も下がってきて・・・・・

と思ったが、いっこうに治まらない。


そして、夜明け!

失敗した!

べた凪の予報でしたが、ウネリが入ってきて、

そのポイントでは、安全に釣りすることが出来ない。



朝マズメは失敗に終わったものの、波があるなら青物!




次は、上げ潮のタイミングを意識して、

車で1時間程かけて移動。


結局、8時頃より釣り開始。



いい感じの波具合だが、

1時間ほどしても、やっぱり気配が無い。


しかし、潮位が増すにつれて、

徐々にサラシも形成されてきた。

これは、ヒラがあるかも?


そんな意識を持っての釣りで!



ハマチ2本。



昼で本降りの雨となったので、これで終了。



何はともあれ、最後に釣れて、良かった良かった。(笑)


お疲れ様でした。





 ]]>
大森崇弘