和歌山やっちゃろか連合 http://www.fimosw.com/ 釣果情報・シーバス、メバル、イカ、チヌ、青物、ヒラメ、マゴチ...ソルトアングラー支援サイト、日本最大のWEB釣り大会『凄腕』、釣り動画fimoTVなど(会員登録無料) 猛暑対策な釣り! http://www.fimosw.com/u/omori/u8sgfposnrkdes 2017-08-15T10:24:00+09:00
私は?というと、

今年は、家族的な行事の予定を入れていないので、

まったりと過ごしています。

とは言うものの、

お盆的な行事があるので、

そこそこと忙しく過ごしています。

それにしても、連日の猛暑、ほんまに堪忍して欲しいです。


そんな訳?で、12日は、

家から15分くらいで付く和歌浦港から出船の

ジギング船のナイト便に乗船しました。


もちろん、突発的な予約で、

うまい具合に、渋滞対策と猛暑対策がとれたと思います。


出船して、ポイントに付いて、

釣り開始するのは、だいたい16時過ぎからですが、

夕マズメをセンターに挟む釣行時間なので、

短時間で次々とターゲットが変わっていく釣りとなります。

1回の釣りで、あれもこれもしたい私には、

好都合なプランだと思います。


まずは、タイラバからスタート。

ですが、風が強く、波も強く、潮流も速い状況。


なので、鯛乃玉80gを選択。

が、当日は、最悪な事に、中層でシマフグが高活性。

フォールが止まるし、

回収中のタイラバにもアタリが出る。


酷い時には、1回の巻き上げで、2回ヒット。

そして、針2本無くなりました。(笑)

結局、針4本奪われました。

しかしながら、中層を交わし、一旦、底取りが出来れば、

普通のタイラバ釣りが可能。


潮流が速く、ティップが沈み込む程に重たかったので、

ゆっくりを基本に、巻き続けました。

ゆっくりとは言え、

その間、波による船の上下をあるので、

出来るだけ、タイラバが一定速度で泳ぐように、

リーリングスピードを調整。

で、結果が実り、

2ヒット!

一つは、ちょっと大きかったので、

ドラグ調整をしかけたら、外れた。

もう一つは、速い潮流でなかなか浮いてこなかったけど、

親指ドラグを活用して、ぐいぐいと浮かせた。(笑)



これで、50ちょい切るくらいか?

潮流の速い時は、サイズが判らんもんやね。(笑)




夕マズメは、また、中層でアタリがあり、針が無くなった。

太刀魚か?

と思って、ジギングに切り替えたら、シマフグ。(汗)

でも、同船者の方は、太刀魚を釣ってました。




さて、これからが本番。

ナイトのイカメタルゲーム。

こちらは、中紀から南紀で、凄く盛り上がっています。

が、今回は、その上。

あまりやっていない未開拓の地。

だから、ポイント開拓と言うことになるけれど、

多分、何処にでも居てるイカだと思う。


で、結果は?

浅いとこ、深いとこと、テーマを決めて、

数か所を回りましたが、



何処のポイントも、存在を確認しました。

浅い所の方が、多いような気もしましたが、

灯りに小型太刀魚が回ってくると、

反応が無くなりますね。



まぁ~、そんな感じで、数は伸びなかったものの、

何処のポイントでもヒットしたということは、

調査結果としては、良好だったと思います。

あとは、テクニックを磨くだけですね。


お疲れ様でした。




タックルデータ


クロステージ CRJ-68HTR/S

KOHGA  ICS 103L

ドンペペACS 0.7号 300m (カラー予告システム)

剛戦Xリーダー 20LB

鯛乃玉 80g

イカメタル 37g + おっぱいスッテ



 ]]>
大森崇弘
夏のLSJ ‼ http://www.fimosw.com/u/omori/u8sgfpohd4iznn 2017-07-29T22:25:00+09:00
ずっとブログ更新を怠ってしまいましたが、

釣りに行ってなかった訳ではございません。

最近、Facebookを始めて、そちらの方では、

釣行毎に随時更新していましたが、

あれも、これも、となると、

面倒くさく・・・・・訂正

時間の余裕がなくなり、

後回し後回しとした結果、

ブログの方を放置してしまいました。

申し訳ない。


で、最近の近況報告ですが、

ライトショアジギングが面白くなってきました。

個人的に、五目系の釣りが好きで、

つまり、何が釣れるか?判らない釣りが好きで、

そういった欲求を叶えてくれる釣りが、

夏のライトショアジギングだと思います。


先週は、突然の豪雨で逃げるように撤退したものの、

ジギングでの尺アジ、ゲットン。



強気な姿勢でファイトして、

姿が見えた途端、ビビッて へっぴり腰になる

この精神的な駆け引き?が面白いですね。(笑)









そして、昨日は、夕方の時合を意識して行ってきました。



最近日没が遅いので、夕方4時くらいから行っても、

十分楽しめる時間があります。

この日は、風が強く、更に、激流で、

メタルフリッカー 60gでスタート。

ライトショアジギングの定義とは?何グラムまで?

みたいな疑問もありますが、

釣りの成立が優先と言うことで、60gを選択。

風が強い、流れが速い!となると、

テンションが掛かりにくいので、

ハイピッチなスタイル。

で、



腹ボテのツバス。

まだ食い気あるのか?もうええやろ?と思ってしまった。(汗)


そして、夕マズメ付近で、風が落ち着いて来たので、

ショアトリッカー45gにチェンジ。


すると、久しぶりの手応えあるアタリ。



今年は、まだ釣ってなかったので、

ちと嬉しい。味噌付けにすれば保存がきく魚。

毎年、1本は釣りたいね。


そして、太陽が沈むと!



夏の太刀魚は、ムラが多いけれど、

釣れたら、そこそこサイズなので、

個人的には、秋よりも夏の方が好きかな。

ジギングで狙う太刀魚は、PEラインが見える限度まで。

PEラインが見えなくなると、非常に効率が悪くなる。

だから、日没後は、マールアミーゴⅡ太刀魚SPが得策かな。



単発やったけれど、ええサイズのんが釣れました。

夏は、手軽に色々と釣れるのが良いね。(笑)



タックルデータ

KGエボリューション 962LSJ

セルテート3012H

剛戦ジギング8ブレイド 1.5号

剛戦XリーダーFC 35LB

メタルフリッカー 60g

ショアトリッカー 45g

マールアミーゴⅡ太刀魚SP 25g


 ]]>
大森崇弘