和歌山やっちゃろか連合 http://www.fimosw.com/ 釣果情報・シーバス、メバル、イカ、チヌ、青物、ヒラメ、マゴチ...ソルトアングラー支援サイト、日本最大のWEB釣り大会『凄腕』、釣り動画fimoTVなど(会員登録無料) ja 久しぶりの青物。 http://www.fimosw.com/u/omori/u8sgfpov9bbjoo 2018-06-28T18:30:00+09:00
6月は、非常に青物が厳しく、前半2週続けて撃沈でした。

だから、更新がおろそかになってしまいました。

すみません。

ちょうど、中紀で少ないながら、

ブリが回遊していると聞いたので、

PE3号タックルでそれなりに頑張ったけど、

唯一のアタリが、結構いい引きしたので、

私も頑張ったら?



サワラが、切れた!

口の一番硬い部分に掛かり、
ラインも全く傷ついてなかったのですが、・・・・・汗

私の釣りは、気持ちに左右される部分が大きく、

しばらく運気の逃げた状態でした。




そして、先週は、色々と忙しく、青物狙いはお休みしましたが、

今週は、やっと行ってきました。


何処に行くか?悩みましたが、

すこし波の出る状況だったので、久しぶりの南紀へ。


状況的には、朝一は大潮満潮。

青物狙いとはいえ、潮位が高いときに、波が高いと危ないので、

少し奥まった控えめポイントから。


いい感じのサラシが出ていたので、

まずは、スカッシュF125からキャスト。

何度か撃ち直している内に、ヒラセイゴがバシャと2回出た。

ただ、サイズが小さい為か、食い込みが浅く、

その上、青物ロッドなので、フッキングせず。


ちょっと潮が下げたタイミングで、

岬の先端ポイントへ移動。

南紀は、突然大きな波が出るので、

頭からザブ~ンと数回被った。危ないね。

でも、ヒラセイゴが一回出た。

釣れてないけれど、ヒラの気配濃厚な日ですね。

青物は、全く気配なし。

それに、ウネリがきつくて、立ち位置が確保しづらいし、
ペンシルの釣りがうまく行かない。

だから、ポイント移動。

次は、一か所だけ、良いサラシが出ていた。

もちろん、スカッシュF125をキャスト。

すると、いいサイズのヒラがついて来て、

足元でターン。くやしい(汗)

数投投げなおして、アタリ無しで、

そのポイントは、置いておくことに。

次に、ショボサラシが転々とある岸沿いを

平行に攻めてみると、ガコン!

ヒット~~~!

途中、根に入ったけど、ロッド曲げたまま耐えてたら、

出てきてくれた。(笑)



カメラが水没したためか?
何回も撮り直ししたが、・・・・・
諦めた。



今回、根に入るような状況だったので、

そこそこ強引にファイトしました。

ですが、fimoフックのHタイプは、伸びなかった。


ちょっと感動です。

まえに、fimoフックのノーマルで青物を掛けた時は、


伸びて、折れて、やったけど。



そして、しばらくして、

先程のサラシを、端から順番に探り、

波のタイミングと、サラシの流れと、トレースコースが、

なんとなく読めるようになった時!

バシャ! 出た!


磯ヒラって、難しいね。

そのポイントに居てるって判ってても、

うまい具合に、そのポイントに入らない。

何回も投げなおして、やっと入ったって感じ。

今回は、やり直しが多過ぎたので、「釣れた!」っぽい。



でも、内臓が脂に包まれた、ナイスコンディション。



で、昼過ぎに終了。

ちょうど雨風が激しくなって来たときなので、いいタイミングだったと思います。
とはいえ、すでに全身ボトボトですけど・・・・汗



タックルデータ

ショアスパルタン106MH
セルテートHD 4000H
剛戦X SW 8ブレイド 3号
剛戦Xリーダー 42LB
スカッシュF125









 ]]>
大森崇弘