プロフィール

てつ

神奈川県

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2024/3 >>

1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

検索

:

タグ

タグは未登録です。

ジャンル

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:5
  • 昨日のアクセス:7
  • 総アクセス数:1075

QRコード

対象魚

始めて1年、初ランカーとの対面。その2

  • ジャンル:日記/一般

そして、いよいよその日がやってきました。

11月下旬、苦手とする満月の大潮。
仕事が遅くなったこともあり、下げ5分からエントリー。
雲の流れは早いが、幸い釣り場ではあまり影響がない。
そして肝心の流れはしっかり効いている。

ベイトはイナっ子もしくは落鮎のはずだが、ボイルはともかく魚の生命感もない。流れが早すぎるせいもあるかと思うが、生命感がない不安と静寂な中でわずかな緊張感のようなものも感じて、ルアーいつものように上から探っていく。

表層、中層、ボトムそれぞれを違うアクションとカラーで同じ見え方にならないように探っていきます。ルアーを流しても、巻いたりしても魚は出ない。

それなら強い釣りをしようとブローウィンジャーク、トップなどを攻めるがやはり出て来ない。

魚、居ないのかも。そしてやっぱり満月は釣れないと満月のせいにし始める自分が居た。また捕れなかったかで帰るか?
そんなこんなで、川の流れが少し緩くなり、表層で生命感が出てきた。

これはチャンス!飛距離は必要ないので、流れが少し変わっているところにカゲロウ124のドチャートを流し込む。
満月はクリアーが良いと言われるので、極力クリアー系を中心に投げたが、気づいてもらえるようにあえてドチャートを選びました。

ゆっくりゆっくり、水の流れに乗せてゆっくり流していく。

ボンっ!!!ジーーッ!!
静寂な川の中で、水柱と共に激しいエラ洗いの連発とドラグの金属音で我に返る

おおおおおお!!きたーーーーー!!!
70以上は間違いない!!
極力エラ洗いをさせないように丁寧にファイトをする。
わがままに走り、激しい抵抗を続ける鱸。これはランカーだと確信するにはそんなに時間はかからなかった。
今年に入ってからランカークラスは2回かけている。1回目はラインを切られ、2回目はランディングでもたつき逃げられている。そんな嫌な記憶も微かに蘇る。
岸に近づくとまた沖に向かって逃げるが、鱸は体力の限界を迎え観念したように大きな魚体と共に陸に上がってきた。

弱らせたくないので、すぐ蘇生→フックを外す→蘇生→記念撮影→蘇生してリリース

リリース後に嬉しい気持ちがまたこみ上げる。
文句なしのランカー!!憧れの相模川でランカー!!
嬉しすぎて、次の日の仕事にまで身が入りませんでした。。。笑
また釣れるように、通っていきたいと思います!
5vmhgxce7s69i759pu8c_480_360-4879fb4a.jpg
そして初心者ながら思ったことが、
リーダーはナイロンの方がバレにくい気がします。
※釣ってる数は多くないので、あれですがナイロンリーダーでは70cm以上だけをキャッチしているが、一回もバラしていない。
フロロは小さめのサイズが多いからかもですが、結構バラしている。
腕のせいはもちろんありますが、少し気にしながらタックルを組みたいと思います。

コメントを見る