プロフィール

ちゃ〜り〜

石川県

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2020/10 >>

1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索

:

タグ

タグは未登録です。

カテゴリー

最新のコメント

コメントはありません。

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:0
  • 昨日のアクセス:0
  • 総アクセス数:3132

QRコード

対象魚

名作ルアーの強味

  • カテゴリー:釣行記
空気が変わりました、いよいよ秋。

こんばんわ、ちゃーりーです。


台風が過ぎてから急激に秋の様相。
とは言っても水中はまだまだ夏。

最近まとまった雨も降ったので、そろそろシーバス行ってみようかと思いホーム河川へ。

流れはホームにしては珍しく、サラサラーっと流れるような綺麗な流れ方。

時折明暗付近でベイトが追われ、ボフッと食い上げられている。

これは頂きでしょうと、表層から順に流していくけど無反応。。。

唯一反応があったのがブローウィンで、サイズはハネクラスが数匹釣れたのみ。

足下にもベイトらしきものが確認できたので、ポイントを潰す覚悟でライトを照らすと無数のエンピツサヨリ。


あー、これか。
難攻不落のサヨリパターンってやつは。


表層にいるシーバスはサヨリを意識してルアーに反応しない。

しかしベイトはサヨリだけではないはず。
と思い、普段からホームでお世話になっているローリングベイトのボトム跳ね上げパターンを試す。

すると反応が無かったのが嘘のように即座にヒット。

kni824zrkdhgyxy82ikx_361_480-7d35af74.jpg

そこまで長くは無いけど、コンディションはいい。

私が思うに、名作と言われるルアーはパターンを超えてヒットに持ち込む不思議な魔力が備わってるのだと思います。

つまりブローウィンも今後長くセールを継続していく名作になるような気がしてなりません。

迷った時は新作のルアーだけでは無く、時には昔ながらのルアーを使うのもタフコンディションを攻略する一つの方法になるかもしれません。



コメントを見る

登録ライター

用語説明ページへ

上からレンジを刻むヒラメ釣り 
3 時間前
ケンスケさん

遠くで根魚狙ってみた。オマケ…
1 日前
ワカメマニアさん

波動砲w
1 日前
rattleheadさん

自身のスズキ釣りにインパラが…
3 日前
平田孝仁さん

タックル選びの難しさと楽しさ
4 日前
有頂天@さん

D(ダシ)ー1 グランプリ(笑)
6 日前
西村さん

教えることの難しさ、伝える事…
9 日前
ねこヒゲさん

僕はイナっコに付いてるスズキ…
12 日前
こいのぼりさん

一覧へ