プロフィール

某ちゃん

広島県

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2022/8 >>

1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

検索

:

タグ

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:1
  • 昨日のアクセス:48
  • 総アクセス数:362592

QRコード

知られざるバイブレーションの特技

  • ジャンル:日記/一般
またあんまり期間があかないように、
釣行の記録を残しておきまする。


今年は雨が少なく、
減水中の釣り場が多い。

バックウォーターと言われるダム最上流エリアには水が無く、暫く川沿いを下り泥底のエリアまで歩いた。


ここまでくると地形変化は少なく、腰を据えてやるようなスポットがなく、バスの気分云々に関係なくサーチしながら巻きの釣りを開始。






久しぶりため、状況がわからないということで、
色んなものを持ってきていた。


巻き系では
弱いもの順に言えば
i字系プロップベイト
小型シャッド
羽根モノ
バズベイト
バイブレーション
S字系ビッグベイト
スイムベイト


水質クリアのバックウォーターを想定していたためスピナベ、チャター、クランクは外していた。


本来ならバイブレーションも外す事が多いのであるが、
何か予感がして2個だけ持っていた。
これが後にジョーカー的な役割を果たす事になった。



先発は元祖S字系ジョインテッドクロー
スローから中速巻き対応ができ、ピンでのジャーク、ステイも可能。
弱点としては、さすがに有名なルアーすぎてバスもよく知っている。



次にもう少しスピーディーにサーチしながらキャスト数が増やせるバズベイトに変更。
雰囲気は凄い良いのが「バズベイトあるある」。



でも、ダメ。



対岸が岩盤質のスポットがあってどうしても気になり飛距離MAX級の7インチセンコーをブッ飛ばす!
全ての瞬間でバイトを誘発するというのがセンコーの特徴。
着水・フォール・放置・ドリフト・トゥイッチ・ズル引き・表層エスケープ、、、、

放置で糸がスーーーーっと持っていかれた。
フッキングはスッポ抜けた。

その後もショートバイト数回のあとにやっと1匹つれた。
尺くらいのバス。











陽が高くなり暖かくなり、ギル、小バスの姿が見え始めた。



(ブルーギル)


(イラスト魚図鑑様より)



スポーニング後の回復途中の大型バスも遡上し始めた。

ここで初めてスピニングタックルに糸を通す。
ワームは白系のストレートワームの0.3gネコリグ。
完全に見釣り専用セコ釣りセット!
しかし、
ひねくれたバスに対して考えが浅すぎ、
無視の連続。






サイトにこだわらずスピード系で攻める事に。


ここでバイブレーションに変更。


朝の時間が終わり完全にまったりとしてしまった雰囲気を【破壊】するイメージで場を荒らす。



ギル、小バスの集団にルアーを直撃しパニック状態にさせデカバスにスイッチが入るのを期待する。












ハスはスピード系大好き。
高速リトリーブで3匹くらい釣れた。バスじゃ無くて、ハスが。


(ハス)


(イラスト魚図鑑様より)



いよいよ水の中はかなり慌ただしくなり、




そして、ついに



ガコっ!!



高速リトリーブが止められ、
今日イチの引き!!



上がってきたのは45UPのバス。

今までの無視やショートバイトがウソのような食い方。







同じパターンで35くらいのバスが3匹釣れた。
ハスではなく、バスが。






その間、時々デカブツがチェイスするのが見えた。



【泥底シャローを土ケムリ出しながら疾走するバイブレーション】に興味がありそうだった。



それを見ていたから、
見えバスにもフィネスタックルに持ち帰ることなくスピード系で勝負できることとなる ↓ ↓







突然!至近距離に2匹のバス、、、。



どちらも50はありそうだった。



わざと土ケムリを立てると1匹が反応。


近距離のため直ぐピックアップとなったが、
バスは留まり、周囲を気にしている様子、、、。


2投目でさらに土ケムリはもくもくになり、


"もう一体のデカブツ"が、
反応している方のバスと&土ケムリに【異変】を感じて接近して来た。


土ケムリを中心に2匹のデカバスが向き合っている。


ケムリは広がり周囲の視界は更に悪く、
「このタイミングで速いものを通せば、、、」
と思い、2匹の真ん中にバイブレーションを疾走させる!



ドンっ!



ケムリもくもくで食うのが見えんかったけど、
その瞬間は見えているような感覚で気持ちよかった。



釣れた方は後から寄って来ていたヤツだった。
サイズは52センチ。







産卵から回復途中のバス。
目つきを見てもちょっと視力が弱いのかなといった雰囲気の顔。



でもスピーディーなルアーに対し頭からバックリと進行方向を押さえ込んでいた。




祭りと言える時間は長く続かず、

場所を荒らし切ったせいか、

反応はパッタリと無くなった。




良くも悪くも、
バイブレーションの直撃は
ルアーの力で環境を変えてしまう、
一か八かの手段でありました。


最初の一手としては勿体ないが、
今日ダメだと思った時なんかには
試してみる価値アリです。






おし
まい







コメントを見る