【ご予約商品】G-CRAFT セブンセンス ミッドリバー〈ZENGAKE「硬め」 スペシャル〉 <ZengakeKATAME Special>MRS-982-TR

  • カテゴリー:釣り具インプレ

【初代982、ZENGAKE「硬め」スペシャル】
2020年、新規カテゴリー「Lure max 33g」のミッドリバーがコンセプトネーム「Zengake KATAME Special」の名の通り、「MID WATER ZENGAME Special」のパワーアップモデルとして誕生する。この「新規カテゴリーLure max 33g」。コンセプトを語る前に説明しておきたい事がある。弊社の製品には長年とある理由でSEVENSENSE TR&SR共にLure max 28g以上、Lure max 38g未満のロッドが存在しない。それは、各社ルアーメーカーの鉛を使用したルアーウエイトの表記が実際には誤差が有り、軽い分には問題ないが、表記以上に重いルアーの誤差が最大値でメーカー公称30gよりも実測値で約10g近く重いルアーが存在するからである。さすがに10g弱のウエイト誤差はロッドの破損につながる為、斉射では危険回避の意味を込め設定しなかった。がしかし、さすがに必要枠を制限すればあらゆる状況に対応させた「快適性ロッド群」に穴が開く。その穴を埋めるべく、企画開発したのが「MID RIVER」である。コンセプトに話を戻す。このミッドリバーは、MID WATER ZENGAME Specialに採用した通称、ゼンガケティップを搭載し、且つ、対応範囲を広く持たせることを主にLure max 33gに設定したバットが港湾全域、全パターンをカバーする。要はMJS-932-TRでは柔らかく(短く)、MSS-962-TRやMJS-1002-TRでは硬(強)すぎるという状況において「港湾の釣りを1本で」というアングラーにバッチリ嵌まるスペックを搭載している。今までのセブンセンスシリーズには存在しない港湾7g小型ルアーから河川急流域までの12cmミノー、16gから26gの鉛系ルアーによるデイゲームに完全対応した「快適性」をこの「Zengake KATAME Special」で是非、体感して頂きたい。
【※注意】ブレード系、鉄板バイブ系、ジグ・ジグヘッド系など鉛等を使用しているルアーはメーカー表記ウェイトではなく「実測値のウエイト」を基に使用してください。
●Length : 9’8” 2pce ●Lure max : 33g ●Lure best : M20g/V24g ●Line max : PE1.5 ●Line best : PE1.2 ●Rod wt : 000g [ SPININING MODEL]

 

※12月末~1月中旬頃発売予定です。

コメントを見る

登録ライター

用語説明ページへ

エギングが苦手な子に本気で講…
8 時間前
ワカメマニアさん

リーダーの使い分け
9 時間前
シノビーさん

伊豆の秋イカとの戯れ
23 時間前
タケさん

浦戸湾アカメの探し方と、ナイ…
1 日前
登石 直路(nao)さん

リール購入
1 日前
rattleheadさん

秋のマスターピース
3 日前
有頂天@さん

モンスターヒラスズキ
5 日前
ひびき さん

夏らしさが残る初秋
7 日前
渡邉 雄太さん

一覧へ