プロフィール

とし

長崎県

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2022/8 >>

1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

検索

:

ジャンル

最新のコメント

コメントはありません。

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:1
  • 昨日のアクセス:3
  • 総アクセス数:1569

QRコード

対象魚

2022.06.03~06.04 離島タマン

ベタ凪ということで今回はがっつりタマンを狙いにまたまた五島へ。

初日は昼過ぎの下げはじめくらいから南のポイントをランガン。

いつも通り見えてる瀬の際やスリットを打っていくもノーバイト。

打つ手もなくなりどうしようかと思ってると、今まで渡ったことのない瀬に目が留まる。

そこは30メートルくらい沖にあってさらにその先に瀬があり、水道になっている様子。

もう打つとこ無いし、やるだけやってみるかと泳いで渡ってみた。

渡ってみると正面の瀬の前は50センチくらいのシャローで左側が少し水深がある様子。

さっそくミノーを通してみると足元で突然ひったくられるようなバイトが。

リーダーがすれていたのか一発で合わせ切れ(泣)

心臓バクバクでリーダーを結び変えて、またミノーを通してみると着水して3,4回巻いたところで強烈なバイト!

リーダーは8号だし無理やりいかない方がいいかと思い、じっくりクラッチファイト。

強烈な引きを楽しみながら順調に寄せてきてると、急に根に潜られた(汗)

その場で10分ほど待つも出ては潜ってを繰り返して絶望的な状況に。

潜られたのが10メーターちょっとくらいの近場で泳いでとるしかねえと思って、泳いで捕獲を試みるも失敗して結局ラインブレイク。

この日はこれを最後にバイトもなく終了。

でも、この日の経験が翌日に活きることになるとは思ってもなかった(笑)

翌日も同じエリアを下げ始めからスタート。

いつものようにスリット打ちをしてみるもノーバイト。

ここで昨日のことを思い返してみると、昨日バイトがあった場所はドシャローに深場がある場所だったと気づく。

「もしかして見えてる瀬をねらうよりワンドの中を遠投して広く探ればいいんじゃないか?」と思い、狙い方をがっつり変えてワンドの中をウエーディングで広く探るとえぐいバイト。

昨日の弱気なファイトを思い出し、指でスプールを抑えつつフルベンドして応戦。

最後の最後まで抵抗されて、腕がパンパンになりながらなんとかキャッチ(笑)

mu5md4vsdv9f54zh97i4_480_480-a8a91c20.jpg

ntaz7ae3fgt2b7iymp5n_480_480-93bc149a.jpg

適当な岩の上で撮ったからわかりにくいけど
70ちょい10lbのいい魚!

このあとは1バイトを得るも曇ってきて反応もなくなり2日目も終了。

3日目は雷雨で釣りどころじゃなさそうだから朝の船で帰宅。

・下げ潮
・ピーカン
・ところどころに深場があるようなドシャロー
この条件をそろえられれば魚を出せそうだなと思ったから7月は別場所でこれを試してみよう。

コメントを見る

としさんのあわせて読みたい関連釣りログ