プロフィール

シノビー

秋田県

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2020/4 >>

1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

検索

:

タグ

タグは未登録です。

アーカイブ

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:6
  • 昨日のアクセス:217
  • 総アクセス数:491652

QRコード

5xjyxxwdjaom348y3chd_180_240-abfda3be.gif banner_w10.jpg

シーバスを始めたい人への話をしよう。②

  • カテゴリー:ニュース
シーバス初心者、または、「今年から始めるぞ!」と言う方、「シーバスを始めたい人への話をしよう。①」を読んでいただけましたでしょうか?

賛否有りましたが、1つの提案として読んでいただきたいと思います。


①では、リール、ロッド、ライン、のお話をさせていただきました。

今回は、第2弾。
ルアー、場所のお話をさせていただきます。


初めての1本に繋がるルアーとは?!


初心者は、兎に角「キャストに不安が…」と言う方が多いです。

精度、飛距離共に厳しい、初心者にとって一番最初に壁となる部分となります。

何人もの初心者の方を見てきましたが、ここが一番ネックでした。

それを克服するのは、やはり「飛ぶルアー」となります。



今や、ミノーも昔のバイブレーションプラグと変わらない飛距離になっているものもありますので、何でも良いではないか?

と思う方もいらっしゃると思います。

が、しかし。

魚釣りは、魚を釣らなくてはいけません。
増して、初心者ほど釣れない時間が長いと飽きやすいもの。


初心者が投げやすく、釣らせやすい、釣りやすいもの。



これは、バイブレーションプラグだと、私は思っています。

理由ですが…
①比較的、飛距離が出やすい。
②リールを巻いて、ルアーの動きを感じられる。
③同じレンジを比較的安定して引ける。


この3要素です。

①に関しては、重さもそれぞれ有りますが、基本的にバイブレーションは飛距離が稼げるルアーですので、キャストに自信の無い初心者の方も、魚の居るところまで、飛ばせる確率が上がります。

②に関しては、ミノーやシンキングペンシルでは、「何やってるか分からない…」「ほんとに泳いでる?」と言った疑問から、釣りがつまらなくなっていきます。

バイブレーションプラグは、"ブルブル"と手に振動が伝わります。
これは、初心者の方でも分かりやすいようで、キチンと泳いでいる感覚を掴みやすいルアーになります。

また、ボトムを擦る感覚も、掴むことが出来るようです。
殆どの方が、掴んで釣りをしているようでした。

ですので、ボトムに擦らない速度のリーリングを心掛けるとこが出来ます。

③に関しては、②と繋がる部分とはなりますが、ボトムを擦らないリーリングをできると言うことは、ボトム付近を通せると言うことです。

ですので、釣りが成立する速度とレンジを比較的簡単に、何度も通して来ることが出来ます。

ですので、ミノー等で有りがちな、リーリングの速すぎ、遅すぎ、そして、絡んでいても、分からないまま巻いてしまうと言った、ミスを初心者でもしにくく、自分でも気付きやすいルアーとなります。

私が初めての方に必ず買わせているのは、バイブレーション一卓です。


重さや素材は、先輩アングラーさんが選んであげるといいと思います。





少し、レベルアップしたときにお勧めしているのは、「マルジンルアー」の「UK」シリーズです。

これは、バイブレーションの手応えのままにゆっくり引くだけで、釣れる速度とレンジをトレース出来るシャッドテールワームです。

同じような感覚で、使えるルアーは、初心者に非情に易しいものだと最近、感じています。 



初心者にお勧めのポイントは?


多分、初心者の方が一人で行く機会は少ないと思います。

彼氏、旦那、上司、友人と行く機会が多いでしょう。


ですので、そこは先輩アングラーさんによるところが多いと思います。


そこで、先輩アングラーさんに、是非連れて行っていただきたい場所があります。



それは、「オープンエリア」です。

何故かと言うと、精度を求める小場所は、初心者を連れていくと非情に危険です。




橋脚等でも、大場所ではない所だと、「通行人にぶつける事故」や、「狭い河川で対岸に投げ入れてしまう」

人が多い所は、「他人に引っ掛けてしまう」等の事故に繋がります。


広目の場所で、フルキャストの練習をさせることから始めると、ゴルフの打ちっぱなしのような感覚で、ストレス解消にもなります。

大きく振りかぶっても、回りに迷惑を掛けないと言うことも重要です。



そして、今回説明したルアー、バイブレーションで釣りやすいポイントを選んであげましょう。


全国的に考えても、そのような場所はあると思います。

ですので、そう言った場所に連れて行っていただきたいと思います。


あとは、飽きないように、アドバイスしてあげること。
先輩アングラーが釣って、魚が居ることを見せてあげることでも、モチベーションアップの要素となりますよね?


最初の魚を早く釣ってもらえるように、先輩アングラーさん、頑張りましょう!



もし飽きてしまったら?


初心者に有りがちな、「ツレネー飽きたー」と言う飽き。

強引にさせることも出来ません。

ですが、ここでも9フィートのロッドの利点を生かせます。




それは、様々な釣りが出来る万能竿になること。

です。

天秤仕掛けで、餌をつけて「キス」や「ハゼ」を釣ってみたり、長さを生かして、サビキ仕掛けも取り付けられます。


そこまで考えての、9フィートです。


万が一、本当に釣れなくて、挫折してしまった時も、リユースとしての、買い取りも、どこの地域でも使われる長さの9フィートのロッドや、3000番台のリールであれば、価格は安定的です。



初心者の方。また、初心者を今年教える予定のある方。


参考になりましたでしょうか?

シーバスフィッシングは、これからが本番です。

お気に入りのタックル、釣れる汎用性の高いタックルで、楽しんでみてください‼

コメントを見る

登録ライター



【fimo釣りログアプリ iPhone用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ

【fimo釣りログアプリ android用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ


【フィールドレポーター】全国各地の釣りの状況をお届け!