プロフィール

工藤昇龍

青森県

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2019/8 >>

1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索

:

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:50
  • 昨日のアクセス:91
  • 総アクセス数:605949

QRコード

ついてない?

師匠のタイトル拝借させていただきます。笑


不慮の事故みたいなもので数日間ろくに機能しなかった左足もようやく治りかけ、リハビリを兼ねて渓流へ。

最近トラウトに激ハマリした(させた?)友達との釣行。
彼は今年2回、共に聖地へ出向くが何故かシーバスから避けられている。
言わば"何かヤバイものをもってる男"。

2fi5c69pnhwstfypyvjp_690_920-d511804e.jpg

心が折れ掛けてる中なんとか人生初の一匹釣ってもらい、渓流トラウトの楽しさ、美しさ、そして自然の尊さを分かってもらえた。


今回はそんな彼ととある河川の上流部を開拓。
道なき道を進んで初めてのポイントにお邪魔させていただいた。

開始早々滑って両足の弁慶を強打し悶絶したがタックルは守れたのを確認すると自然と痛みが引けた。笑

nj5oven8bynxbn5gp4f7_690_920-33db6cbd.jpg

ホームリバーの源流よりは川幅もあり、かなり釣りはしやすい。
トロ場→瀬→トロ場→瀬と規則的に続く渓流でポイントもかなり絞りやすく宝箱を見つけた気分だ。

しかしいざ釣りをしてみると最初のトロ場でヒットした後バラしただけでいくら登っていっても魚のチェイスはおろか姿が見えない。
宝箱の中は空っぽに近い状態であった。

途中人の通った痕跡っぽいのが見受けられたのでまさか...
渓流駆け出しの二人組には辛い状況が続いたので見切りをつけて移動した。



沢を変え、先程より規模は小さい。

pp84coe6i5tps4cb5dfm_690_920-f828a007.jpg

それでも小さいながらに瀬やトロ場があって渓相はイイ感じ。
スタート地点からすぐのところに他の沢との合流する流れ込みの、俗に言うここでいなかったらどこにおるねん的なポイントで早速キャッチ。

n4db3bhn29gt5iby6o7c_920_690-076638aa.jpg

だいぶ上流に登ってきたつもりだったが綺麗に並んだパーマークが印象的なヤマメが顔を出してくれた。

定期的に訪れるここでいなかったらどこにおるねん的なポイント。
かなりの確率でヒットまでは持ち込めないのものの魚影は確認できた。

瀬ではルアーの後方を背中を出してチェイスしてくるトラウト。
渓流にも夏が訪れた。

sf2frpu3tt6xng3o95x4_920_690-ed7bdc14.jpg

ヒットした瞬間一気に下流に走り出して焦ったが、そのあと自分から向かってきてくれた良型のイワナ。
ここからチビイワナの猛攻。
ある線を堺にきちんとヤマメとイワナの住み分けが成されているようだ。

少し高低差のある流れ込みの深場では見たことのないサイズの魚も確認でき、ここの沢では高いポテンシャルを感じた。


さらに登り上がって行こうとすると途中で嫌な音が聞こえた。
虫除け対策もしてあるが...アブ...?

よく見ると黄色と黒の...てかデカッ汗
親指の大きさは優に超えたスズメバチ。

あかん!走るぞ!
さすがにこれはヤバイと思い渓流をダッシュで川下り。
ターゲットは何故か自分。
こうなったら撒いたるわ!

一旦道路に出てもまだ追ってくる。
そこから車まで数100m、ブンブン聞きながらダッシュ。
いくら走っても追ってくるので友達が戻ってくるまで同じところでシャトルラン。
やっと戻ってきたところで道具を車に積み込みなんとか無事避難完了。

人生で初めてってくらいの汗が吹き出す。
避難後も車に猛アタックしてくるので直ぐにその場を去った。

数回ポイントを移動。
しかし、ずっと追ってきて外に出られない。
しかも移動を重ねる毎にその数は増えていく。
さすがにシャレになっていないのでこの日は途中強制終了となった。


時間が中途半端に余ったので渓流タックルでライトゲーム。

wffj8jody3am59bx6itt_690_920-2b3f0b07.jpg

短くて柔らかいロッドだとこのサイズで充分楽しめた。
たまに着底直前にヒットすることも。

飽きない程度に遊んでいると小サバっぽいナブラが。
久々のナブラに興奮し、シンペンに付け替えフルキャストした瞬間パキーン。

一瞬何が起こったか分からなかったが、この音は...

rctn3e9zi2omy5f7dft3_690_920-31ca6c2f.jpg

結構昔のだけど憧れの天龍のトラウトロッドやってしまった...
とりあえずルアーを回収...って頭に付いてるし笑
今月2度目の出血大サービス。

頭はどうでもいいけどお気に入りのロッドが...
なんとか繋ごうとしたらバットがもともと細いおかげでなんとか入った。笑
釣りはできそうなのでキャスト。
しようと思ったらティップまで逝ってるし...

なんかついてなさすぎると笑えてきますね笑


最後に。
なぜ自分がスズメバチにロックオンされたか気になって仕方がなかったので少しばかり調べました。笑
これから暑い季節、またはお盆の帰省で都会から青森に来て渓流に行く方も増えると思いますのでご参考までに...

☆服装
ハチ系全般的に黒系に攻撃するらしいです。次に赤と青。
なるほどな〜って思いました。笑
黒いバックとか目も危険らしいです。
白系とか迷彩は安全らしいです。
黒いものを隠すために白いタオルを持っていった方がいいらしいです。
あと整髪量や香水の匂いはハチを刺激するらしいです。

☆行動
スズメバチ自体は平和主義でこちらから攻撃しなければ何もしないらしいです。
手で追い払うような横の動きに過剰に反応するらしいので、遭遇したら背を低くして動かない方がいいらしいです。
そりゃ手で追い払いながら全力ダッシュすれば過剰に反応しないわけが無いですね。笑

あと彼らのテリトリーにお邪魔させていただいてる立場としてどうかと思いますけど、念の為にハチ専用の殺虫剤あった方がいいと思います。

らしいばっかですみません。笑
とりあえず説得力無さすぎてあれですけど安全第一で!

iPhoneからの投稿

コメントを見る

工藤昇龍さんのあわせて読みたい関連釣りログ



【fimo釣りログアプリ iPhone用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ

【fimo釣りログアプリ android用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ


【フィールドレポーター】全国各地の釣りの状況をお届け!