プロフィール

ピュアフィッシング

東京都

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2020/3 >>

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

検索

:

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:351
  • 昨日のアクセス:291
  • 総アクセス数:1802500

QRコード

特性を使い分ける

 

三道 竜也の釣行記 2月シーバス編②

 

釣行日  2月22日

釣行場所 千葉県 港湾部

気温   15度

風速   15m

 

使用タックル

ロッド :エラディケーター・エクストリーム「EXTS-810MLF-TZ」

リール :レボ・MGXΘ(シータ)2500S

ライン :スーパーファイヤーライン・クリスタル 0.8号

リーダー:バニッシュ・レボリューション 12lb

使用ルアー : ホロウサンドワームふわゆら1、5g

 

やっと自分のホームエリアも安定してきたバチ抜けパターン。

まだ抜けるタイミングや量にバラつきがあるけれど産卵後のシーバスもしっかりと戻って海には生命感が溢れてきた。

 

釣行当日は春一番が吹き時折立っているのも大変な位の突風が吹く状況。

東京に住んでいた頃なら絶対釣りに行かないだろうけど

今は海まで5分の環境。様子を見るだけのつもりでフィールドに向かう。

数か所ポイントを見て回ったけれどバチが居ない所か水面から水が巻き上がる程の爆風で釣りする気にならない。

そこでメジャーなポイントだけれど追い風に出来そうなポイントを思い出したので向かってみると案の定、追い風に出来そうだし

爆風の恩恵?か他のアングラーが一人も居ない♪

 

早速タックルを取り出し、いつもの「スーパーファイヤーライン・ウルトラ8」ではなく

「スーパーファイヤーライン・クリスタル」を巻いたリールに交換する。

ウルトラ8は8本撚りのPE系ラインでサラサラと滑らかなのが魅力で飛距離も出せるから基本的にバチのシーズンはウルトラ8を使用しているのだけれど今日みたいに風が強い日はコーティングがしっかりしてラインに適度なコシのあるスーパーファイヤーライン・クリスタル方が風にラインを持っていかれずらいので

軽量ルアーを使用する事が多いバチ抜けの繊細な釣りが行いやすい。

とは言っても15mの爆風。風のタイミングを計ってキャストしないとまともに正面にも投げられない・・

アレコレとルアーを試すも風と流れで上手く流し込む事が出来ず

とてもシーバスのバイトを感じ取れる気がしない・・

 

そこでホロウサンドワームにふわゆらの1,5gをセットして

キャスト後、着底させたらラインを張り気味にして流し込む作戦。
vpgbsopywdmkd5ozr2mk_480_480-844f65ab.jpg

 

これなら何とか狙いのラインを流し込んで行けそう♪

まるでサラシのヒラスズキでも狙うみたいにタイミングを見てキャストしてラインスラックを上手く調整してブレイクラインの少し下を流し込んで行くと「コツコツ・・」と僅かに違和感が伝わって来たのでティップで聞くと「ク・ククッ・・」と確かな生命感を感じたのでしっかりラインを送ってフッキング。

急なバイトに慌てなくても良いのがパワーベイト系ワームの良い所

エラ洗いの感じからサイズが良さそうなのでネットを使って丁寧にランディング。

zhzhfmewxkygm86pmtt4_480_480-cc8c2ee5.jpg

iwg4atmswx29ypr5wrts_480_480-7d6bbef2.jpg

ランカーには少し届かなかったけど今日の状況を考えれば納得の1本

rerfin5bifncmgov9sdb_480_480-5977068b.jpg

バイト後あれだけ時間が経っても吐く所か丸呑みに!

味と匂いの効果を感じる結果になったと言えます。

 

まだ頑張れば釣れるかもしれないけれど流石に雨と風が強くなってきたので身の安全を考えて撤収としました。

自分の場合また明日来れば良いのですから(笑)

 

それではまた次回・・

コメントを見る

登録ライター



【fimo釣りログアプリ iPhone用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ

【fimo釣りログアプリ android用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ


【フィールドレポーター】全国各地の釣りの状況をお届け!