プロフィール

のりZ

和歌山県

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2019/6 >>

1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

検索

:

タグ

タグは未登録です。

アーカイブ

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:48
  • 昨日のアクセス:99
  • 総アクセス数:2128524

QRコード

あまりにもあっけなくデイランカーを(笑)

  • カテゴリー:釣行記
あまりにもあっけなくデイゲームでランカーが・・・

しかも超がつくほどのグッドコンディション!

こんな感じ♪

e3g2t3cv5agihg2hyhx6_480_480-bccfcc98.jpg


これからの時期、イナッコの小さい奴、いわゆるハクがメインベイトになるパターンも多いかと思います。

ここから先はいろいろな考え方があると思うので、僕の個人的な考えとしてとらえてください。

いろいろなテクニックがあって、いろいろなゲーム性があって、いろいろな個人の得意パターンがあると思いますが・・・


『ルアーを小さくしたらええだけちゃうん?』

シーバスルアーとして認識されるサイズではなく、メバルルアーではどうか?エリアトラウトルアーではどうか?

ルアーが小さいというだけで、イージーに食わせられるとは限りませんが、限りなく食わせることに近づけるかも?

ただ、欠点も・・・

フックが小さい分、強度的に問題が出ます。

4~5cmのルアーの場合、フックサイズは平均12~14番、16番や18番のこともある。

フックサイズが下がれば下がるほど、線径が太くなればフッキングが極端に悪くなり、線径の細さにこだわると、強度が・・・

ルアーやスプリットリングは破壊強度ギリギリまで有効ですが、フックはちょっとでも伸び始めると、一気に伸びてサヨナラです。

そこで今回使用したのは
カルティバSTX38#12

まあ、一般的にシーバスゲームに使用するフックの小ささとしてはぎりぎりのラインかと・・・

シモリの裏側で静かに、そしてスローにライズするやつを狙い撃ちで流れにドリフトさせていくと、あっけなくヒット。

MLのシーバスロッドがバッドからひん曲がるほどの重量感のあるファイトをドラグをフルロックして強引にシモリの前側を通して手前のオープンまで引き寄せる。

あとはオープンエリアでしっくりと楽しんでキャッチ

4viaz52ibi5haxor7se2_480_480-7278f037.jpg

一切フックがのびることなく無事にキャッチ♪

間違いなくフックの進化がもたらした1本

ルアーやロッドにこだわりが偏りがちですが、フックにもこだわることで、さらに充実感たっぷりの1本と出会えるかもしれませんね。

≪使用タックル≫
・ロッド
morethanEX  AGS87ML
・リール
morethanLBD2510PE
・ライン
morethan12brid  #0.6
・リーダー
おーなーばり ザイト磯フロロ2.5号
・ルアー
morethanテイルスラップ
・フック
カルティバSTX-38 #12

 

コメントを見る



【fimo釣りログアプリ iPhone用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ

【fimo釣りログアプリ android用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ


【フィールドレポーター】全国各地の釣りの状況をお届け!