プロフィール

まる

愛知県

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2020/5 >>

1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

検索

:

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:4
  • 昨日のアクセス:9
  • 総アクセス数:65427

QRコード

7月のまとめ

7月のソルトはさっぱりでした。川に行くもボウズ。干潟に行くもボウズ。

そんなこんなでフレッシュウォーターに癒されてました。


7/7琵琶湖

明るい時間にヘビキャロに挑戦。僕はバスと言えば夜釣りで

シンカ―を使わない釣りを主にやってきた。

だけど明るい時間は魚が沖の藻場に着いてるんですねー。

これだといくらノーシンカーを遠くに飛ばすことができるタックルでも

飛距離が足りないことがある。

そこでヘビーキャロライナリグ。




これは三又式のキャロライナリグと言って三又のスイベルを

使用することによって重りによるロングキャスタビリティと

ルアーをあたかもノーシンカーとしてナチュラルに扱うことができる

メリットがある。

したがって、遥か沖でノーシンカーのワームを操作することが

可能になるんですね。

シンカ―はだいぶ重いのでワームがノーシンカー状態になると言っても

魚に違和感を与えず食わせていられる範囲は半径R+rの円の内。

リーリングし始めると仕掛けが一直線になるからアタリは

取りやすいけど、フォールさせた直後にアタリが頻発するので

円を意識して集中します。

その間にロッドでアタリを感じ取らなければならない。

チョイスするワームは重りの質量に対して軽いもの。

キャストする際にまず始めに重りがぶっ飛んで行ってその後ろを

ワームが追従するような飛行姿勢がベスト。この質量のバランスが

崩れると飛距離が驚くほど落ちる。まぁ、ワームの空気抵抗とかでも

ごまかせるんだろうけど。


ヘビキャロ初フィッシュ

6,70m沖で掛かりました。初魚にしてはいいサイズ。

一番最近の魚

このくらいのサイズはコンスタントに出るんですが50うpは出ないです。

ならば夜のノーシンカーでハメてやると意気込むも

結局45程度のがぽこぽこ。

50うpは出ないけど数が釣れて楽しい。

こいつは計測しなかったヤツだっけ?一番大きかったかも


水もキレイ夜景もキレイ、いうことなし。ただ虫が多いのはちょっと。。




ちなみに本流トラウトは河川の増水等で釣り方がわからず。

年券も購入したことだしもっと釣友に連れて行ってもらわないと。

ホントに釣り方がわからない。トラウトやりこんでる人はいとも簡単に

魚と出会うことができてるんだよな~。ブログとか見てるとトラウトって

簡単に釣れるんだと錯覚してしまうくらい。。。

コメントを見る

まるさんのあわせて読みたい関連釣りログ

登録ライター

用語説明ページへ

ベイトの魅力〜貴方だけの最高…
1 日前
柳竿 シンゴさん

目まぐるしい状況変化
1 日前
渡邉 雄太さん

ぼちぼち通常運航します
1 日前
西村さん

誤爆反転対策・蛇足編
4 日前
rattleheadさん

初フィールドの玩具箱 〜トッ…
6 日前
平田孝仁さん

シングルフック考察②
8 日前
シノビーさん

一覧へ



【fimo釣りログアプリ iPhone用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ

【fimo釣りログアプリ android用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ


【フィールドレポーター】全国各地の釣りの状況をお届け!