プロフィール

モッカ

兵庫県

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2019/2 >>

1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

検索

:

アーカイブ

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:17
  • 昨日のアクセス:35
  • 総アクセス数:210557

QRコード

やっと、コンスタントに釣れだした

やっとコンスタントにメバルが釣れだした

ポイントは湾奥、常夜灯がたくさん灯っているところ

まずは、ジク単でキャストしてみました

すると、夜光虫だらけ(^-^;

これではキャストの度に魚を散らかすだけになるので、常夜灯もない暗~いところに移動

これが功を奏したのか、コンスタントに釣れだした


もちろん、Fシステム改です!

以前、ブログでも紹介しましたが、ノットを組む際にリーダーを残しておいて、その残したリーダーにアルカジックのシャローフリークを結ぶのがメーカー標準なのですが、

自分の場合は普通にトリプルや3.5でノットを組んだ後、余分なリーダーはカット!

シャローフリークを使いこなしているアングラーさんは、気にせずに釣りをしているとのことになんですが、そうすることで、シャローフリークを使わないときもノットのヒゲを気にすることもなく、釣りができる(^▽^)

で、シャローフリークはどうするのかと言いますと、先にウキ止め(からまん棒)の中の芯にフロロで結び、その端にシャローフリークを結んでおきます

前回のブログです↓
http://www.fimosw.com/u/kamomachan/jhsdbzfuj55ud4


以前はロッドを2本持ち込んでいましたが、これに気付いてこのシステムを使うようになってからは持ち込みロッド1本となりました

どうしてもアルカジックのシャローフリークが使いたいんですよね➰

浮力とジクヘッドの関係を詳細に計算されていることから、現場でも簡単に狙ったレンジをトレースすることができる

実に良いアイテムだと思います

で、釣果の方ですが、コンスタントに釣れたと言っても、サイズは20センチあるかないか、いや、ないか(笑)そんな感じでした

Fシステムにジグヘッド0.4グラム

波動系のワームをチョイス

キャフトして、フワフワと潮にただ寄せておくだけ

シーバスでドリフトというテクがありますが、それよりも、浮き釣りに近いかなぁ(笑)


サイズアップを目指してまだまだ研究か必要ですしない。う➰ん、頭の中は釣りばかりです(^^;)

kga2xoghbpx4y5shrn85_690_920-07919eda.jpg

xba6ee94wmt8uj44jynd_920_690-296a0f64.jpg

tbsdmpz3tv89ma4ex4ac_920_690-4cb99f18.jpg




Android携帯からの投稿

コメントを見る



【fimo釣りログアプリ iPhone用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ

【fimo釣りログアプリ android用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ


【フィールドレポーター】全国各地の釣りの状況をお届け!