プロフィール

嶋田仁正

広島県

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2017/9 >>

1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索

:

カテゴリー

アーカイブ

2016年 8月 (4)

2016年 7月 (6)

2016年 6月 (5)

2016年 5月 (5)

2016年 4月 (8)

2016年 3月 (16)

2016年 2月 (6)

2016年 1月 (3)

2015年12月 (10)

2015年11月 (10)

2015年10月 (13)

2015年 9月 (10)

2015年 8月 (9)

2015年 7月 (9)

2015年 6月 (7)

2015年 5月 (11)

2015年 4月 (8)

2015年 3月 (8)

2015年 2月 (12)

2015年 1月 (10)

2014年12月 (13)

2014年11月 (12)

2014年10月 (15)

2014年 9月 (11)

2014年 8月 (14)

2014年 7月 (14)

2014年 6月 (13)

2014年 5月 (14)

2014年 4月 (11)

2014年 3月 (13)

2014年 2月 (11)

2014年 1月 (17)

2013年12月 (8)

2013年11月 (8)

2013年10月 (13)

2013年 9月 (18)

2013年 8月 (9)

2013年 7月 (10)

2013年 6月 (5)

2013年 5月 (10)

2013年 4月 (6)

2013年 3月 (7)

2013年 2月 (14)

2013年 1月 (11)

2012年12月 (8)

2012年11月 (14)

2012年10月 (15)

2012年 9月 (13)

2012年 8月 (11)

2012年 7月 (13)

2012年 6月 (15)

2012年 5月 (8)

2012年 4月 (15)

2012年 3月 (12)

2012年 2月 (6)

2012年 1月 (13)

2011年12月 (11)

2011年11月 (14)

2011年10月 (17)

2011年 9月 (17)

2011年 8月 (13)

2011年 7月 (12)

2011年 6月 (9)

2011年 5月 (14)

2011年 4月 (11)

2011年 3月 (8)

2011年 2月 (10)

2011年 1月 (13)

2010年12月 (17)

2010年11月 (21)

2010年10月 (11)

2010年 9月 (12)

2010年 8月 (20)

2010年 7月 (19)

2010年 6月 (7)

2010年 5月 (13)

2010年 4月 (11)

2010年 3月 (9)

2010年 2月 (10)

2010年 1月 (14)

2009年12月 (12)

2009年11月 (14)

2009年10月 (11)

2009年 9月 (14)

2009年 8月 (9)

2009年 7月 (10)

2009年 6月 (14)

2009年 5月 (10)

2009年 4月 (12)

2009年 3月 (17)

2009年 2月 (13)

2009年 1月 (11)

2008年12月 (14)

2008年11月 (12)

2008年10月 (17)

2008年 9月 (13)

2008年 8月 (12)

2008年 7月 (17)

2008年 6月 (15)

2008年 5月 (10)

2008年 4月 (15)

2008年 3月 (17)

2008年 2月 (16)

2008年 1月 (18)

2007年12月 (17)

2007年11月 (15)

2007年10月 (17)

2007年 9月 (12)

2007年 8月 (9)

2007年 7月 (12)

2007年 6月 (15)

2007年 5月 (15)

2007年 4月 (15)

2007年 3月 (19)

2007年 2月 (13)

2007年 1月 (19)

2006年12月 (20)

2006年11月 (17)

2006年10月 (15)

2006年 9月 (14)

2006年 8月 (21)

2006年 7月 (11)

2006年 6月 (16)

2006年 5月 (11)

2006年 4月 (9)

2006年 3月 (10)

2006年 2月 (13)

2006年 1月 (21)

2005年12月 (8)

2005年11月 (9)

2005年10月 (13)

2005年 9月 (11)

2005年 4月 (1)

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:520
  • 昨日のアクセス:1034
  • 総アクセス数:12882143

便利グッズがダメにする?

便利グッズって・・

利便性が高いって事は扱う人をダメにします(笑)

私がその1人・・

ne3apzfveaai2pfrfuth-7286ca15.jpg
ハピソン社ラインツイスター
左がノーマル仕様 右がスピードコントロール機能付

FGノット全盛の中、今更のPRノットを結ぶ機械です(笑)

しかし・・1度この機械に馴れてしまうともう・・戻れません。

kcisg45muns63xixhdpb-79a57d84.jpg
馴れるとこのスピードコントロール機能付が重宝します。

世の中には色んなノッターが存在します。
勿論・・指ノッターが最も優れたアイテムですけどね。

しかし人間が組む限り、その出来映えや完成度はその時々でバラ付きが出てしまいます。

とあるノット強度計測テストで、著名アングラー数人にその場で普段やっているノットを組んで貰いました。
少しだけせかしながら(笑)

するとFGノットにも関わらずその強度は2〜3kg未満(笑)

シーバスゲームでPE1号を使用した場合、最低4kgもあれば十分対応出来ますが、ほんの少しせかしただけでその強度すら到達しないんです。雑誌や動画にも頻繁に登場する1流アングラーがですよ(笑)

このラインツイスターの素晴らしさは1点しかありません。

①機械が編むので何度やっても計測値にバラつきが出ない
実際、私が組むと何度やっても誤差は200g未満。平均で5kg前後です。恐らくどんなに上手くやってもこれ以上でもこれ以下もない。

つまり人間の感情を一切排除した無慈悲なノット(笑)

私はこれを「デスノット」と呼びます(笑)

ダジャレじゃないよ。

ちなみに著名アングラーの方達。
椅子に座って時間を掛けた渾身のFGノットは6kgを超えてきました。

使い方などは動画で検索すれば幾らでも出てきますが、私は更に簡素化した方法でやります。

馴れてくれば工程を幾つか省けるんです。

シーバス以下に関しては全てこのノッターを使い、これ以上のターゲットに関してはシマノ社のボビンノッターを使います。
これはめっちゃ強度高いです。

リーダー超長めにとっても安心なノットです。

n5erxthr5aao7s4wypiy-987acd81.jpg
この部分に巻き込み事故が発生した場合、分解して取り除きます。
特にヒゲを巻き込んだら大変。
ハピソン社にお願いしたいのは「逆転モード」を作って欲しいのと、この部分を本体から独立させて作って欲しい点。そうすれば万が一の時に分解が容易になります。
この巻き込み事故を防ぐのにちょっとしたコツが必要ですが、これは文字や口では中々伝わりません。

f9e3t2w88wyftfvbyw85-7506ae01.jpg

7knzhfhf237kwh7gvcft-fc646ef3.jpg
このクリップでリーダーを固定しますが、シマノのリーダーは必要分しか出ないので使わなくても良いですが、スプールタイプはズルズルと糸が出てしまうのと、変なヨレが付くのでクリップは使って下さい。

このノッターはとにかく水に弱いです。
落としたらまずアウト(過去に2回ボツにしました・・)、大雨でもポケットで水没したらアウト。
従ってベストのポケットに入れるなら注意が必要です。

rxa58na9mdewam47jx29-a562a3c0.jpg
ハピソン・・目の付け所が違います(笑)



 

コメントを見る

嶋田仁正さんのあわせて読みたい関連釣りログ



【Good game】 全国のfimoアングラーから届く釣りログの中から釣り人に役に立つ釣行記として作成されている釣りログをお届けします!

【釣具新製品情報】 各社から発売されている注目の釣具をご紹介
 
fimoが運営するニコニコチャンネル【fimo釣りチャンネル】 生放送釣り番組を観るならfimo釣りチャンネルコミュニティ

【フィールドレポーター】全国各地の釣りの状況をお届け!


【fimo釣りログアプリ iPhone用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ

【fimo釣りログアプリ android用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ