DRAGON LOOP http://www.fimosw.com/ 釣果情報・シーバス、メバル、イカ、チヌ、青物、ヒラメ、マゴチ...ソルトアングラー支援サイト、日本最大のWEB釣り大会『凄腕』、釣り動画fimoTVなど(会員登録無料) ブーツ新調 http://www.fimosw.com/u/jinsei3/c4se6dp7cx7gzb 2017-03-23T00:01:00+09:00 ドライシールド・ジオロック・スパイクシューズ

透湿防水アッパーに、1度使うとヤミつきになるBoaGhilliesを採用した軽量モデル。


クルクル回して、しっかり締める。
でも砂が入るとよくないので砂場はオススメではないみたい。


締めても違和感を減らす通気性、クッション性も重視!


NEXUSか・・・・

磯を軽快に歩くことを前提とした・・XEFOシューズ出来ないかな〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜?(笑)


ジオロックのお陰で1足で事足ります!

 ]]>
嶋田仁正
すげーフックが出てきたぞ http://www.fimosw.com/u/jinsei3/c4se6dpuvgm8rj 2017-03-22T00:01:00+09:00
がまかつ社から新たに発売となったフック

フック表面の摩擦が限りなくゼロの貫通力

その昔・・オーナー社で自身初のフックデザインしたダブルフック「SD-33」で採用させて貰ったチタンコートに近いんだろうか?表面がツルツルになったという事は餌持ちが悪い・・という事。なので餌用の針に関しては先っぽだけコートしてあります。でもルアーは・・餌付けないからね(笑)

貫通力が増せば針が伸びる・・事も減ります。


SPとRBそれぞれに採用されてますが、まだ今はMパワーのみ。
早くMHクラスにも採用して欲しいですね。

で・・このフックの使用感。


勝手に掛かる感じ(笑)


うん、これは良い!


シーバスにも・・。
ただし気を付けたいのはフックを弱くするにはタックルも弱くしないと伸びやすく、折れやすくなります。




サゴシにはジグですね(笑)ただ・・今回、COOを表層でスローリトリーブさせてみたんですが、思いのほか良かったです。原因はベイトのイワシが非常に小さい・・という事があるようですね。
リアクションよりもじっくり見せる釣りが効果的でした。プロ漁師もJHワームを多用していました。
サゴシを波止から狙うアングラーが多い境港ですが、人に差を付けるのに憶えておいて損はないかと。
たまにボイルがあるような状況だと、実はこっちの方がはるかに釣れちゃいます(笑)




ミニスレンやJHで釣り切ったあとには、やや大きなアクションのマリブを投入。


ワームはアルカリシャッドがオススメ・・
プロ漁師の必須アイテムですね。


 ]]>
嶋田仁正
鱒準備② http://www.fimosw.com/u/jinsei3/c4se6dpp44bjbp 2017-03-18T00:01:00+09:00

Flugel85MD-F&MD-S




上:刀雅75D-F
下:Flugel85MD-F


上:刀雅86D-S
下:Flugel85MD-F


刀雅とはフックサイズが異なるようですね。
サツキマスとサクラマス用にサイズが異なる刀雅と違い、完全にサクラマス用に開発されたFlugelシリーズ。


今週は歯科治療でまた広島へ帰ります。3連休ですからね・・

日野川か?神戸川か?それとも高津川か?

九頭竜の他にどこの年券買うかな・・・


錦川も買うんやった(笑)



京都になって結構トラウトポイント増えたな・・(笑)



 ]]>
嶋田仁正
鱒準備① http://www.fimosw.com/u/jinsei3/c4se6dpte9c724 2017-03-17T00:01:00+09:00
鱒釣り♪

ですが・・今年は相棒となるロッドを変更・・

サクラマス用のロッドを20年近く振りに変更って訳です。


SHIMANO社「CARDIFF MONSTER LIMITED」
しかし・・なんだこの超豪華な竿袋は・・


旧型ですが・・EXSENCEBlogでお馴染みのルアー開発Mさんからお借りしました。


「80ML」と「70ML」


セラミックコートです。
シーバスロッドとかにもやってみて欲しい・・・


70MLはサツキには強いかな??

 ]]>
嶋田仁正
進撃のCOLTSNIPER http://www.fimosw.com/u/jinsei3/c4se6dpjyoefrx 2017-03-13T00:01:00+09:00 シマノ「COLTSNIPER」シリーズ

広島の河ブリでも多くのアングラーがメイン使用。

もう現在の青物ゲームはこのシリーズ抜きには語れないでしょう。

そんな中・・
今年はシーバス担当の私も大注目しているルアーが!


ROCKDRIFT100F
見た目はアサシン99?それとも廃盤になったストロングアサシン?


ABS樹脂をただ厚くしただけのボディではありません。
3Xボディは素材そのものが何とシーバスプラグの3倍強度!にも関わらず素材の浮力はABS樹脂とほぼ同じ。むしろちょい軽?
AR-Cシェル同様、シマノは素材革命でも世界を席巻しています。

写真のルアー、先日の磯ゲームでかなりルアーをぶつけましたが、ご覧の通り、無事ご帰還(笑)

アクションもチェックしたんですが、引き波で止めておくだけで動く動く(笑)ハイピッチなローリングアクションです。
しかも超絶な飛距離!もうこれは・・シーバスでも使って下さい。


リップ形状です


ストロングアサシンです


アサシン99です

ロックドリフトの方がややスクエアなリップですね。わずかな流れでも安定したハイピッチを演出します。
そして最も注目なのが、ややスローフローティングに近い比重設定。サラシの中でサスペンド気味に誘えますし、明暗で止めて誘う事も出来ます。


ROCKWALK110F
久しぶりの小型ペンシル。
同じ3Xボディで強度抜群!


うっ・・目が怖い・・


しかし・・恐ろしいシマノテクノロジー・・

リールに・・ウェアに・・ルアーも。

後は??

 ]]>
嶋田仁正
TWINPOWER XD C5000XG http://www.fimosw.com/u/jinsei3/c4se6dpto8vz54 2017-03-10T00:07:00+09:00
このタイミングで到着(笑)
昨夜、TWINPOWER4000XGとEXSENCE4000XGにPE2号を巻いたばかりなのに(笑)


XD C5000XG
初めてですよね?C5000クラスって?
PE2号が300mも巻けちゃいます(笑)
完全に青物というか・・ジグなどのシャクリ系の釣りでもバッチリ対応可能なスタンダード機種ですね。
SW仕様より軽く、スタンダードシリーズより強靭。
確かに話題なリールです・・汗


ボディはC表示なので4000番クラスと同じですかね?
強靭化されたのに重さは変わらんという、凄過ぎなテクノロジーがこのクラスから採用されてます。




ハンドルも完全に何かを意識してますね(笑)

磯で使え・・青物掛かってこい・・ですか(笑)

今年は10数年振りに磯ゲームを再開します。新潟釣行で火が点いちゃいました(笑)もう磯は行かない・・って決めてたんですが。

タイツや磯シューズもボロボロなのでこの度新調です♪

 ]]>
嶋田仁正
ブンブンでお買い物 http://www.fimosw.com/u/jinsei3/c4se6dps8kxxm7 2017-03-09T00:01:00+09:00
ジョイクロマグナム230 ブンブンオリカラ
特にこのルアーが欲しかった訳ではなかったんですが(笑)
このルアーのカラーと顔に一目惚れ


シン・ゴジラ第1形態(笑)


しかしデカ過ぎ(笑)
まあコノシロ付きを狙うのなら驚くサイズでもないですが・・


そしてジャンプライズ社「ポポペン95F」




ジャクソン社「ダニエル」(笑)
最早名前なんて適当レベル・・


・・・だそうです(笑)

対岸からぶっ込んでくる奴対策に最高かもしれない(笑)

 ]]>
嶋田仁正
もはや光線 http://www.fimosw.com/u/jinsei3/c4se6dp7yo2sgc 2017-03-08T00:13:00+09:00

JPC-XML-L2


カテゴリーは懐中電灯(笑)


自宅用と京都用


ZOOM INの×1だと目つぶしレベル(笑)


こんな感じ

でも・・・

宣伝ほどの効果は感じず(笑)

むしろ・・誇大広告レベルです。

なんちゃらルーメン・・ホントですか?



そろそろ・・大阪湾のバチゲームなども初めてみるつもり♪

 ]]>
嶋田仁正
取材釣行 http://www.fimosw.com/u/jinsei3/c4se6dpj5hr26i 2017-02-28T00:01:00+09:00
新製品の実釣取材です。

場所は利根川。
この時期来るのは初めてです。何やら・・バチ抜けで良い釣果が出ていると・・聞いてたんですが(笑)

それはもう過去の話(笑)

ホゲが無い・・人も居ますが、ほとんどのアングラーはホゲるそうです。・・・という中での釣行(笑)


まずは幸先良く90アップからスタート(笑)
ゴリアテHi125F

利根川との相性は良く、数回しか来た事ないんですが80クラスは相当数釣れてくれました。
この辺に転勤しても良かったな・・なんて思います。


今回様々なルアーで釣果を得ました。釣れるのを「待つ」のではなく、「合わせていく」という自分のスタイルで攻めていきます。


アフターの90アップからの回復ブリブリ80半ばへ。
消化中の20cm近いイナを吐き出しました。
これもゴリアテHi125F


良い感じです♪


まさかの24時間漫画喫茶(笑)で仮眠後のデイでもまずは80クラスからスタート。
色々やってみたんですが、レンジ80〜90cm(感覚的に)くらいの間でしかベイトに当たらないのでそこを中心に。
アサシン99SP。


70半ば。しばらくは99SPタイムでした。

ここで日が落ちてほんの少しベイトのレンジが上がったような気が?恐らく70〜80cmくらいか?
そこであえて狙いのレンジより深く潜るルアーをロッドを立て、アピールさせる為にややスローに。

アサシン129F。
しかしこれも長く続かない・・
すぐにベイトのコンタクトが無くなり・・

更にレンジが上がったか?と30〜40cm前後を攻める為にゴリアテHi125Fへチェンジ。

サイズは落ちましたがここから3連発。
どうもこれ以上レンジが上がってくる兆しはなく、レンジが入るルアーで釣るのが今回の目的ではないので、ここで終了。
翌日も取材予定でしたが、漫画喫茶をたらい回しされるのも嫌なので最終の新幹線で撤収です。

水門開放で下がった水温も回復傾向にあり、バチもまた抜ける可能性があるかも?なので、今週はまたフィーバーがあるかも知れませんね!やっぱ利根川って楽しいフィールドです!


 ]]>
嶋田仁正
便利グッズ http://www.fimosw.com/u/jinsei3/c4se6dptwbmyf6 2017-02-27T00:01:00+09:00

スタジオオーシャンマーク社「OK110H」
FGノットのノッターですね。
ロッドに引っかけたり、オフショアではドカットに付けたり・・
色々工夫すれば色んな使い方が。


今度こそ感情を持たないマシン・・ハビソンのノッター(笑)から解放されるんだろうか?

リーダーから組んでいくのは堀田ノットと同じ方法

練習あるのみ(笑)


そして・・ビッグベイト使用時に多用しているスナップ


オーシャンスナップ・・・のライト版(Sって書いてある)とノーマル版。アイが凹んだタイプには使えませんが、その強度は圧倒的レベル。


う〜ん・・SOMってアイデア一杯♪
 ]]>
嶋田仁正
LV Evo http://www.fimosw.com/u/jinsei3/c4se6dpfocm3ev 2017-02-26T15:52:00+09:00
そのLDシリーズの最新作
「LivingDead Evolution130」
130mm 31〜33g
硬質ウレタンフォーミングボディ+ステン貫通
各2400円

パニックピンク


オチアユ




このヒネリボディ。
タダ巻きでS字スライドターン


ジャークでヒラ打ちイレギュラーダート


理想の?カリ太ヘッド(笑)


Sライン


貫通仕様


安定のLDS118よりもハイアピール!


落ちアユゲームに特化?

違う違う

利根川でコレ投げたら多分釣れたろうな〜。。。


 ]]>
嶋田仁正
シリコンと言えば・・ http://www.fimosw.com/u/jinsei3/c4se6dphyd3tyf 2017-02-23T00:02:00+09:00
fimoのEXSENCEBlogを賑わしているアレですが(笑)

私的にはアピアの松尾君が以前紹介していたコレ・・


リトルプレゼンツのシリコンスプールバンドです♪

2500番以上と・・2500番まで・・というザックリ感(笑)


静電気で毛が付きますが(笑)
コレならリール購入時に1個くらい入れとってもいいんじゃないか?

コレ見て出っ張りあった方が良くない?と聞いてみたんですが、答えはやはり空回りした時に引っ掛かるから(笑)
ここはあえて引っ掛からない程度に出っ張り作れば?とは言わず。


やっぱ出っ張りない方がかっちょええ!



これはこれでええ感じではありますよ♪
 ]]>
嶋田仁正
更に新作届いたよ http://www.fimosw.com/u/jinsei3/c4se6dpaih8sxb 2017-02-22T01:15:00+09:00
新しい素材、システムの登場で再販の声が上がった過去のアイテムが続々と復刻しております。

その第一段が・・

ゴリアテシリーズ♪
今回は?125Fと95Fです(笑)

でも私・・実は・・

ゴリアテ投げたことないんです(笑)

まあ・・当時はコモ◯人気で似たようなルアーが沢山世に出てきた事もあって、きっとコレも同じ類なんだろうな・・みたいな(笑)

ちなみに私自身はコモ◯もほとんど使ってませんでした。

だって・・他のルアー作ってたし(笑)


でも・・動画を見たり・・泉さんの解説を聞いたり・・お客さんのウンチクを聞いてりして、ちょっと興味が湧いてきました。

そこで・・投げてみたんです。甲子園浜で(笑)

ビックリしました。

ぶっちゃけ、COOシリーズもあり、レスポンダーシリーズもあり、エスクリムシャローもあり、ワイローもあり。

シャロータイプに割り込む位置ってないと思ってましたが、その泳ぎを見て驚愕です!
(詳しくはシマノHPで確認を!)

そのお尻フリフリ・・フラフラ・・

きっと旧作で表現していたであろうアクション。
それがXAR-Cシステムで格段に飛躍しているんです!


しかも・・・


空気抵抗を考慮したお尻の跳ね上がりデザインで安定した飛距離。

サルディナも・・ですよ(笑)


さて・・復刻と言えば・・ですよね(笑)


 ]]>
嶋田仁正
新作届いた http://www.fimosw.com/u/jinsei3/c4se6dpw9bxfnc 2017-02-21T00:33:00+09:00
まずは・・

何かと話題の(笑)

ボラコノ80F

ギリギリまで泳ぎを調整した問題児(笑)


クロスAR-C(あえてカタカナで書いたのはエックスと間違われるので)


ルアー開発M氏のマイブーム「ヘッドリップ」(笑)


COO70Fのファット版・・・という位置づけで良いかと。

タダ巻きでヨタヨタと泳ぎます。ファット系ルアーなんで当たり前なんですが、急な流れを掴んだりした瞬間にスラロームします。
つまり人為的なアクションのレスポンスを上げています。
100Fとか130Fとはその辺りが大きく異なります。


このサイズで#4フック装着!

そうそう・・

初めて甲子園浜?に行ってみました!


全ての画像がピンボケ(笑)

でもサイズはこれを最低サイズに、仲間がバラしたのが60くらい?

全員安打でしたが1時間ほどバイトラッシュでした!

 ]]>
嶋田仁正