プロフィール

kiyo

大分県

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2020/4 >>

1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

検索

:

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:4
  • 昨日のアクセス:69
  • 総アクセス数:304355

QRコード

凄腕も気になるところ・・・・・

凄腕のエントリーも気になるところ・・・・・
今回ボートに新兵器を付けたのと、前2人乗りでのエンジンの調子とプロペラのマッチングの1人で乗った場合を見たくてボートを出す。
イリジュウムプラグに変えて音が良くなったのと心なしかアイドリングが安定した気がする。
プロペラのピッチを14から15に変更し、50km/hを大人2人+子供1人で河を登るシチュエーションで出せた。 エンジンはスズキDF50。 回転数はMax6000rpm
14よりは、回転数が落ちた物の速度の伸びは確認出来た。
後は、1人の時にどの程度いけるかだな。
ちなみに2人以上は14ピッチのペラ位が丁度よさそうな気がする。
 
さて、スロープへ付いてBOATを降ろす。
河川は増水気味で激濁り。
 
まずは新兵器のTEST。
Minnkota社のi-PILOT
http://www.minnkotamotors.com/products/accessories/ipilot/saltwater.aspx
 
リップタイドのバウモーターヘッドにあるAP(オートパイロット)用のジャイロコンパスをGPSユニットに付け替えると完全なるオートパイロットに様変わりする優れもの。
 
今まではAPをセットした方角にしか向けることが出来なかったので、ボートが並行に移動すればどんどん位置がずれていっていたのだが、今度はGPS座標でスポットロックしてくれる。 当然、プロペラの出力も自動調整。
それ以外は、オートクルーズ機能にトレースしたいコースを覚えさえ何度でもその通りに走らせることが出来る機能。
何だかんだと色々あるが、これでポイントの真上にジッとして釣りが出来るという算段。
 
まずは流れのある河川でTEST。
橋脚を一本一本舐めていくように狙って行く。
増水した時や流れが速い場合は、こういうカバーに張り付くように付いている場合が多い。
上から順番に最終的には根掛かり気にせず深度80cm前後ぐらいまで潜るルアーを通して探っていく。


結構引きの流れがある場所でも全然BOATは止まっている。
多少、左右のブレは有るもののほぼ動いてないに等しい状況。
これは凄い。

他の色んな機能も使って見たが、もう少し操作になれないと難しい。

さて、釣果の方は?

梅雨が明けた様だが、河は激濁り。 但し海は若干の回復傾向。
カバーやストラクチャーを攻めて見るも反応は渋い。
濁り傾向でやや棚が下そうだったのでスーサンのキラキラ系を選択。

これが功を奏して、何本か方が良いのを釣る。
63cm~70cm弱までを5本くらい掛けたが、取れたのが2本。
掛けた後をちょっと雑にしすぎたかな? 反省である。

 

今回取り付けた新兵器は、瀬の上でBOATをステイさせるのにも役立ちそうだ。
まずは、買って良かったという感じ。
但し、故障しないでどのくらい持つかが、Maid in USA と言う部分での心配事かな?

翌日は、釣友に誘われて 性懲りもなく隣県へ陸っぱり。

痛恨のバラシが1回で終了。
2週連続で狙って見た感想は、少しメソッドが見えた感じ。

最終日もBOATで出ようと予定していたが、風が強くて断念。。。。。。。。

さて、来週は何をして遊ぼうかな?

コメントを見る

kiyoさんのあわせて読みたい関連釣りログ

登録ライター



【fimo釣りログアプリ iPhone用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ

【fimo釣りログアプリ android用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ


【フィールドレポーター】全国各地の釣りの状況をお届け!