プロフィール

KAZUMASA

宮城県

プロフィール詳細

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:0
  • 昨日のアクセス:7
  • 総アクセス数:117283

カレンダー

<< 2019/9 >>

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

津波で思う釣り

  • カテゴリー:ニュース
  • (雑記)
昨日(平成28年11月 22日)の福島県沖地震による津波で、再度思わされた津波と私の釣り。
東日本大震災時は仕事で石巻魚市場増築工事の消防検査立会をしてました。まっ、そんな事は置いといて今生きてると言うことは、津波から逃げ切った事になりますが。
その日が金曜日で無くて休日だったら、間違いなく釣りに行ってた訳で。もしかすると船で磯又は沖堤に渡して貰ってたかもしれません。そんな場所で釣りをしてたら、もう逃げる所は無く。
どの様にして身動きが限られた場所から生還すれば良いのか。
そんな事を思うようになってから、大好きだった釣りの中で海釣りだけが遠ざかってしまった。311の津波以来は、海釣をきっぱり止めてしまい川でサクラマス及びスズキだけしか狙わなくなってしまった。
いつになったら、私は海で釣りをするようになるのか。今回の津波で、心の整理と言うか、どうしたら生き残れるか?ますます考えされた日になりました。

宮城県沖地震は30年に一度のペース。昭和53年に経験した私は、3.11で含まれるのであれば、既に6年が過ぎようとしてるので約20年後には人生3度目のビックネームの地震と相対する事になります。それ以外にもネームバリューの地震は数年に一回はある世界でもトップ集団を走る地震の多い地区。次の津波が来る時は、自分は何処に居るのか解りませんが、いま沢山の知識を付けて体力を落とさないようにして、てんでバラバラに行動をして生き延びて見せます。津波は、助け合って逃げるよりも、てんでバラバラに個人行動で逃げた方が助かる数は多いそうだ。ただ、それは事前に約束事を決めてなくてはいけません。
皆さん、次も生き延びましょう。
そして、人のために尽力をつくそうと思ってる。たとえ、定年退職後でも駆けつけて行政支援(任期付職員)にでもなって頑張ろうと思ってる。3.11の恩返しは終わってない。





Android携帯からの投稿

コメントを見る

KAZUMASAさんのあわせて読みたい関連釣りログ



【fimo釣りログアプリ iPhone用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ

【fimo釣りログアプリ android用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ


【フィールドレポーター】全国各地の釣りの状況をお届け!