プロフィール

矢野

愛媛県

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2022/8 >>

1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

検索

:

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:8
  • 昨日のアクセス:25
  • 総アクセス数:892283

QRコード

ライン巻き替え計画

気分転換も兼ねてラインの巻き替えを計画中。
ポリエステルメインで使用してもいいんだけど、状況によってPEやベクトランなどを使い分けたほうが釣りが楽になる。
個人的にドラグの滑り方からポリを使うのはシマノのほうが快適に使えるので、イグジストをPEやベクトラン専用にしてみようかなと。
眠ってるPEライン。
この…

続きを読む

イグジスト★オーバーホール

少しコリコリ感が出ていたイグジスト。
我慢して使っていたけど、コリコリした時にアジのアタリと勘違いしてしまうようになってきたのでmtnさんにお願いしてオーバーホールしてもらいました♪
このリールを使うようになったのは巻きが軽いので、風があるときにロッドで感知できないようなアタリをリールの巻きの重さの変化…

続きを読む

ワーム整理

ジグヘッドに続いてワーム整理。
とりあえずよく使う在庫ワームは1ヵ所にまとめて保管。
ケースは小さい方を使う事が多いけど、たまにワームが足りなくなる場合があるので大きい方にしようか迷い中。
そういやチラッと聞いた話ではアジリンガーProが廃盤になるとか 。
個人的はよく釣れるワームなので好きなんだけど残念…

続きを読む

ジグヘッド整理

今週はお片付け週間ってことで、まずは大量にあったフックから。
前は1つのケースにまとめて入れて置いてたけどゴチャゴチャし過ぎなので100均のケースで分別。
ゴチャゴチャしてたのもこれですっきり♪
そうそう、片付けてたら懐かしい自作フックが出てきた♪
思ってたよりフッキング率が悪すぎてすぐに使うのやめたけど(爆…

続きを読む

ついに公開!アジング用フック♪

フックといえば魚に一番近い部分であるため、こだわりは人一倍持っている。
以前「34」と契約していた時からずっと色々な研究を地道に重ねてきた。
前回書いたフックの選び方。
http://www.fimosw.com/u/9suc6rh28g/3cutykriv328wj?cpage=
今まで集めたデーターを分析した結果、このようなフックの選び方を自分はやって…

続きを読む

アジング用フックの選び方

この記事の最新の内容はこちらに書いています!!
針屋が教えるアジングジグヘッドの選び方!抑えたい6つのポイント!!
最近アジングフックについて聞かれることが多い。
数年前に比べて製品も増えてきたし、情報過多で何を使えばいいのか分からない人も多いのかなと。
そこで今回は自分がやってるアジングフックの選び…

続きを読む

タングステンヘッド

パソコンが故障して修理中なのでスマホで記事書いてるけどめっちゃ書きにくい(;´Д`)
さて、最近の釣行で2~3gのタングステンのJHに助けられた場面が多かったのでちょいと補充することに。
いつも使ってたやつの新しいモデル?のがあったのでお試しで購入。
鉛の2.5gとタングステンの2.5gを比較するとかなりヘッドの大き…

続きを読む

匂いの素

オイルじゃなくて粉のやつがあったので買ってみた!
とりあえず振りかけてみたw
個人的にエビの匂いより○○○の匂いが最近のお気に入りなんだけどな。
さて、結構良い値段したけどどれだけ効果があるのかな?
Android携帯からの投稿

続きを読む

伝説のロッド

この記事は現在移動しています。
http://ajing1.com/2013/12/25/%e3%80%90%e3%82%a2%e3%82%b8%e3%83%b3%e3%82%b0%e3%80%91%e5%8f%b2%e4%b8%8a%e6%9c%80%e9%ab%98%e6%84%9f%e5%ba%a6%e3%81%ae%e4%bc%9d%e8%aa%ac%e3%81%ae%e3%83%ad%e3%83%83%e3%83%89%e3%81%ae%e5%b0%81%e5%8d%b0/
 

続きを読む

新作ワーム色々購入

新しく出てたアジング用ワームを色々と買ってみた。
あえて突っ込まないけど、なんかそっくりやねw。ていうかどっかの国みたいw
匂いがついてるのはゼスタだけか・・・・・・・。
そういやバス用によさげな形状があるんだけど・・・・・・・
http://www.smith.jp/product/bass/spinyshad/spinyshad.html
http://www.smith.…

続きを読む