プロフィール

佐藤宏憲

東京都

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2019/2 >>

1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

アーカイブ

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:58
  • 昨日のアクセス:89
  • 総アクセス数:1063587

契約メーカー


ラパラジャパン

SPECIAL THANKS


ノースクラフト

シマノ

RAPALA STAFF

山本 博勝
吉田 隆
佐藤 宏憲
杉本 親重
佐藤 順治
岡本 裕義
ショーケン
北出 弘紀
小沢 隆広
RAPALA STYLE facebook
NORTH CRAFT facebook

CHARTER BOAT


アングラーズスタッフ

LINK


爆釣速報

検索

:

QRコード

7/9 (荒川)

  • カテゴリー:釣行記
  • (RIVER)
前日にランカークラスをバラした中流域のポイントは時間的に厳しかった為、下げの早い時間帯に時合いが絡む下流域のポイントへmasa氏と行って来ました。




現着すると手前のシャローには5cm前後のイナッコが多数確認できたものの、流れの向きとは異なる南からの風が強く、潮回りも悪かった事もあって流れに勢いは感じられず・・・





そんな状況の中、下げ二分から実釣を開始し、風の影響を受けないよう水掴みの良いルアーを中心に表層から徐々にレンジを刻んでいく事に。





そして、若干流れが抜けていたラインに潮目が絡み、マックスラップをセレクトすると1投目にバイトが出るもフッキングまで持ち込めず、同じタイミングにmasa氏がヒットさせるも少し寄せたところで痛恨のフックアウト・・・





その後、すぐに潮目が沖に移動してしまい、流れにもコントラストを感じられなくなると反応を得る事はできなくなり、下げの効き始めの時合いはノーキャッチ。





ここから30分程が経過すると風も次第に弱まり、潮位も徐々に下がって沖のスリットが射程に入ったタイミング。





早速狙いをスリットに変えるとしっかりと流れにコントラストが生じており、沖の潮目も時折絡むといった塩梅の中、前半はミドルレンジで反応が出ていた為、引き続きマックスラップ13→ピース80S→マリブ78とミドルレンジを中心にアクションを落としながら探っていくも魚からのコンタクトはなし・・・





そんな中、ボイルなどは一切確認できなかったものの水面直下には9cm前後のイナッコが流されていた為、魚が上ずっていないかTKLMでチェックしていくと早々にバイトがあり、しっかりとU時の頂点をスリットに合わせていくとゴンッ。




50cmクラスでしたが無事にランディング♪




その都度しっかりとレンジを探り直す事の大切さを改めて実感させてくれた1本でした♪



(TKLM9/11)


その後はTKLMでは続かず、エアーオグル85Fにシフトしてセイゴクラスを1本キャッチしたところで翌日も仕事の為、早めの納竿としました。






thanks:masa氏




TACKLE

ROD:ブラックアロー93ML

REEL:モアザンブランジーノ3000

LINE:Sufix832 ADVANCED SUPERLINE 1号(以上 ラパラジャパン

LEADER:モーリス シーバスショックリーダーフロロ25lb

LURE:
マックスラップ13(以上 ラパラジャパン
ブーツ90(以上 ストーム
ボラブレス(以上 リトルジャック
TKLM9/11、エアーオグル85F、マリブ78、ピース80S etc.

コメントを見る

佐藤宏憲さんのあわせて読みたい関連釣りログ



【fimo釣りログアプリ iPhone用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ

【fimo釣りログアプリ android用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ


【フィールドレポーター】全国各地の釣りの状況をお届け!