プロフィール

松浦宏紀

香川県

プロフィール詳細

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:142
  • 昨日のアクセス:183
  • 総アクセス数:1625114
top_logo.gif sd2wced9tepxug3e5ew3-10aaedd8.gif 72y8zryyo4eu5dbaywi4-ae8201dd.jpg s2r93fp3poohvmwt4zb5-72e3e091.jpg 1.jpg?v=bbf3b7 button331.gif

カレンダー

<< 2017/9 >>

1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

QRコード

クロダイTOPゲームstyle攻略法vol.3

クロダイTOPゲームstyle攻略法vol.1

クロダイTOPゲームstyle攻略法vol.2

前回はラインを先に見せると逃げる可能性が高いお話でしたが、
今回はそのラインをできるだけ海面に付けない方法&アクションをご説明致します。

まず初めに下記の図を参照してください。

tye9no57v9i5xh6dsz27_480_480-6d0f2a80.jpg

今回も風は微風または無いものと仮定してご説明致します。

通常ラインが張った状態だとラインAになります。
しかし、TOPで狙っているとラインの重みなど
様々な条件で手前方向にルアーが寄せられ、
ラインBのように水面にある程度のライン量が付くまで
手前に来る力が強く働きます。

するとトレースコースの付近にいるクロダイに
警戒心を与えてしまい結果的に逃げてしまう傾向が
強く、釣果がなかなか伸びません。。。。

そこで私が意識してやっていることは

アクション&ライン処理を同時に行うことです。

ip4rasmvangs44tb75n2_480_480-d4e09735.jpg

水面に付く前にロッドでルアーを操作しアクションさせることで
海面に付くライン量を少なくさせることが可能です。

特にペンシルを使用している際に、有効なメソッドで
ラインが付く前にアクションさせ、クロダイがロックオンするまで
の間アクションし続ける
ことが可能です。

私の場合リーダーを約1mとっていますが、
そのリーダーがすべて水面に付く前にアクションさせています。

これは足場の高さにもよりますが、低い場合はロッドを高く
保つことでこの操作が可能になります。

VOL2でご説明させて頂いたラインコントロールと
合わせてやれば、良い釣果がでるのではないかと思います。

次回はペンシルとポッパーの使い分けです(^^♪
 

コメントを見る

松浦宏紀さんのあわせて読みたい関連釣りログ



【Good game】 全国のfimoアングラーから届く釣りログの中から釣り人に役に立つ釣行記として作成されている釣りログをお届けします!

【釣具新製品情報】 各社から発売されている注目の釣具をご紹介
 
fimoが運営するニコニコチャンネル【fimo釣りチャンネル】 生放送釣り番組を観るならfimo釣りチャンネルコミュニティ

【フィールドレポーター】全国各地の釣りの状況をお届け!


【fimo釣りログアプリ iPhone用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ

【fimo釣りログアプリ android用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ