プロフィール

松浦宏紀

香川県

プロフィール詳細

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:129
  • 昨日のアクセス:304
  • 総アクセス数:1649740
top_logo.gif sd2wced9tepxug3e5ew3-10aaedd8.gif 72y8zryyo4eu5dbaywi4-ae8201dd.jpg s2r93fp3poohvmwt4zb5-72e3e091.jpg 1.jpg?v=bbf3b7 button331.gif

カレンダー

<< 2017/11 >>

1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

QRコード

クロダイTOPゲームstyle攻略法vol.1

久しぶりにメソッドのお話です。

ここ数年徐々に釣れるタイミングが早くなってきた
香川のクロダイTOPゲーム。

釣り方としてはあまり変わらないのですが、
釣りずらくなってきました。

お盆すぎまでは十分楽しめるターゲットですが、
安定した釣果を得るにはトレースコース・アクション等
意識して釣行する必要があると考えます。

今回vol.1では主に河川が中心となるので
クロダイの溜まるエリアをご説明致します。

まず押さえておきたいポイントは水深です。

ff4sox7ugdxdyjnazywm_480_480-f8ec5b15.jpg

TOPに反応する水深はおよそ1.5m。
それよりも浅い水深ならクロダイが泳げる限界の水深までが
狙える水深になります。

ここ香川県は干満差が大きく、河川の水量も少ないため
干潮のタイミングでは、水が無くなるポイントが多いです。

そういったポイントでは 干潟と呼ばれる箇所が多く点在しており、
甲殻類の豊富なエリアでもあります。

そこに水が入っている状況であればその甲殻類を捕食する
クロダイが回遊してくる可能性が非常に高いのです。

uthaekhauotbi735fcng_480_480-a17afa01.jpg

まず、上から下に流れている川をイメージしてください。

水は満タンになっている状態でどのエリアも
クロダイが泳げる水深です。

この地形の場合、水深や流速がどのようになっているのか?
それをイメージするとおのずとクロダイが多い場所が
見えてくるかと思います。

まず、流速はどのようになるのか?

tg9ffg5e7fhmb7597znp_480_480-0906589c.jpg

おそらく流れの中心となる筋はここになります。

kbynm27iidr5khjkzcbz_480_480-6a988441.jpg

すると流れの速さはおそらくこんな感じに

水深は流れの速い部分で流れがぶつかる場所

e7idhcthgfwy5c36x63h_480_480-9bb3eab3.jpg

これを組み合わせると

39zroeircvdko53w5t59_480_480-dc94aa16.jpg

そして以下の項目に当てはまるポイント

①干潮時に干潟になる
②流れが緩む
③水深が1.5m以下

この3点が当てはまるポイントにはクロダイが
溜まる可能性が非常に高いエリアになります。

これは川幅で考えなくても、現在の水量で考察しても
当てはまります。

もっとも出やすい水深は50㎝~1mの間が
TOPに反応しやすく、サイトフィッシングが可能な水深です。

また、朝マズメはクロダイが浮いていることが多く
尾びれを海面から出して泳いでいる姿を
よく目撃しますので、是非狙ってみてください♪
 

コメントを見る

松浦宏紀さんのあわせて読みたい関連釣りログ



【Good game】 全国のfimoアングラーから届く釣りログの中から釣り人に役に立つ釣行記として作成されている釣りログをお届けします!

【釣具新製品情報】 各社から発売されている注目の釣具をご紹介
 
fimoが運営するニコニコチャンネル【fimo釣りチャンネル】 生放送釣り番組を観るならfimo釣りチャンネルコミュニティ

【フィールドレポーター】全国各地の釣りの状況をお届け!


【fimo釣りログアプリ iPhone用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ

【fimo釣りログアプリ android用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ