プロフィール

松浦宏紀

香川県

プロフィール詳細

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:108
  • 昨日のアクセス:230
  • 総アクセス数:1625532
top_logo.gif sd2wced9tepxug3e5ew3-10aaedd8.gif 72y8zryyo4eu5dbaywi4-ae8201dd.jpg s2r93fp3poohvmwt4zb5-72e3e091.jpg 1.jpg?v=bbf3b7 button331.gif

カレンダー

<< 2017/9 >>

1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

QRコード

クロダイTOPゲームstyle攻略法vol.2

前回はクロダイが溜まりそうなシチュエーションのご説明を
させていただきました。

クロダイTOPゲームstyle攻略法vol.1

そして今回は釣りをするにあたって重要なトレースコースと
ラインメンディングの必要性についてお話します。
今回説明する際は風の影響は無いことを想定してのお話です。

まず初めに、クロダイは警戒心の強い魚ですが、雑食性と
好奇心が旺盛なことからTOPゲームができると思っております。

その警戒心の強い魚に違和感を与えず、好奇心を先に
引き出すことが重要です。

私が大切にしていることは

①観察
クロダイの向き・数・流れなど

②コース
先にルアーを見せるためのコース取り

③ラインメンディング
先にルアーを見せるためのラインコントロール

この3点を主に意識してやっています。

上記ののことを意識すると立ち位置が決まってきます。

or33vibva5xoeoeazuh6_480_480-cf6be288.jpg

流れがある場合は基本的にクロダイも逆らって泳ぎます。

まず最初にこちらをご覧ください。

mnwuo2ut5eacfugivoy5_480_480-d83f47bb.jpg

ラインメンディング無しで考えるとラインの動きは
流れによって引っ張られるのでコースが
先にラインがクロダイの頭上を通過することになります。

仮にクロダイA~Cと立ち位置①~③で
それぞれのライン位置とコースをざっくり見てみます。

クロダイAを狙うとそれぞれの立ち位置から

uw86eomu4antzsryki4o_480_480-4bfd9d5e.jpg


クロダイAを狙う場合流れの速さにもよりますが、
あまりラインの影響がありません。

次にクロダイB

7yki3hby8nc3o6y3dtxi_480_480-90f49036.jpg

Bの場合は立ち位置①から狙うとラインが先に通過する
可能性が高く、警戒心を与えやすい立ち位置です。

最後にクロダイC

u73wm2isfp3uxganm87y_480_480-dd776c92.jpg

この場合立ち位置①と②はラインが先に通過する
可能性が高いと考えられます。

ルアー釣りの基本はアップクロスの釣りが理想ですが、
必ずしも有効とは限らないのがクロダイのTOPゲームです。

立ち位置から少し上流方向にいるクロダイへの
アプローチはラインメンディングで回避できますが
かなり上流を狙うのにはリスクが出てきます。

先にラインを見せてしまうと逃げてしまう可能性が高く、
いかに先にルアーを見せて好奇心を煽るかが釣果を
上げていく秘訣になります。

魚をかける場所は立ち位置よりも下流でかけることを
意識してやれば、魚に対しての立ち位置が決まってきます。

ぜひ試してみてください♪

 

コメントを見る

松浦宏紀さんのあわせて読みたい関連釣りログ



【Good game】 全国のfimoアングラーから届く釣りログの中から釣り人に役に立つ釣行記として作成されている釣りログをお届けします!

【釣具新製品情報】 各社から発売されている注目の釣具をご紹介
 
fimoが運営するニコニコチャンネル【fimo釣りチャンネル】 生放送釣り番組を観るならfimo釣りチャンネルコミュニティ

【フィールドレポーター】全国各地の釣りの状況をお届け!


【fimo釣りログアプリ iPhone用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ

【fimo釣りログアプリ android用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ