プロフィール

森岡紘士 -朔

岡山県

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2020/4 >>

1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

検索

:

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:69
  • 昨日のアクセス:199
  • 総アクセス数:754710

QRコード

暖冬の影響

今年も残すところあと僅か。Facebookではタイムリーに釣果を上げていましたがログ更新が滞ってしまいました。

さて12月初旬までは、暖冬の影響が続いていましたが、中旬以降は気温も冷え込み、越冬モードに入ってきました。

ある一定の水温を下回る頃から、小さな個体は、水温の低下に耐え切れずに、ディープに落ちていく。大きい群れが入ってくるXデーを推測、シーズンの動き出した魚をとらえるのが毎年のルーティーン。

その1枚に今年も会えました。

ここからは季節が進むほど魚を手に出来る確率は高まる。そのポテンシャルの高さを知っている以上、群れの動向は確認しないわけにはいかない。

Winter Bottom Chinu Game

bt6tn5b4kz3cyt5r2e4e_690_920-c484c958.jpg

「捕食スイッチ」に関しては、クロダイよりもキビレの方が入りやすい。そして水温が下がっていけば群れを成す。これからの季節、1日の中でスイッチが入るタイミングは限定的なモノ。

寒チヌを手に入れる為には、魚が活性化する場所とタイミングを読み、場に通い、パターンを構築していく必要がある。

今年は暖冬と海サボテンの減少により、例年まで積み上げてきたパターンが壊滅してしまっている可能性もある。

Xデーから群れを形成するまで約2週間。越冬への移行期間。大きな群れを捉えるというよりは、点在する個を拾う釣り。

9yidouoyvza2x9svep4m_920_690-74a46367.jpg

シーズンの到来をつげる魚はスマートな個体が多く、吸い込む力も弱いので、出来るだけ、ひと口で喰わせやすいものが◎

サイズ感も大切ですが、ツメとレッグのバランス感、水中での艶めかしさ、着底時に柔らかい動きを出せるかも重要。

オープンウォーターをド定番のラバー系リグ、クロー系テキサスをメインに結び、スピニングで飛距離を稼ぐ。

rz4xmk46hw32h2r32k7s_920_690-3769332f.jpg

冬場こそ基本が大事。ボトムを感じながら巻くこと。知らず知らずのうちにルアーが底を切ってしまっている事は意外と多い。

狙いは水温が安定する最深部。
ここに溜まる魚を釣るには、きっちりと底をとり続けることが大切です。

スマートな個体ですが、平均40オーバーの冬キビレを6キャッチ。気温が高くなってきたタイミングでパタパタと上がってきました。

7i3se97cfijn8ubonyum_920_690-f4f18202.jpg

冬に有効な小型バイブレーション。巻きモノで喰わせるボトム攻略も有効なので、次回書いてみます。


f9p9vow9cwzftd9imezw_920_690-0541bcf1.jpg

a6iuc9he2awwpwofuojs_920_690-e2cc6596.jpg

tgkxx6sczct6u4ru3bdh_920_690-44b6b73c.jpg

3xi4nbg8g68pr7eeuv66_920_690-779dd0f6.jpg

kkcpckvswdu6h9cueyax_920_690-b6e56e95.jpg

4vt2px7392hnpak2cbr5_920_690-8cb41b7b.jpg


iPhoneからの投稿

コメントを見る

森岡紘士 -朔さんのあわせて読みたい関連釣りログ

登録ライター



【fimo釣りログアプリ iPhone用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ

【fimo釣りログアプリ android用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ


【フィールドレポーター】全国各地の釣りの状況をお届け!