プロフィール

ピュアフィッシング

東京都

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2019/3 >>

1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

検索

:

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:217
  • 昨日のアクセス:326
  • 総アクセス数:1545811

QRコード

湾岸パトロール

初めまして!愛知県名古屋市在住ピュアフィッシングジャパンフィールドスタッフの磯村です。ホームエリアの名古屋港周辺のショアから「湾岸パトロール」と称して、シーバスやロックフィッシュとの素敵な出会いを求めてほぼ毎日ランガンしています。今後ともよろしくお願いいたします。
 
さて、今回は先月末に発売された新製品、鉄板バイブレーション【鉄スタ】でのシーバス釣果をご紹介させていただきます。
フィッシングショーが各地で開催されるこの時期と言えば、本来バチ抜けのはしりがスタートしているので、本来はシンキングペンシルやワームを用いたパターンが主流となります。またこの時期は産卵から戻ったスリムな体系をしたアフターの個体が多く、基本的には早い動きには対応出来ません。そしてイワシ等を捕食している時期のように追い食いもあまりないので、ストラクチャー周りに着いてエサとなるベイトが近くを通るのを待っています。
そんな動かない個体をどのようにして攻略するか。
レンジに関して私は産卵には絡まない小さいセイゴクラスは表層~中層、アフターの個体やその良型クラスは中層~ボトムに着いていると考えています。特に沖のカケアガリやストラクチャー周りは表層より水温が安定しているので、体力を回復させるシーバスはボトムに着いています。この時期のシーバスを攻略するならボトムを取れるかどうかで釣果が左右されると言っても過言では無いくらいに違います。沖のカケアガリを狙うにはバチパターンで使う軽量ルアーでは狙えません。そこで今回は【鉄スタ】を使って攻略します。
 
鉄スタ】のシルエットですが一般的な鉄板バイブレーションに比べ、体高が低く非常にシルエットがスマートな形状になっています。
 
xif8jw6wjeuzus3raz5k_480_480-90b1ee85.jpg

 
この時期は強い北西風が吹くので細身のシルエットは風の抵抗を受けにくく飛距離を稼げます。尚且つ、潮流の影響を抑えられるので操作性を求めるなら断然細い方が扱い易いです。
扱い易いけど狙い方は至ってシンプル。狙いたいポイントにキャストしてフォールで喰わす事も出来ますが、動きが鈍い相手にはやはりドリフトで目の前を通してやるのが一番だと思います。
流れの向きを確認し、アップにキャストして着水したらスグにラインスラッグを取ります。この時にラインメンディングを怠るとテーリングし易いので気をつけてください。
後はテンションフォールでボトムまで落としてボトムをキープしながらゆっくりリトリーブするだけ!細身の【鉄スタ】は吸い込み易い(食べ易い?)のか丸飲みされる事が多いので、リーダーは細めのセッティングは避けた方が良いと思います。
展開カラーも10色あるのでシチュエーションに合わせたカラーローテーションもバッチリです。
 k28pp59dkxo8wupad5ci_480_480-6e06818d.jpg
 
 実際に沖の根回りを探るとファーストキャストからいきなり連続してバイトが出ました。
フッキングまで至らなかったのですが次にバイトが出たときは確実にフッキングさせましたが、引きがシーバスと違う?セイゴクラスにおスレ掛かり?と思いながら手前まで寄せたらクロソイでした。クロソイは遊泳力があるので食べごろサイズの【鉄スタ】についついバイトしてしまったのでしょうね。
9r7wo6mm92unpnmkshzv_480_480-1034b677.jpg 
 
続けて広範囲に探るとまたまたショートバイトが続きます。
リトリーブスピードはスローで探っていましたが、更にスピードを落としてやると、
狙い通りのドンッと重たいにすかさずロッドを立ててフッキング成功!
後はバラさないようにしてランディング成功です。
 dgybtvikk8onh9ivmnbd_480_480-8c43cdfa.jpg

c5ogy8hfpzupkwz7bjre_480_480-a80f2955.jpg

 
同じ様に沖の根回りを中心にボトムを探ると再びバイト!
 
2amhppamotupmbkyecyg_480_480-18db4688.jpg

avchg7jv6kwgrymhj72f_480_480-b2c4cdd2.jpg
 
ヒットカラーに関して一般的にナイトゲーム=チャートのイメージが強いですが、光量が少ない中でもフラッシング効果のあるカラーの方がバイト誘発率は高いので好んで使っています。
最後に、この【鉄スタ】はとてもお求めやすい価格に設定されています。いつの間にかルアーケースの中を見てみたら、全色ラインナップしていたって事も可能性ありますよ!
 
 
使用タックル
ロッド:Eradicator Extreme EXTS-99MF-TZ
リール:Revo MGXreme3000SH
ライン:Super FireLine1号

 

コメントを見る



【fimo釣りログアプリ iPhone用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ

【fimo釣りログアプリ android用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ


【フィールドレポーター】全国各地の釣りの状況をお届け!