プロフィール

ピュアフィッシング

東京都

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2019/7 >>

1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

検索

:

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:144
  • 昨日のアクセス:417
  • 総アクセス数:1627548

QRコード

遠投がキモ! 新ラインでヒラメ攻略

北海道のフィールドスタッフの北島です。
 
先日、発表になった「ファイヤーライン ウルトラ8」
5mumoppzbnehmunxujkb-10445554.jpg
ラインがより真円に近く滑らかで飛距離が伸びるという事で、飛距離が需要な要素になるヒラメ狙いに行ってみました。
 
今回選んだフィールドは磯場。
沖合に砂地があるポイントで、遠投して沖の砂地を直撃して行く釣りです。
今回使用したラインはファイヤーラインウルトラ8の1号にナイロンショックリーダー25lbを50センチ程度、PRノットで結束した遠投仕様。
40gのメタルジグを結びフルキャスト!
糸ふけをとったところから一回転100cm弱のリールで140回転でルアーが戻ってきます。
ファイヤーラインウルトラ8はライン放出がとてもスムーズで飛距離が伸びているように感じます。
そして、着底から1、2回リフト&フォールをしたところでグッと抑え込むようなバイトがありヒット。
手前がストラクチャーになる磯場は沖目でできる限り魚を浮かせる事が大事。
ドラグを抑えながら、やや強引に浮き上がらせてランディング。
 
ahsien4bfop2ufcgayun_480_480-68f4654b.jpg
50cmクラスのヒラメです。
 
磯場でヒラメを狙う際に重要なのが、しっかりとボトムをとること。
そして、ボトムについた瞬間、すぐにボトムを切ってアクションをつける事が大事です。
ファイヤーラインウルトラ8は8本編みですが、熱延伸を加える事で通常のブレイドラインと比較して高感度に仕上がっており、遠投してもボトムが明確にわかります。
 
ちなみにボトムがわからないで、そこに放置する時間が長くなれば潮流でジグがボトムを転がり、根掛かりのリスクがかなりあがります。
ヒラメは他の釣りと比較しても極端に時合が短い事も多いので、トラブルはできる限り避けて効率的な釣りをしたいところです。
 
高感度なラインでしっかりとボトムをとる事が釣果の近道。
 
ヒラメを狙っているとこんな魚も釣れてきます。
 
viw6ekvmkwva6rmoxx6v_480_480-664fdd5a.jpg
40オーバーのクロソイ。

マズメだとジグで着水してすぐに食ってくる事もあります。
重量感があり、最後まで浮き上がってこないファイターです。
ちなみに今回使用しているのは海サクラマス用に開発したロッド
トラウティンマーキスノーザンカスタムNANO 108Mです。
TAF製法で作られており、強靭でしなやかなブランクはヒラメ釣りにもかなり使えます。
 
北海道のヒラメシーズンは始まったばかりです。
遠投の釣りにはファイヤーラインウルトラ8 オススメです。
 
 
タックル
ロッド : トラウティンマーキス ノーザンカスタム108M
ライン : ファイヤーラインウルトラ8  1号
 

 

コメントを見る



【fimo釣りログアプリ iPhone用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ

【fimo釣りログアプリ android用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ


【フィールドレポーター】全国各地の釣りの状況をお届け!