プロフィール

石川克明

神奈川県

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2017/12 >>

1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

検索

:

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:205
  • 昨日のアクセス:241
  • 総アクセス数:884793

QRコード

ATOLL

WITH

釣り助・オンラインショップ

山本釣船店

横浜 高・低活性混在


今日は横浜での釣行です。

個人的には、先週のシーバスフェスタで折ってしまったランディングシャフトを新調してのリベンジ戦。

7時前にはユンユン2号さんと合流し、ポイントにエントリーした。


海の様子:




早朝の気温は確か0度だったが(汗)・・

幸い今日は北向きの追い風で、

早朝は思っていた程の寒さは感じなかった。


キャスト開始後、

最初にヒットしたのはユンユン2号さん!ファーストフィッシュ60級は流石です!


そして次は私。

足下のヒットは、PB-30のテールフック1本の皮一(汗)

ランディングネットですくった途端にシーバスがネットの中にストンと落ちた。

冷や汗もののキャッチw


65cm(PB-30)AM8時頃:


この個体はおそらくアフター。


次にユンユン2号さん2枚目のキャッチは、ちょっと小さめの45cm。

なんと表層ヒットとのこと(笑)

この後、レンジバイブのフリーフォールでも1回反応があったらしい。


次にうちの嫁。

足下でばらしてしまったが、同じく40級は沖目のヒット(?)。

夏のシーバスを思わせる力強いエラ洗いを見せた。

ルアー回収後、フックを確認するとテールフック(オーナーフック#8)が伸ばされていた・・。



この時点で、以下2グループの群が入っていると予測した。

1.シンボルタワー方面からブレイク沿いに入っているのはアフター60級>低活性/ボトム付近

2.沖目から入っているのは40級>高活性/表層~中層



全く違う群が入り交じっているのであれば、これを読み違えて高活性の方を取りに行くと小ぶり連発となってしまう。

自分の狙いは勿論、サイズのある”低活性”のほう。


そこでアックスボンバーを使って手前のブレイクをタイトに、ルアーが泳がないスローリトリーブで通す作戦に変更した。

ここで有効となるアックスボンバーの「ロール性能」は、恐らく鉄板系が唯一苦手とするところ。(と思われるw)

レンジバイブでは定番となっているパターンではあるが、アックスボンバーで試すのは今回が初。


そして私に2枚目がヒットしたのはAM9時頃。

駆け上がりの中間あたりでティップが小さくスッと入ると同時に、

ビシッ!!と即合わせで上手く乗せることができた。

ヒット直後の感触は狙い通りのアフターなファイト。


60cm(アックスボンバー/闘魂イワシ):






アックスボンバーはやはり泳がないリトリーブに上手くはまってくれた。

この個体もやはりテールフック1本。

上あごの堅い部分にフックアップしたおかげで難なくキャッチできたが、この様子では一歩間違えばバラシ連発の可能性も伺えた。

そういった意味では非常に危ない時期w

また、バチパターンといっても、このポイントは手前に角度のきついブレイクがあるため、ロッドを立ててもスロー迄が限界だった。

パワーブレードを使うのならレアメタルに分があるように思える。



  釣果:

    2バイト、2ヒット、2キャッチ(65,60cm)


コメントを見る

石川克明さんのあわせて読みたい関連釣りログ



【Good game】 全国のfimoアングラーから届く釣りログの中から釣り人に役に立つ釣行記として作成されている釣りログをお届けします!

【釣具新製品情報】 各社から発売されている注目の釣具をご紹介
 
fimoが運営するニコニコチャンネル【fimo釣りチャンネル】 生放送釣り番組を観るならfimo釣りチャンネルコミュニティ

【フィールドレポーター】全国各地の釣りの状況をお届け!


【fimo釣りログアプリ iPhone用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ

【fimo釣りログアプリ android用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ