プロフィール

嶋田仁正

広島県

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2019/4 >>

1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

検索

:

アーカイブ

2018年 2月 (2)

2018年 1月 (6)

2017年11月 (2)

2017年10月 (10)

2017年 9月 (10)

2017年 8月 (7)

2017年 7月 (5)

2017年 6月 (10)

2017年 5月 (9)

2017年 4月 (10)

2017年 3月 (11)

2017年 2月 (10)

2017年 1月 (13)

2016年12月 (6)

2016年11月 (6)

2016年10月 (5)

2016年 9月 (7)

2016年 8月 (4)

2016年 7月 (6)

2016年 6月 (5)

2016年 5月 (5)

2016年 4月 (8)

2016年 3月 (16)

2016年 2月 (6)

2016年 1月 (3)

2015年12月 (10)

2015年11月 (10)

2015年10月 (13)

2015年 9月 (10)

2015年 8月 (9)

2015年 7月 (9)

2015年 6月 (7)

2015年 5月 (11)

2015年 4月 (8)

2015年 3月 (8)

2015年 2月 (12)

2015年 1月 (10)

2014年12月 (13)

2014年11月 (12)

2014年10月 (15)

2014年 9月 (11)

2014年 8月 (14)

2014年 7月 (14)

2014年 6月 (13)

2014年 5月 (14)

2014年 4月 (11)

2014年 3月 (13)

2014年 2月 (11)

2014年 1月 (17)

2013年12月 (8)

2013年11月 (8)

2013年10月 (13)

2013年 9月 (18)

2013年 8月 (9)

2013年 7月 (10)

2013年 6月 (5)

2013年 5月 (10)

2013年 4月 (6)

2013年 3月 (7)

2013年 2月 (14)

2013年 1月 (11)

2012年12月 (8)

2012年11月 (14)

2012年10月 (15)

2012年 9月 (13)

2012年 8月 (11)

2012年 7月 (13)

2012年 6月 (15)

2012年 5月 (8)

2012年 4月 (15)

2012年 3月 (12)

2012年 2月 (6)

2012年 1月 (13)

2011年12月 (11)

2011年11月 (14)

2011年10月 (17)

2011年 9月 (17)

2011年 8月 (13)

2011年 7月 (12)

2011年 6月 (9)

2011年 5月 (14)

2011年 4月 (11)

2011年 3月 (8)

2011年 2月 (10)

2011年 1月 (13)

2010年12月 (17)

2010年11月 (21)

2010年10月 (11)

2010年 9月 (12)

2010年 8月 (20)

2010年 7月 (19)

2010年 6月 (7)

2010年 5月 (13)

2010年 4月 (11)

2010年 3月 (9)

2010年 2月 (10)

2010年 1月 (14)

2009年12月 (12)

2009年11月 (14)

2009年10月 (11)

2009年 9月 (14)

2009年 8月 (9)

2009年 7月 (10)

2009年 6月 (14)

2009年 5月 (10)

2009年 4月 (12)

2009年 3月 (17)

2009年 2月 (13)

2009年 1月 (11)

2008年12月 (14)

2008年11月 (12)

2008年10月 (17)

2008年 9月 (13)

2008年 8月 (12)

2008年 7月 (17)

2008年 6月 (15)

2008年 5月 (10)

2008年 4月 (15)

2008年 3月 (17)

2008年 2月 (16)

2008年 1月 (18)

2007年12月 (17)

2007年11月 (15)

2007年10月 (17)

2007年 9月 (12)

2007年 8月 (9)

2007年 7月 (12)

2007年 6月 (15)

2007年 5月 (15)

2007年 4月 (15)

2007年 3月 (19)

2007年 2月 (13)

2007年 1月 (19)

2006年12月 (20)

2006年11月 (17)

2006年10月 (15)

2006年 9月 (14)

2006年 8月 (21)

2006年 7月 (11)

2006年 6月 (16)

2006年 5月 (11)

2006年 4月 (9)

2006年 3月 (10)

2006年 2月 (13)

2006年 1月 (21)

2005年12月 (8)

2005年11月 (9)

2005年10月 (13)

2005年 9月 (11)

2005年 4月 (1)

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:2138
  • 昨日のアクセス:3090
  • 総アクセス数:13716392

バッチ来い

全く予定にしていなかった釣行でしたが・・

急遽山陰へバチゲームをやりに・・

正直タイミング的に?な雰囲気ですが、何せ急だった為に選択肢はなく、しかも日帰り(笑)

何投げても簡単に釣れる明暗に行く事も考えましたが、せっかくなのでドリフトのバチゲームを見せてあげようと。

数日前にも出雲の仲間が良型を爆ったという事で少し期待はしましたが、何せ条件が違い過ぎるので・・薄っすら期待です(笑)

広島から2時間ほどで到着。

先行者は居るものの、オープンエリアなので端っこの方で開始

一緒に来たのは東京から九州へ帰省途中に広島へ寄ったT君。

今週は1mmも余裕は無いんですが、せっかくなので無理くりに時間を作りました。

使用するルアーはCOO190F

バチにもサヨリにも無双なルアー

ウンチクなんて必要ない、投げて待ってるだけのルアー(笑)

でも・・バチのドリフトでは少しだけコツがあり・・

並んで投げても釣果の差はハッキリと現れます。

9o5atwm9582xzd7k4i9t_480_480-8e2e4bc8.jpg
この日は東の風が強すぎて正直今ひとつですが、その存在感で勝負です

r7w8y6imd6aterrai73k_480_480-8738b855.jpg
COO190Fでもセイゴは食ってきます(笑)
川のバチゲームにおいてサイズ感は関係なし。大きければ大きいほど存在感で食ってきます。ビッグベイトと同じロジックです。

rps5ss627e6za6by6pck_480_480-6dccce31.jpg
この日のコンディションを考えたら、一枚水に入れたい感じ

x5j2729zpnwjkh3dx5t4_480_480-6d274aea.jpg
そこで登場するのがドリフトミノーの元祖「ラダミノー115」

今年の養老川でも無双な釣果だったと仲間たちが言ってました
でもルアー自体が殆ど売ってないそうです(笑)

誰か適当にラダるとか言って売ってくれないかな?(笑)

特徴はアクションを付ける為に付いている訳じゃないリップ

姿勢制御とわずかな抵抗を付けるのみ

潜り難いし浮き難い・・

まさにドリフトさせるためだけに存在するミノーです

これを爆風の中、皮一枚のラインでメンディングを応用し、ドラグが掛からないよう流していくだけ・・

ewjkkxdrgzhvyhmx3cxs_480_480-dedbeebf.jpg
でもサイズは上がらず(笑)
釣果的には数も型も同じですが、バラしは無しなので結果からいえばこの日はラダミノーの日じゃないかと

ちなみにT君の写真が一枚も撮れませんでした(笑)

来年またおいで

コメントを見る

嶋田仁正さんのあわせて読みたい関連釣りログ



【fimo釣りログアプリ iPhone用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ

【fimo釣りログアプリ android用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ


【フィールドレポーター】全国各地の釣りの状況をお届け!